昨夜のあたしの就寝は12時過ぎ。

ベッドに入り、ウトウトし始めた時、壁越しに母美代さんの声が聞こえてきた。
何?もしかして具合が悪くて呼んでいる?
慌てて母の部屋の前へ。
ん?なんだか違う。穏やかな話し声・・・誰かと話してる?
時計はもすぐ1時。
「指がおささって、かげでしまったみたいだ。じゃ、まだな」

入ろうかと思ったが、話終わったようなので再度ベッドの中へ。
それにしても、夜中の1時近くに何の用事があっての電話だ。
貰った相手もいい迷惑だろうに。

スポンサーリンク


母の起床は10時。
そりゃあ、起きるのも遅くなるわよね。

あたしの疑問をぶつけてみた。
「ねぇ、夜中に誰かと電話していたよね?あたし、具合が悪いのかと思って飛び起きたのよ!」

「あぁ、明日の曜日が知りたくて電話開げだら〇〇に繋がったみだいてよ、少し話した」(〇〇はあたしの妹)

時間は時計があるのでわかるが、曜日が判らずに携帯を開くと曜日が書かれているので、それで開いてみたそうで。
開いた画面に妹の表示があったらしく、知らずに指が触れたら電話がつながってしまい、そのまま話したということらしい。

母はこのように言うが、合点がいかない。
母はガラケー携帯。スマホの様にタッチで繋がるということはない。
仮に妹から着信があったとしたら、画面上に着信の表示になるが、ここ何日間の着信はない。(後で、妹に確認してみた)

そして、母の言い訳が一定しない。
・・・呼び出し音が鳴らずに通じたから、向こうから掛けてきたんだ・・・

・・・オレの指が勝手にボタンを押してしまった・・・

・・・呼び出し音が聞こえだような気もする・・・


偶然に繋がったとしても、夜中の1時だ。妹にしても何事かと思うであろう。

長電話ではなかったようだが、問題は母自身がどのようにして電話をかけたか。になる。
母は我を張って、あくまでも妹の名前が表示されていたと言い張るが、100%有り得ない。
(妹と繋がるには、最低でも3回ボタンを押す必要がある)

こういうことも、認知症によるものなのだろうか・・・?

8dfa016a6ba68ab3926721f1de6528e1_s


今日も、日付・曜日があやふやとなり、何度も訊いてきた。
そして、ポツンと、
「オレは85だ・・・この先90にもなったら、この物忘れどったになってるんだがな・・・?」(どのようになっているのかな)

・・・わかりません・・・

でも解ることがあります。
それは、今以上になっていることは確かだということ。


スポンサーリンク