爪や髪の毛の伸びが早い人は、健康なのでしょうか・・・?

母美代さんの髪、年末にカット・パーマ・ヘアーマニキュアを施術。
その際もブルーのヘアーマニキュアを入れたが、思っていた色とは違い2週間ほどで抜けてしまった。

美代さんは自身の体型を「ずんぐりむっくり」と称します。
特に、首が短いことを主張し、とっくりセーターや、ハイネックシャツは敬遠します。
主張・・・そこまで言う?みたいな感じですが、まぁまぁ言うのです。

首が短いので、伸びた髪が襟元の邪魔になることを嫌がります。


スポンサーリンク



「なぁ、このパーマいづかげだっけ?髪の毛伸びで襟の邪魔になるがら切りてども」


毛先にはパーマ分は十分に残っていますが、カットするとなくなる訳で、勿体ないと思いながらも昨日、いつもの美容室へ。
スタイリスト(美容師)さんは、あたしも担当頂いているTさん。母の骨折の件は知らせているので、シャンプーの際の移動時は注意をお願いしました。
前回のマニキュアがすぐに取れたので今回は少し濃い目に注文。

3時間ほどで迎えに。
帰り支度をして椅子に腰かけていた美代さんの頭を観て、思わず出た言葉
「ほぉ~、きれいだねぇ~」


DSC_0843-2

今朝の写真。ビオレの日焼け止めローションは美代さんのお気に入り。


「うん、きれいにしてもらった~。ありがどうございました(イントネーションは訛っている笑)

帰宅後に出た一言。
「なぁ、少し濃いべ?もっとうすぐてもよがったんでねが・・・」

お礼の言葉を口にしていたはず?だったよね・・・。
忖度した?(笑)
「前のとき、薄くてすぐに取れたでしょ。だから今回は濃い目に入れてもらったのよ。綺麗だよ」

「そだてが?忘れだ・・・」

ファッションやお洒落に関しては、あたしの言うことを素直に聞く美代さんなので、全開で褒めてあげました。
褒められて嫌な気持ちにはならないはずで、その後は何も言わない(判りやすい)

今日水曜日はデイケア日。
以前ピンクに染めた際は、利用者さんの一人から「その頭、なんで赤くしたんだ?」みたいなことを言われ気分を害したことがあり「綺麗でしょ、あなたも染めれば?」くらいの事言えばよかったでしょ。と言ったことがありますが、自分自身に対しては「なにくそ根性」なのに、事対人では何も言えなくなる美代さん。

さて、今日の帰宅が楽しみです。
スタッフさんは、褒めてくれるのですけど、利用者さんは色々な方がいらっしゃいます。気の合う人とだけ仲良くすればよいのです。

そして、認知症「中等度」になりつつある美代さんですが、オシャレに関してもまた、好きなように、したようにすればよいのです。

85年の人生で、今が一番彩のある母美代さん。

喋らなければ、どこぞの綺麗な老婦人・・・しゃべらなければ・・・。



スポンサーリンク