昨年12月4日から始めた母美代さんのダイエット。

実家にある体組成計は壊れていたため測定できず、昨日2週間ぶりの測定。
測定前にいつものように美代さんの愚痴、というかぼやき。

「腹のにぐねぐなったがら、よほど痩せでるはずだ」(お腹の肉がなくなった)

驚き。
45.4キロになっていました。
測り始めた時の体重が47.8キロでしたので、マイナス2.4キロ。
目標を45キロとしていましたので、これは順調と言って良いのでは?

DSC_0699

体重が落ちた原因は簡単です。
お正月休みということで、家族の食事時間と食事内容もバラバラ。
次女が結婚するまでは、帰省中の食事作りはあたしの担当でしたが、今は年越しそば兼お雑煮用のスープ(2日間煮込む特性スープ)と大根なますを作るだけ。
次女夫婦と怪獣くんの食事は次女が作り、長女は専らお雑煮。
母も、古河での食事内容とほぼ同じなのですが、デイケアがない分一日おきの昼食も無し。尚且つ近所に歩いて行けるほどのスーパーもなく、母お得意のお菓子を買うこともできなかったので、間食も無しに。

ご飯(米)の量はいつも通り。隠れて多めに盛り付けるかと思いきや、素直に守っていました。
あたしが「お替りはダメよ」と言った言葉をいつの間にか聞きつけていた孫が、母の食事中に、

「おばあちゃん、お替りしないでね」

あぁ~、これは良いこと?悪いこと?
本来ならば、「おばあちゃん、沢山食べてね」なのでしょうけれど、
「しまったぁ」の気持ちでした。
母も、孫の言葉に「まいったなぁ、よーぐ聞いでるもんだな。食べるなでいわれだじゃ」

デイケア日は1日3食。
それ以外の日は起床時間が遅いので自ずと2食に。夕方お腹が空くらしく隠れて間食の生活でしたので、このお正月は間食も無しの快適ダイエットとなったようです。

スポンサーリンク


母の身長は138センチ。
体重45.4キロは、それでもやや肥満。
炭水化物を少なく・タンパク質を多く摂る、食べて痩せるダイエット。

間食をしなければ順調に痩せられるということが分かりましたが、食べることが大好きな母に間食禁止令を出しても無駄なことは以前のブログでも記しています。
おかずを買ってくるとスーパーへ。買ってきた内容はお菓子方が多い。捨てる訳にもいかず、容認するあたしが悪いのでしょう。(スーパーへ行くことはウォーキングや買い物時の品物探す脳トレも兼ねています)

ひざ痛・腰痛を少しでも軽減させるためのダイエット。

そう言えば、今朝デイケアへ行く前に足がもつれました。幸い転倒は免れたのですが、出た言葉にビックリ。

「この足よ。きまやげる(きまやげる=気持ちが焼ける・・・イライラする)

自分のもつれた足に、イラついたようでした。

変形性膝関節症の痛み。
体重減少により少しでも楽になることを期待しています。


スポンサーリンク