わが家のにゃんズ「桐と青」由緒正しいMIXです。 まぁ、簡単に雑種。
雑種の方が長生きできる?とか・・・。
おかげさまで、桐ちゃん16歳。青くん13歳。

最近のあたし、スカートに目覚めた(笑)
この時期、生足を通しているのは中・高校生で、オバサンのあたしは当然タイツを履く。

にゃんズの毛が、付きにくいタイツを探していた。
先日のブログにユニクロの「ヒートテックタイツ」のことを載せたが、日本製と中国製との違いがあり、よそを探してみると記した。


DSC_0671


あれから何件か探し回ってみたが、どれも違う。「これ」というものに出会えないでいる。
なので、諦めた。
そう、ユニクロのヒートテックタイツで十分ということがわかったから。
何度か履いてみたが、以前に買った日本製タイツと遜色なしの履き心地。
もちろん毛は付くが、これまでに買ったタイツとはまるで違う。「毛が刺さらない」という表現でお分かり頂けるか?
ワンコ・ニャンコとお住まいの方であれば、この表現の感じを察して頂けると思う。

素材によっては、毛先が生地の中に刺さりこみ、コロコロを掛けても取れないことがある。
タイツも同じで、なかなか取れない。でも、ヒートテックタイツには「刺さりにくい」感じがある。
全く刺さらない、というのではなく、あくまでも刺さりにくい感じです。
(個人の感想です)

肝心なこと。
ヒートテックと謳っているのだから、もちろん寒さに対応できているかですよね?
あたしが思うに、この寒さという感じ方は人それぞれで、
たとえば室温20℃を寒いと感じるか暑いと感じるかは人それぞれ。あたしは対応できていると感じました。

スポンサーリンク



店回りをしてみて思ったことですが、色々なタイプのタイツがあるということ。
一番驚いたのは、厚み。
極端な言い方をすれば、触った感じで2~3ミリくらいあるんじゃない?と思わせるような、スポンジを黒タイツで覆っているような弾力と感触。
あそこまで厚みがあると完全防寒になるのでしょうね。

機能性・実用性・ファッション性、よーく考えて選びたいものです。