昨夕、ジョギング中のできごとです。

始めの200メートルほどは歩きから入りました。
右側には歩道がないので、歩道のある左側を歩いていると後ろから「チリンチリン」
・・・ああ~。自転車が歩道走行で、歩行者に対してのベルは違反なのよ・・・心の中でつぶやくと、後ろから近づいてきたオジサマす~っと車道へ。
(自転車走行違反関連記事こちらからどうぞ)


-2

 (玄関にて、寒いので、マスク着用)

ロングコートをはためかせたそのオジサマの後ろ姿に、何のためのベル?と思いながらあたしは左折して走り始めました。
・・・だいたい、あのコート危ないわよ。車輪に巻き込まれたらどうするの?・・・

スポンサーリンク


300メートル先の信号で、先ほどのオジサマ信号待ち。
・・・ああ~。何だか嫌な感じ・・・
と、車道の信号が黄色に変わった瞬間、歩行者用信号が赤の状態でオジサマす~っと・・・。
「危ない!危ない!危ないですよ!!」
あたしの声を無視して走り出したオジサマ。黄色で侵入してきた高齢者マークの軽自動車に轢かれそうに。何を考えていたの?危機一髪寸でのところで車が止まってくれたから良かったものの、スピードが出ていたら確実に轢かれていた。
オジサマ、あたしにぺこりとお辞儀をし、また走り出した。あたしの声は聞こえていたの?

オジサマの後ろ姿を追うような形でのジョギング。
暫く走るとオジサマ、今度は自転車から降りてどこぞの玄関を覗き見。
あたしは知らんぷりで追い抜いたのですが、又もや後ろから「チリンチリン」
正直ムッとしました。いい加減にして!と言おうとしたら、オジサマ車道走行しています。またまた何のためのベル?

免許をもっているあたし、当然運転します。
最近の自転車走行について、怖いなぁと思うこと多々あります。
学生の並列走行・親子走行・高齢者のヨロヨロなど。
細心の注意を図って運転しています。でも、同じように自転車走行の方にも、歩行者に対しての気配りをして頂きたいのです。

「チリンチリン」ではなく、「すみません」「通してください」などの声掛けをお願いしたいです。