水曜日、母美代さんのデイケア日。

今朝、着替えてきた美代さん。普段着用のズボンでした。

「なんでそのズボンなの?それ、普段着でしょ」

「したって、昨日のズボンは汚したべや」

昨日の眼科に履いて行ったズボンを履くつもりだったようですが、夕方そそうをしてしまい、今日は違うズボンなのですが、もう1本お出かけ用がクローゼットの中に吊るしてあります。

「もう1本クローゼットの中にあるよ、なんであれを履かないの?」

「オレも履ごうど思ってらったども、これ履がさった」(履いてしまった)

結局履き替え、時間を無駄にしました。

履こうと思っていたが履かずに違うものを履いてしまった。
言い訳です。吊るしてあるのは知っていたかもしれませんが、ズボンを履く瞬間はそのズボンのことが頭にはなかったのです。あたしに言われ思い出し、「履がさった」の言葉になったようです。

こういうこと、何度もあります。
やろうと思っていたのにやらなかった。
行こうと思っていたのに行かなかった。
そして、極めつけは「今わがった」


c4b429899104946ae463f24e999365ae_s

デイケア日はいつもより早めに起きますが、身支度に時間がかかりいつもギリギリ。
毎回迎えの時間少し前になるとトイレに駆け込み、便。職員さんにお待ちいただいたことも・・・。
もう少し早く起きたら、全てに余裕を持てるのに。
何度も言っているのですが、「わがってる、オレだって考えでやってるのだ」
考えてやっているのならもう少し早く起きようよ。

でも、偉いと思うのですよ。デイケア日以外は9時近くまで寝ているのに、デイ日は目覚ましを使わずして起きるのですから。
下手に目覚まし時計の使い方を教えても、たぶん使いこなせないでしょうから、このままでいくしかないのです。
そう言えば、母は目覚まし時計を持っていませんでした。体内時計が優れている?のでしょうか。

月・水・土曜日と週3回の利用となり、2日の夜に面白いことを言ってました。

「明日はオレの仕事だ」

母にとってはデイケアは仕事に行くようなもの。但し、お金を払って・・。

スポンサーリンク



昨年の今頃より、かなり筋力が落ちたように思います。
外階段の2段。たった2段が上がれない。
体重が増えたことで歩くのも辛くなり、必然と運動不足。それによる筋力低下。悪循環。
体重増加はあたしにも原因があるのかもしれません。大好きな「ごはん」は炭水化物と糖質です。
1食抜ぐど、へかへかして動げなぐなる。(疲れて、へとへと状態に近い)
長年、3食規則正しい生活をしてきて、ここに来ての2食は確かに辛いとは思います。

胸の肉が落ちて、お腹が掴めるようになった。だから痩せたはずだ。
先日からこの様に申していましたが、昨日、お風呂上りに測定しました。
結果変わりなし。

早く元気になりたい。そう言いながらデイケアに通う母。
変形性膝関節症と腰痛。体重増加で痛みは増すばかり。

あたしも鬼・・・いいへ、悪魔となり母の減量と戦かわなければと思いながらも。
食べたい物を食べて、動けなくなっても幸せなのか・・・。
食べたい物を我慢して、減量することが善いのか・・・。
・・・わかりません・・・

「この年になると何もしたくない。ボーっとしているのが幸せ」それが早く元気になりい」という新たな目標ができたようなので、少しづつ減量を進めていきま・・・す。


スポンサーリンク