母美代さんの園では、2週間ごとに献立表が更新されます。
水・土曜日の美代さんは2日遅れで渡されます。

連絡帳バッグの中から、献立表と連絡帳を確認。
連絡帳には、主食が、完食に対して1/3と記されており、献立を観ますとロールパン・クリームシチュー・コールスローサラダ・リンゴ・ヨーグルトとありました。


DSC_0597


・・・はハーン、パンかぁ。ま、残すよね・・・


母に訊いてみました。

「ねぇ、パン残したみたいね?」

「したって、ゴソゴソしてとげね。いづまでも口のながにいる」

「メニュー、シチューだったよね。ちぎってシチューにつけて食べればよかったでしょ」

「なんだがわがらねども、白いのにつげで食べだ」

「・・・ヨーグルトかぁ、まぁそれもありだけど・・・なんで食べられないかねぇ。芋でも人参でも沢山食べたらお腹いっぱいになるでしょ。あたしは水でもお腹いっぱいにできるよ」

「嫌いなもので腹ちぇぐせね」(腹いっぱいにできない)


スポンサーリンク


確かに一理ある。あたしも苦手な肉の脂身ではお腹いっぱいにできない。と、言うより食べられない。
が、調理法による。カリカリに焼けば食べられないこともない。現に鶏皮をカリカリに焼き、塩・胡椒を振りかけたら、最高の酒の肴になる。コラーゲンも摂れる。

ならば、おかずを入れたものならと、調理パンや、サンドウィッチを勧めたこともあったが、パンはパン。なぜ、おかずを中に挟むんだ。と一蹴。
美代さんは白いご飯に拘る。チャーハン・ちらし寿司・丼物と、ご飯の上に何かが乗っているのが苦手のようだ。それでいて気が向いた時には平気食べる。時に「美味しい」の言葉も出る。

パンが苦手・嫌いと言いながらいつの間にか買ってくる。
1~2個食べて結局放置。後日あたしの腹の中。

そういえば随分前のこと。食パン8枚切1袋と、いちごジャム3個買ってきましたっけ。
なんで嫌いなパン?それに同じジャム3個?
訊くと、無性にパンが食べたくなったと。ジャムは、いちご以外を探せなかったと。
パンは日にちを掛けても食べきれず、「二度と買わね」ジャムに至っては、甘いもの大好き美代さんのおやつ状態。太りますよねぇ。
?甘いものが好きと言いつつ、チョコやケーキは苦手。コーヒーにはスティックシュガー3本。要は砂糖が好き。結局、白いご飯と同じで加工されたものは嫌なのでしょうね。

美代さんのお腹は、どの様になっておりますことか・・・。

「嫌いなもので腹ちぇぐせね」

嫌いなものを沢山食べたところで、満腹感は味わえない。




スポンサーリンク