10月22日、曜日の勘違いについてを記しています。

母美代さん。
水曜日から、木・金とこの3日間、「勘違い」の連続です。

水曜日。毎回楽しみにしているデイケアの日。洗面所から出ての一言。

「今日は土曜日だな」

ハイハイ、楽しみにしているデイの日ね。

木曜日。起きてきて居間に入るなり、

「今日は金曜日だな・・・ん?いや、木曜日だ・・・金曜が?」

そして今日、金曜日です。

「今日は、木曜日だな」

演技力のない大根役者のあたし。ストレートに、今日が木曜日なら昨日は水曜日。昨日デイに行ったのかと訊きました。
少し悩みながらの美代さん。

「いやー・・・。昨日は行ってね気がする・・・」

曜日の感覚が分からなくなったのがいつ頃からだったか、あたしもはっきりとは憶えていないのですが、取り敢えず母には寝る前にカレンダーに「今日が終わった」ということで、バッテンをつけさせています。部屋で確認させました。


スポンサーリンク


毎週金曜日は、プラスチックごみの日です。
前夜の内に袋の交換をします。
そのゴミ袋を、母は燃えるごみと勘違いしたらしく、今朝いつもより早めの起床で自分のごみを出そうと思ったというのです。
そう言えば昨夜、出しておいたプラスチックごみの袋に、丸めたティッシュを捨てようとして、

「このごみ、この袋に入れでもいいのが?」と。

出ている袋の中身がプラごみであることを認識できているのか問うと、

「わがってる」の返事。

わかっているのなら、ちゃんと燃えるごみの箱に捨てるように促しました。
目の前に可燃ごみの箱があるのにも関わらず、出ているプラ袋に入れようとするのは面倒くさいから?
それとも認識できていないから?
昨夜のこの件が、母の頭の中では木曜日「可燃ごみの日」と、強く印象付けられたようでの、

「今日は木曜日だな」の発言となったようです。


DSC_0576

(年末年始以外は祝祭日にも回収があるのでとても有難いです)


母は、ときどき頭の中が真っ白になるそうです。
あたしの丁寧な(母曰くこ難す・・・少し難しい)説明の最中も、

「あぁー、わがった。あだまのなが、ごちゃごちゃする。少し黙ってけろ」と言われます。

専門書にも、説明は分かりやすい言葉で、短く。とありますから、そうしたいのはやまやまなのですが、TV視聴中にも「今の意味なんだ?」が度々。
言葉の意味を教えるためにはどうしても長くなります。

現在の母美代さん。軽度と中等度を行ったり来たり。
軽度の症状は2年ほど前からありました。

中等度の症状の中で目立ってきたもの
● 記憶障害がさらに進む
● 言葉の言い間違いが増える
● 他人の言葉が理解できないことがある
● 自分の見ているものがときどきわからなくなる

以上の状態。
ごみの問題は上記の症状に丸々入っているように思います。

それでも、話さなければ、黙っていれば可愛いおばあちゃん。

「ずーっと可愛いおばあちゃんでいてくれたらいいのに」

ズルい娘の独り言・・・。


スポンサーリンク