母のデイケアについて、ケアマネージャーさんより紹介頂いた介護老人保健施設(通所リハビリテーション)の1日体験入所についてを記します。

本来の送迎時間は8:30~15:00なのですが、今回の体験入所でのリハビリは受けられませんので、リハビリに関しては見学だけということで10:00の迎えとなりました。

10:10着
ワンフロアーに8人掛けテーブルが3卓。この日は20人ほどの方が利用されていました。
両サイドにテレビが設置されており、民放チャンネルが流れていました。(好きな方向で観ることが可能)
テーブル上には、ティッシュBOX・色鉛筆・塗り絵・計算ドリルが置かれ、自由にに使うことができるようで、母と同年代でしょうか、ひとりのご婦人がとても綺麗に塗り絵をされていました。

先ず最初に体温・血圧測定。
その後、移動しながらの館内説明。
プレールーム→リハビリ室→浴室(脱衣所は狭いので、入浴後の着替えは短期入所療養介護を受けられている方のリハビリ室を利用)
館内の事情でプレールームから浴室までの移動距離は15mくらいあり、スタッフからも「少々長いので大変ですけど・・・」のお断りの声もありましたが、母にとってはウォーキング効果に繋がるのではないかと思いました。

プレールームにも、ウォーキング・筋力トレーニングなどのリハビリ器具が設置されていましたが、リハビリ室では、2名の理学療法士が、利用者様のメニューに沿って行われているようでした。
リハビリ時間は、11:30分頃までとなり、終わり次第各自の椅子に戻り、その後テレビに映し出された足の運動。
リズムに合わせて、左右の足を交互に動かし、その間「パンパン」と手拍子。
足の自由が利かない母には、少々難しい運動でした。

11:40~12:30昼食
メニューは、ハヤシライス・ボイル野菜(ジャガイモ、人参、ブロッコリー)白菜と人参の刻みおひたし・ヨーグルト・りんご
母は総入れ歯で、硬めの物はかじれませんので、事前に煮リンゴにして頂きました。
午前中のみ利用の方は、昼食後に帰られます。

昼食後、入浴。(1時間半ほど)水分補給のために麦茶が出ます。
全員揃ったところで、テレビモニターに映し出された歌詞を観て童謡『虫の声』を皆で合唱。
1回目は歌詞が全て映し出されていたのですが、2回目は歌詞の後半が〇〇〇〇と隠され、皆さん歌詞はうる覚えのようで、口パクやルールー・ウーウーなどのハミング状態。かくいうあたしもその一人で、ルールーでした(笑)

午後のメニューは日替わりでゲームです(おやつが出ます)
この日はパズルゲーム。空いている□の中に字を埋めていくというゲームでしたが、まぁまぁ難しくあたしも母と一緒にやったのですが、かなりの脳の活性化になりました。
このゲームで母のできない理由、いい繕いの言い訳「小学校にも通えなかった自分には難しすぎる。やたくない」が始まり、少々険悪ムードで「わかる範囲でいいのですよ」と、スタッフさんになだめられ、ようやく機嫌を直しゲームに挑戦。

15:00、順次送迎で帰宅。
(敬老の日にちなんで、ケース入り歯ブラシのプレゼントがありました)

c4b429899104946ae463f24e999365ae_s


今回受けた施設の体制
 介護老人保健施設(要介護1~5)
 短期入所療養介護(  〃   )
 介護予防短期入所療養介護(要支援1・2)
 通所リハビリテーション (要介護1~5)
 介護予防通所リハビリテーション(要支援1・2)

通所リハビリテーションの利用時間は、
① 3時間以上4時間未満(午前中のみの方)
② 6時間以上7時間未満
この、2通りから選べます。入浴は必ずではなく、その日の体調で選べます。

スポンサーリンク



リハビリの待ち時間には、読書・歓談・テレビ視聴と自由に過ごすことができるようでした。
また、介護福祉士の研修生の受け入れ体制もあるようで、この日は2名の学生さんがいらっしゃいました。
水分補給に関しては、ほうじ茶・麦茶などのお茶類。おやつに関しては、季節行事に合わせて考えられているようでした。
リハビリの一環でしょうか、入浴移動時、車椅子利用者の方を杖歩行の方が杖無しで押している姿も見受けられました。(スーパーでカートを押す状態に近い)

体験入所の感想を母に尋ねると、「お風呂は気持ぢ良がったども、わげのわがらね問題やらせられで、やんたぐなった」
まぁ、仕方ありません。塗り絵・折り紙は母の嫌いな分野。まして、□埋めゲームなどの経験は皆無ですから、本能で生きている母には無理強いは逆効果ですので「やりたくないものはやらなくてもよい。通所の一番の目的は筋力をつけて、しっかり歩くこと。それに付随して頭のトレーニングをする」と念押しで、「ま、行ってみるじゃ。岩手に住んでだごどがある人もいだっけがら」の返事。
いつの間に会話したのやら。

リハビリ開始はケアマネ・施設スタッフ・理学療法士との打ち合わせ通所の契約、かかりつけ医提出書類など全てが終わってからになりますので、来月半ば辺りになる予定です。

それまで、母の気持ちに変化がでないことを望んでいます。