今日のことわざは『美味も喉三寸』です。
      □■□■□■□■□

あたし、夫亡き後一人暮らしでしたので、食事に関しては基本自由。
晩酌をするあたしには、無しの生活でも苦にはなりません。
ビールと、冷蔵庫の中の物でササッと簡単調理。
対照的に、母美代さんはが無いと生きて行けません。
米が何よりのご馳走だと言います。
昼食は麺類でもかまわないのですが、朝晩は9割方です。

でも、日曜日の夜だけは、食事の後片付けをしないと決め、
母の了承を得てスーパーのお惣菜やコンビニ食にしています。

一昨日はスーパーで買い求めたとろろ蕎麦
蕎麦はあたしも大好きなので、お酒無しで頂きました。

お気づきになられました?

DSC_0416

     (BEFORE)

DSC_0415

                 ( AFTER)

写真上は、あたしの分。下が母の分。

蕎麦をみじん切りにしたのは初めてです。
麺類って、「ズズズズー」「ズルズルー」のようにすすって食べますよね。
音が出ることで美味しさも増す。ですよね。
今の美代さんには入歯が合わない為『すする』のも、痛いのです。
とろろを混ぜ混ぜ、スプーンで。

「美味しい」と、言ってくれました。
(手作りではないのですが・・・)

フードプロセッサーなる文明の利器、我が家にはありません。
あると便利なのでしょうね。

美代さんの言葉ではありませんが、「一日も早く」入歯の調整が済みますように。

~今日のことわざ~

『美味も喉三寸』

うまい物といっても喉を通るときだけで、腹のなかに入ってしまえば、うまいもまずいもない。それより栄養のあるものが歓迎されるだろう。

(日東書院発刊 ことわざ辞典より)

岩手で暮らしていた際の、みそ汁と漬物での食事に比べたら、今は十分に栄養は摂れているはずです。
何と言っても、体重が増えたのですから。
もう、見た目を気にするのは、やめにします。
みじん切り、色も形もありませんから。

栄養をちゃんと考えて、それで良いと思うことにします。


スポンサーリンク