にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん16歳、青(せい)くん13歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。85歳、方言と訛り×軽度認知症」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

ストレスはダイエットに効果あり・・・?


 昔、次女妊娠中に体重増加を注意され、食事制限したことがありました。(12キロ増加)

夫が他界し独り住まいとなり、寂しさと気楽さの狭間でビールの量も増え、知らず知らずのうちに4キロ増加。

これはマズイ。慌ててダイエットに挑戦。ウォーキングを始めるも中々落ちないので、先ずは【レッグマジックサークル】を購入。(以前、タレントの森泉さんがCMされてた)
「14日間の集中ダイエット」の謳い文句に飛びついてしまいました(笑)
ウォーキングとの相乗効果もあり(歩き1時間・サークル30分)2キロ減 

その後は食事内容も考えるようになり、ウォーキングからジョギングへ変更したこともありで、取り敢えずキープ。(現在は健康維持のため)

昨年の9月から母美代さんと暮らすようになり、一気に4キロ減。

帰省時、次女から、
「おかぁ、痩せたね。お腹の肉気にしていたから良かったじゃない」

・・・女の子って、スルドイ。何気に観察しているようです・・・

「おかぁって、神経的なものに顕著だよね。おとぅが亡くなって程よく太ったと思ったら、今度は婆~ちゃんで痩せたかぁ~」

 あたしが思うに、どんなダイエットをするよりも何か
一つ真剣に悩んだら人は痩せられるのではないか・・・?
でもそれは、精神衛生上お薦めはできない・・・


お腹の肉が無くなったのは正直嬉しいのですが、同時にお尻の肉も無くなり、椅子に座っても、座布団に座っても臀部(でんぶ)の辺りに痛みが走るのです。
体育座り横座りなど到底無理。(厚手クッション使用)

DSC_0352


以前、情報番組の街中アンケートで、女性の理想とする体型と男性のとでは微妙な違いがありました。
女性が求めるのは何がなんでもモデル体型。
一方で男性が求めるのは包み込まれるようなふっくら感。
女性と男性とでは、求めるものにかなりの相違があるようでした。

あたしのふっくら、いつ戻るのかしら・・・。
あぁ、これは考えてはいけないことです。(美代さんは、内臓は至って健康。お迎えは暫く先の様)

岩手在住の頃、近所に夫様の転勤で実家に越してきたお嫁さんがいらっしゃいました。
義両親との同居と慣れない農作業のストレスで一気に10キロ増に。
ストレスのはけ口が、飲食に繋がったようでした。
(その後は少しづつ戻られたようでしたが)
ストレス太りも怖いですね・・・。

・・・母美代さんの体重が増えたのもストレス?・・・

体重減は、あたしの精神力の足りなさに因るものでしょうか・・・。
ド~ンと構えて・・・は、性格的に無理ですので・・・仕方ありません。
今の体重が底のようですので、これ以上減らないように精神維持も必要です。

ダイエットは、心身共に健全な状態で行うことをお薦めします。

スポンサーリンク

かもめの玉子、ご存知ですか?


6日の昼頃、長女からラインが入り。

 ねえ、そこの住所教えて

 何を聞くこともなく入力、送信 (昨年11月、母と住むためにこれまでの所は手狭故に引越し。その際新住所は連絡済みなんだけど)

その夜

 かもめのメロン味送ったから
  明日発送になるって
  時間指定していないけど、よろしく


 oh、メロン味あるんだ(^^♪
  ありがとね~



昨日、届きました。

DSC_0346

DSC_0347


ご存知の方も多いかと思いますが、岩手の銘菓です。
ジャンルで言えば「おまんじゅう」になるのかと思います。

定番から、季節に合わせて「りんご、栗、ショコらん、~~」等々発売されていましたが、今回はメロン味。
表面はメロンクリームでコーティングされ、中の白あんには赤肉メロンが練りこまれ、真ん中にとろ~りメロンジャムが入っています。

もちろん、期待を裏切らない美味しさでした。

おまんじゅうは不得手な母美代さんですが、
「美味しいなぁ~、ありがでな~」と言って食べています。

あたし、このお菓子が大好きで帰省した際は必ずと言っていいほど買い求めます。(自分用&お土産用)
今回のメロン味、期間限定なのでお盆の帰省時には店頭には並んでいないだろうということで、わざわざ送ってくれたのです。
(親孝行な娘です(・∀・))

因みに、
美代さんとの母娘関係の中で記していますが、子供には必要以上に執着したくはない思いはあるのですが、帰省時には、映画やショッピング、食事にも行きます。娘も、こちらでの(都内、横浜)好きな俳優が出演する舞台があるときなどは誘ってくれますし、一緒に観劇もします。

失礼。
話がズレてしまいました。

岩手にお出かけの際は一度ご賞味くださいませ。



スポンサーリンク

君の名は。いえいえ、この花の名は?


花にめざめた母美代さん。昨日、またまたホームセンターへ。

ピンクの(紫?)なでしこ を購入し、エンドウ豆のプランターへ移植。

DSC_0349

エンドウ豆、実がつく前に花に追いやられるかも。
まぁ、美代さんの張り合いのためのプランター農園なので、あたしは文句を言える立場ではないですけど・・・。

今朝から度々
「この花の名前、ん~と、何だっけが?」

「美代さん、なでしこって言ってたよ」

「ああ、そだそだ。なでしこだ」


昼過ぎ
「この、あげ(赤い)花の名前何だっけが?忘れだじゃ」

「え?また?あのねぇ、4文字で上が『な』下が『こ』だよ。よ~く考えて」

「な、な、ん~、なのはな?や、違う。何だけが?教えろ!」

な で し こ

自室に行ってノートとペンを持ってきて、
「忘れねよに書ぐごどにしたじゃ。で、なんて名前だっけが?」

な で し こ だよ!」

「そだ、なでしこだ。・・なんで忘れるんだべ・・・。ああ~、オレのあだまどうなってんだが」

「・・・」

あたし、心の中でつぶやきました。
・・・仕方ないよね・・病気だもの・・・

こんなやり取りをしていて、さぞや落ち込んでいるのかと思いきや、何のことはないTVに夢中になってる。


夕方、少し意地悪を言いました。
「ねえ美代さん、あのピンクの花の名前憶えてる?」

「(。´・ω・)ん? な、な、なでしこだじゃ。名前でねくて、なでなでするで覚えるごどにしたじゃ」

「だね。そういう覚え方もあるね。いいんじゃない」

明朝、憶えているのでしょうか・・・?

ときどき、怖くなります。今の状態はまだまだ入口なのでしょうね?
もしかしてあたし、試されてる?なんて思ったりしますけど、そんな高等なこと美代さんに出来るはずもなく、ひたすらレールを走っているのでしょう。各駅停車の鈍行で。

今のところは自分の為にも「カッ」とならないように努めていますが・・・中々専門書のようにはいかないものです。


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • ぬりかべ~、つつくとポロポロ剥がれる化粧・・・?
  • 認知症は、いきなり進行するのでしょうか?母の様子が変。
  • 軽度認知症、日付と曜日が分からなくなる。今日は何曜日?
  • 「老いては子に従え」100均で見つけたピルケースを購入
  • 「老いては子に従え」100均で見つけたピルケースを購入
  • 軽度認知症の母、薬の種類が増えパニックになる。
  • 炬燵は、お猫様専用スペース。
  • 炬燵は、お猫様専用スペース。
  • 炬燵は、お猫様専用スペース。