にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん16歳、青(せい)くん13歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。86歳、方言と訛り×軽度認知症」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

自転車走行のオジサマ、交通違反では・・・?

昨夕、ジョギング中のできごとです。

始めの200メートルほどは歩きから入りました。
右側には歩道がないので、歩道のある左側を歩いていると後ろから「チリンチリン」
・・・ああ~。自転車が歩道走行で、歩行者に対してのベルは違反なのよ・・・心の中でつぶやくと、後ろから近づいてきたオジサマす~っと車道へ。
(自転車走行違反関連記事こちらからどうぞ)


-2

 (玄関にて、寒いので、マスク着用)

ロングコートをはためかせたそのオジサマの後ろ姿に、何のためのベル?と思いながらあたしは左折して走り始めました。
・・・だいたい、あのコート危ないわよ。車輪に巻き込まれたらどうするの?・・・

スポンサーリンク


300メートル先の信号で、先ほどのオジサマ信号待ち。
・・・ああ~。何だか嫌な感じ・・・
と、車道の信号が黄色に変わった瞬間、歩行者用信号が赤の状態でオジサマす~っと・・・。
「危ない!危ない!危ないですよ!!」
あたしの声を無視して走り出したオジサマ。黄色で侵入してきた高齢者マークの軽自動車に轢かれそうに。何を考えていたの?危機一髪寸でのところで車が止まってくれたから良かったものの、スピードが出ていたら確実に轢かれていた。
オジサマ、あたしにぺこりとお辞儀をし、また走り出した。あたしの声は聞こえていたの?

オジサマの後ろ姿を追うような形でのジョギング。
暫く走るとオジサマ、今度は自転車から降りてどこぞの玄関を覗き見。
あたしは知らんぷりで追い抜いたのですが、又もや後ろから「チリンチリン」
正直ムッとしました。いい加減にして!と言おうとしたら、オジサマ車道走行しています。またまた何のためのベル?

免許をもっているあたし、当然運転します。
最近の自転車走行について、怖いなぁと思うこと多々あります。
学生の並列走行・親子走行・高齢者のヨロヨロなど。
細心の注意を図って運転しています。でも、同じように自転車走行の方にも、歩行者に対しての気配りをして頂きたいのです。

「チリンチリン」ではなく、「すみません」「通してください」などの声掛けをお願いしたいです。


ポケットWi-Fi、感知せず ソフトバンク様の責任は?

昨日のソフトバンクの電波障害問題。

あたしのパソコン用ポケットWi-FiはYmobairu 。


DSC_0695


焦りましたー。
TVを観ていなかったので、ルーターが壊れたのかと思い、購入先へ先ず電話。(スマホはdocomoなので使えました)
お店の方から、詳しい原因や開通はいつになるのかを聞きたかったのですが、残念ながら自分たちにも情報が入ってこないのでわかりかねると。

夕方の情報番組で詳しいことが分かるかもと、スイッチオン。やっていない。
そうだ!スマホで確認すればいいんだ。
止まっていることだけで詳しい内容は記されていない。

諦めが良いのか悪いのかイマイチ判らないあたしの性格。焦ったところでソフトバンクユーザーの状況は皆同じ。とりあえず待つしかない。明日の朝までに開通するかなぁーと諦めました・・・が、ダメ、諦めきれない。10分置きくらいでルーターを確認していました。

何度目かの確認で「圏外」➡「電波3本」あ、開通した・・・よかった~。

わが家の携帯は母・むすめ達も、docomo。
こういうとき、なんと言ってもNTTで良かった・・・。
と思うのは、あたしだけ?

スポンサーリンク



今朝の情報番組「ビビット」より。
原因は司令塔のメインに不具合が起きた。
スウェーデンの、「エリクソン」という通信機器の最有力大手の会社の交換設備の不具合。

スマホは無線通信で基地局に繋がり、そのあとは司令塔のようなものがあり、有線で交換設備が振り分ける。その司令塔のメインに不具合が起きた。
その交換設備の有効期限が切れてのトラブル=更新を忘れていた。
昨日12月6日の13:39分が、更新時間だったそうな。
コメンテイターのITジャーナリストの三上さん曰く「凡ミス」免許切れのような状態と。
これだけのことで、世界11か国が大パニックに陥た。
最有力大手の会社で起きた凡ミス。
凡ミスの責任はどの様に取られるのでしょうねぇ。

今回の件で、お若い方の中には公衆電話の使い方も知らないという現状が観えたそうな。
国分さんの提案として、「気持ちを切り替える」こと。
スマホに頼らず道や店が解らなければ自分の耳や口で直接聞けばいい。

通信機器に依存し過ぎている現代ですが、アナログを知っている者たちには通じても、10代・20代の若者には通用しない・気持ちを切り替えるところが解らない。と堀尾さん。
気持ちを切り替えるの発想は年を取った証拠とか。

パソコン・スマホに依存しているあたしですが、この先のIT時代に、置いてけぼりになる不安があります。

便利な世の中になりすぎるのも、如何なものかと・・・。


スポンサーリンク

昔話に花が咲く お喋り満開 (無学は貧乏のせい?) 

昨日のことです。

いやーーー喋る喋る!

母美代さん。いつもの妹ヨッコさんとの電話。
そう言えば、先週の土曜日以後していない。5日ぶり。

美代さんとヨッコさんは12歳差。
母85歳・ヨッコさん73歳。一回り下なので干支は同じ「酉年」
「ニワトリは3ポ歩くと忘れる」と、美代さんは言っているが1時間半の会話の中で「さっきと同じ会話のような・・・」が何回あった?


DSC_0612


あたしに聴かれてマズイ内容ではなかったらしく、いつもは自室で電話するのだが、今日は寒いので居間での電話。

認知症は、直近の記憶は薄れ昔の記憶が鮮明によみがえるらしい。
12歳差の妹に、自分のこどもの頃の苦労話を聞かせ、悦に入っていた美代さん。

自慢にはならないが、母は小学校2年生までの教育しか受けていない。貧乏人の子沢山の長女に生まれ、幼い頃から一家の働き手として家系を支えてきたという。
10代後半の頃、1年分のお給金として父親から2,000円貰ったそうな。
当時の2,000円、今で換算したらいかほどになるのか。
(参考までにhttp://sirakawa.b.la9.jp/Coin/J077.htm

この2,000円、母の性格として簡単には使えない。こっそり仕舞っておいたらしいが、娘の性格を知っていた父親に、酒代がなくなり結局は巻き上げられた。

親が貧乏だから苦労した。良いことはひとつもなかった。怖い親父で、母親は何も言えず自分もいつもビクビクしていた。
だから、夫になる人には優しさを求めた。じっちゃんは優しい人で良かった。
(以前のブログに記しています。こちらからどうぞ)

オレは貧乏で歯の治療もできなかったから総入れ歯になってしまった。
デイケアで昼食の際、大きく口を開けて食べている人の歯を観ると銀歯。
羨ましい。今更貧乏だった親を恨んでも仕方ないが・・・。


スポンサーリンク



話がデイケアに移った。
94歳のおばあさんがいる。娘は看護師で、偶然にもお嫁さんも看護師。この二人の稼ぎが良いのでこのおばあさんは苦労知らずらしい。やっぱり金持ちは苦労しない。オレは95歳で一つしか違わないのに・・・。
ん?ちょっと待って、あなたの年って確か85歳よね?いつの間に10歳も年取った?単なる言い間違いとは思うけど、ヨッコさんさんからのツッコミもない・・・。

93歳、独り暮らしのおばあさんがいる。
このおばあさん、何があったのか知らないが、ガスが点かなくなった。だから、デイケアでのお風呂が幸せだ・・・と。
ガスが点かない。何故?お子さんはいらっしゃらないのか。
デイケアへの手続きは誰がしたの?市に委託したの?
母の話では要領を得ないが、今の母にはこういう考えに結び付くこともない。

母の根底にはいつでも貧乏の二文字があるようだ。
貧乏故にまともな教育を受けさせてもらえなかった。一理あるとは思う。
でも、あたしに言わせれば学ぶ気持ちがあるのなら、定年後にいくらでも学ぶことができたはず。
毎日配達される新聞の生活欄だけでも目を通す。それが嫌ならTV欄を観るだけでも読み書きはできたはず。
忙しいを言い訳として何もしなかったのは、美代さんあなただだよ。

「おめどはなすせば気もぢいい。ほがのやづらだど話しあわね。スッキリした」(おまえ=ヨッコさんと話すと気持ちが良い。他の人とは話が合わない)

娘夫婦とひと悶着あったのち、一人暮らしを謳歌しているヨッコさん。たぶん何度もこの話を聞いている。耳タコのはずだがよく我慢して聞いているものだと感心している。案外、右から左なのかもしれない。

見習うべきことかも・・・。


スポンサーリンク
プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 親のためだけに、生きているわけではない。
  • 漬け物解禁?脳梗塞の再発は怖くないの?
  • ストレス・・・イライラ。見ない・聞かないができない性格。
  • 日傘をさしてのウォーキングは有りでしょうか?
  • 田口淳之介さん・小嶺麗奈さん。人は学習できるのでは?
  • 夫婦の価値観とは?その子どもの価値観は・・・。
  • 夫婦の価値観とは?その子どもの価値観は・・・。
  • 親の長生きを願う、子どもの気持ち。
  • 高血圧予防のジョギング。問題は脈拍にあり。