にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん16歳、青(せい)くん13歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。85歳、方言と訛り×軽度認知症」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

目を疑う光景とイライラ。あたし・・・切れる。

昨夕、母美代さんから、

「針と糸貸してくれ」と言われ、ソーイングボックスを貸した。
何を縫っているのかと思い美代さんの部屋を覗く。

「何縫ってるの?」(普通の声で)

「ああ?!何おごってる?そったな声で!」

怒っていません。
(怒られたと感じたのは、自分に後ろめたさがあるから?)

驚きました。

オムツパンツに針を刺しているのです。


「何縫ってるの?それ、縫って履くものじゃないよね?」

2日目のオムツパンツ。汗で接着部分が剥がれたので縫い合わせたと言う。

美代さんは過活動膀胱、切迫性尿失禁(自分の意思とは関係なく尿漏れする)
24時間尿とりパットを外せない。
日中はショーツ使用だが、夜間はオムツパンツにしている。

本人の弁として、勿体ないから縫った。あくまでも汗での変色。だから、汚れていないし臭くもない。

5月27日の「認知症or貧乏性?この行動はどっち?」でも記しているが、あたしには判らない。
物忘れの薬を飲んでいる。急激に進行することはないはず。
だとしたら、純粋に勿体ない行動なのか?

年金生活の美代さん。でも、尿とりパットやオムツパンツは普通に買える。
あたしが、美代さんにひもじい思いをさせているのか・・・?
情けなくて泣けてきました。

晩ご半のメニュー、豚肉のニンニクソテー。
美代さんの分は薄ーくスライス。(1㎝の3㎜角)

「これは何だ?芋が?」

「お肉だよ。タンパク質摂るように言われたでしょ」

「にぐが」

「硬い?硬かったらみじん切りするよ」

「いい。大丈夫だ」

そう言いながら、箸が進まない。
やはり硬いのだろう。いや、決して硬くはないが、美代さんの入歯では噛めないのだ。
結局いつものみじん切りだ。

スプーンを添えたが一口止まり。飲み込めないと言う。
(自らスプーンを取りには立たない)

要介護1では、自分で工夫することができないのか?難しいのか?

父は認知症発症以前(20年前)、悪玉コレステロール値が高く、自分で食事内容を確認しながら食べていた。
母は面倒くさがっていた。
認知症を発症してからは、

「そったな病気、エイッ、ヤッて治すんだ」

と父に向って言っていた。

父のために何かを考えての食事作りをしていたのだろうか?
今は父がコレステロール数値が高かったこと、そして邪険にしたことも憶えていないと言う。(都合が悪いことは忘れるのか?)

母が洗面所で入歯洗浄中、オムツパンツのこともあって、あたし・・・切れた。

椅子を倒し、ゴミ箱を蹴とばした。傍にいた青くんが驚いて部屋から逃げた。(ごめん)


今朝、残したお肉を煮込んであんかけにした。
美味しいと言いながら、結局残す。
そう言えば、3日ほど前に作った【胡瓜なます】、半分も減っていない。
冷蔵庫の肥やし状態だ。

皆様の介護日記の現状を読ませて頂くと、虚しくなる。

育児なら未来がある。

初心者のあたし・・・、介護の行きつく先は・・・。


スポンサーリンク

夏風邪。脳梗塞の薬と市販薬の飲み合わせ


母美代さん、この酷暑の中、夏風邪です。 

先一昨日の早朝、トイレで大汗をかき濡れた下着とパジャマで寒かったらしいのですが、面倒なので着替えずにそのまま二度寝。

この3日ほど微熱が続いているが、食欲が減ることはない。
本人が大事ではないと言うので、病院に行こうか迷っているうちに今日になる。
喉の痛みと鼻水があり、昨夕から咳も出てきた。

昨年の10月に脳梗塞を発症し、それ以来薬は欠かしていない。

以前あたしが風邪で咳止めを服用した際の残りがあったので、喉の痛みを抑える鎮痛剤と常用薬との飲み合わせについてを、かかりつけ医に訊いた。(脳梗塞発症時の脳神経外科)


スポンサーリンク


【常用薬】

クロピトグレル錠75㎎
   血液を固まりにくくして、血栓を予防する
ロトリガ粒状カプセル2g
   血液中の中性脂肪やコレステロールを下げる
ベタニス錠50㎎
   頻尿や尿漏れなどを改善する
レミニールOD錠8㎎
   もの忘れなどの症状が進むのをさえる
L-アスパラギン酸Ca錠200㎎ (骨粗鬆症薬2週間のみ)
   不足しているカルシウムを補う

【市販薬】
クールワンせき止めGX
バファリン(街中のドラッグストアで、喉の痛みでの服用もOKと確認済)

喉の痛みは治まっていると言うので、せき止めのみ服用。


これら全て、飲み合わせには問題はないとの返事を頂いた。


DSC_0426-2



エアコンON。室温30℃。ひざ掛け、ボワ付きベスト。丁度良いと言う。
あたしは、短パンノースリーブでも暑い。

上手く体温調節が出来ないのは、熱のせいだけではなく年齢的なものもあるでしょう。
微熱が続いているのが気がかりですが、食欲があるので取り敢えず明日まで様子を観ることにします。


皆様も、夏風邪にはご注意くださいませ。


要らない苦は見たくない(したくない)

午前中、最後の入歯調整。

今後、不具合が出た場合はその都度予約を取ることになる。

暫くは様子見。(大分、良くなったと言ってはいるが)


6dbd9984911b9d35e9ba8ac2a9d9be15_s



今のあたしと母の状況について、

『鬼娘の介護日記』のあんず様より、介護経験の先輩としての適切なアドバイスを頂いております。

そして、コメント欄の中に母と同じ「要介護1」のお母様を施設に入所させることができた方のコメントもあり、参考になりました。

スポンサーリンク



美代さんは、「要らない苦は見たくない」と言う。
(時計の計算も、漢字練習も今更必要ない。今日を過ごせればそれで良いと)

今できることを、なるべく自分の力でやってほしいと思うのは、
母への思いやり・・・それともエゴか・・・
できないことを認めることが大事だと言うことは重々分かっている。

でも、難しい。
何しろあたしは母親を嫌っているのだから・・・。
母の、凝り固まった考えや、聞く耳を持ち合わせない姿勢は昔から嫌いだった。
母はあたしに嫌われているとは思っていない・・・たぶん・・・。
自分を嫌っている娘に介護されていると知ったら、母はどうするのだろう
自分に置き換えたら「情けないし悲しい」よね・・・。

2~3日前に、物忘れが酷くなっていることを憂いた母が、

「このままだど、おめに苦労ばがりかげる。早ぐ死にて・・・怖ぐね。みんな、あっちさいる」

あたしは知らないふりをしてた。

(大好きな食べることをやめれば逝けるよ。まぁ、好き嫌いが多いくせに食べることが生きがいの美代さんにはできないでしょ)

認知症の進行具合にもよるが、今のうちに先についての話し合いをしておく必要がある。
施設についても、有料は経済的に厳しいから特養を探すことになるだろうが、特別な場合を除き要介護3以上にならないと入所できないとある。

まぁ、それも母の意見を聞いてだが。
(まともな考えに至ることもある)


d79881ff6eb000a57d7020cf98143be2_s



今のあたしに必要なのは、母の状態を見極めること、そしてあたし自身が受け入れること。

手を差し伸べることに嫌悪感を持っているあたしに、どこまでできるのか自分との闘いになる。
(母娘関係に載せています)

「がんばれ~あたし・・・」


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 認知症は「知的障害者」無知を痛感し、改めて認識する。
  • 体重増加の母からの逆襲「おめ、太ったな!」その目は本物?
  • ボケ防止、人に興味を持つこと。ヒューマンウオッチングしましょ。
  • マニキュア。命の洗濯・・・たまには必要です。
  • 「孫と言う名の宝物」世間一般的な考えにはならない・・・。
  • 4世代、つかの間のひと時が過ぎ、「さびしいじゃ・・・」
  • 喉元過ぎれば~~~。まだらボケの母、骨折した手を酷使する。
  • 雪国からの使者?雪と共に来たれり我がむすめ達。
  • 格言?昔の人の言葉!今回は為になります。