にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん16歳、青(せい)くん13歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。85歳、方言と訛り×軽度認知症」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

幸せの形は、人それぞれ。人生の選択。


母と今後について話し合ってみた。

認知症の初期。
耳が遠いという訳ではないが、一度で理解できない。

春頃からあたしは口調を替えた。
なるべくゆっくり大きな声で話すようになった。
病院に行くと、周りに振り向かれることもあるが、仕方がない。
「分かった?」と訊くと「分がった」の返事が返ってくる。

会話を続けると、母お得意の頓珍漢な受け答え。認知症に因るものなのか、理解力が乏しいせいなのかイマイチ判らない。

毎日ぼ~っとしていること、居眠りしていること、何も苦にならないと言う。
この暑さで日に何度もベランダの野菜たちへ水かけ詣で。
それが、一番の楽しみらしい。

あまりにも自由過ぎるので、症状が進み、あたしの手に負えなくなったときは介護施設に入所してもらうことを伝えた。
「いいべぇ、おめのいいようにしてくれ」

本当にそれでいいのか確認してみた。
「今だっておめに面倒かげでる。そうしてくれ」

これは状況を理解していると判断することとする。

スポンサーリンク



お盆に帰省後、暫く実家で過ごしたいと言っている。
血圧、薬、食事、お風呂。日中は一人での生活。大丈夫なのか。

やってみると言っているが、それができなくてあたしとの暮らしになった訳で・・・。

近所に住む同世代の年寄りもひとりふたりと亡くなり、話し相手も居なくなってきているが、それでも長年住み続けた実家の方が、母にとっては居心地が良いのだろうことは百も承知。はてさて如何したものか。


8e759d41485917229757818bf4981d64_s


父が亡くなってからの9年(あたしも夫を亡くして9年だけど)母は何を思って生きてきたのだろうか。
たぶん・・・あたしとは違う寂しさを抱えてきたのだろうし、父という話し相手がいなくなったことで、認知症も加速されたのは間違いないだろうと思う。

岩手にいる頃には、週2回のデイサービスを受けており、その日の朝は早起きをし時間前から迎えの車をいそいそと待っていたが、ここで暮らすよようになってからは、デイに行きたいという言葉が全く出なくなった。

母は、岩手の農村部の出身。
幼い頃から、一家の働き手を担ってきた。
小学校も卒業していない。

母の人生に於いて目新しい言葉は必要なく、田舎言葉で十分に通じていた。
だが、ここで暮らすようになり言葉の壁にぶち当たっている。
『方言、お国訛り、イントネーション』の違いにより、あたしには通じても、他人様にはなかなか通じない。
それがネックとなり、デイに行くことを渋っている。

ここも関東の田舎だ。田んぼも畑もある。
認定調査の際、認定員の方がおっしゃっていた。
「震災で移り住んでいる人たちもいます。その中には岩手や福島の方々もいるから、気にせずとも大丈夫ですよ」

あたしもそう思うのだが、こればかりは母の気持ち次第だからあまり強くも言えない。
いづれ、サービスを受けることにはなるだろうが、それはまだもう少し先。

これからも本能で生きていくのだろう・・・

          それが母の幸せなのだから。



スポンサーリンク

フードプロセッサー、使ってみました。

フードプロセッサー、使いましたよ。

昨夜のメニュー、アスパラガスとしし唐の肉巻き

        レタス、パプリカ、トマトのサラダ

        大根、油揚げ、オクラの味噌汁


サラダは包丁でみじん切り(『プロ』買った意味ない?)

肉巻きは焼きあがってから5ミリ角に斜め切りで出したのですが、やはり噛めないと言うので『プロ』の登場です。

いやぁ~、いい物ですね~。

ものの30秒ほどで出来上がり。


5981c5ec6d2d665f0f09273f8544a15b_s



ガラス製なので、お掃除も苦になりません。

今までの時間を掛けての作業を想うと、購入価格は決して高くはないです。

今後もどんどん活用致しますヮ。


文明の利器に頼る。フードプロセッサー購入

自己分析

あたしは、勝ち気?負けず嫌い?強いおんな?

全部かな・・・。

でも、結局負けてしまいました。

思い立ったが吉日。
フードプロセッサー、購入です。


DSC_0430


お店の方から説明を受けて、お肉、烏賊、蛸に適しているギザギザ刃の付いたものにしました。

モーターの故障に繋がるので、2㎝角程に切ってから入れるようにと注意を受けましたので、気を付けたいと思います。


『フードプロセッサー』

美代さんには喋りにくい長い名前なので、何か簡単な名前を付けようと思っています。
(ジューサーミキサーは知ってました)

思いつきました(はやっ)

簡単に、『プロ』でいきましょう。


「ちょっと待って、プロかけるから」

如何でしょう?  良いと思います。(独り芝居 笑 )


母美代さん一人分の食材用なので、シリーズの中で一番簡単なものを選びました。

形は分からなくなるけれど、同じものを食べていると言うことで、あたしの罪悪感は薄れるでしょう。

お掃除、大変だけど・・・。

今日より若い日はありません。

ご自愛くださいませ。


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 認知症は「知的障害者」無知を痛感し、改めて認識する。
  • 体重増加の母からの逆襲「おめ、太ったな!」その目は本物?
  • ボケ防止、人に興味を持つこと。ヒューマンウオッチングしましょ。
  • マニキュア。命の洗濯・・・たまには必要です。
  • 「孫と言う名の宝物」世間一般的な考えにはならない・・・。
  • 4世代、つかの間のひと時が過ぎ、「さびしいじゃ・・・」
  • 喉元過ぎれば~~~。まだらボケの母、骨折した手を酷使する。
  • 雪国からの使者?雪と共に来たれり我がむすめ達。
  • 格言?昔の人の言葉!今回は為になります。