にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん16歳、青(せい)くん13歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。86歳、方言と訛り×軽度認知症」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

健康のバロメーター・・・休肝日は必要かしら?

あたしはお酒が好き。

たぶん、355日くらいは飲んでる。
えーと、365-355=10
そう、年10日くらいは休肝日。

血液検査をしても肝機能に異常なし。
お医者様曰く、
「酒は百薬の長ですから、飲みすぎなければ大丈夫ですよ」

そんなあたしでも、飲めない日もある。
朝起きた時は何ともないのに、いきなり頭痛がして吐き気と倦怠感に襲われたりする。
こうなるともうダメ。何もできない。冷蔵庫に常備している液体キャベジンの出番。これと鎮痛剤を飲んで、ベッドイン。わが家に鎮痛剤は必需品。
そして、その日1日は何もできずただただ寝ているだけ。酷い時は2~3日間寝込んだりのときもある。
更年期障害?いいへ。この年ではあり得ません。と言うか、俗にいう更年期障害の症状になった覚えがない。
若い時から頭痛もちだったので、この症状が出ると「あぁ・・・いつものやつ・・・」そんな感じで悩まず床に臥す。
当然お酒はお休み。年に1~2度の休肝日になる。


スポンサーリンク



あたしの健康のバロメーター。それは、お酒が飲める状態にあること。
体質が父親似なので、胃腸は弱い。食べ過ぎのときは胃薬に頼ることもあるが、飲みすぎに関しては過去の経験で限度はわきまえている。

母と同居するようになり、お酒の量がグッと減った。
時に正体を失くすほど飲みたい。朝まで飲み明かしたい。なんてことを思うこともあるが、そこは自制する。でも、正直つまらないよね・・・。
ま、これも仕方のないことで。

最近見つけたビールです。


DSC_0697


スーパードライのようなキレのある辛口。ドライ派の方にはおススメです。

量が減っても、美味しく飲めることは「しあわせ」ですわ。


生きるための目標・・・何もね。ダイエットへの道

今朝の母美代さん、いつもと同じ9時近くの起床。昨夜の電気毛布でぐっすり寝られたそうです。

朝食に使った食器、水を張ったボウルの中に浸けたまま・・・。
昨日のしっかり美代さんは、まぼろし~・・・だったのかも。

あたしは、岩手在住の事務職時代、そしてここ古河での工場勤務と常に時間配分をして生きてきた。それは仕事でどうしても必要だったから。
その習慣は今も残っている。
時間配分することが自分にとって楽だった。だらだらと動くことは、ただ疲れるだけで生産性もなかった。だから、たとえば掃除に要する時間なども決めて動いている。
でも、規則正しく生きている訳ではない。ときにボーっと、ときにぐーたらな時もある。それは自分に必要だから、そう思っている。

何か目標を見つけること。目標を持つこと。大きなことでなくてもいい。
今日は体調が優れないから何もせず身体を休める一日にする。なんてことでも良いと思う。そして、その逆もありだと思う。


スポンサーリンク



何年か前に、マスターズ陸上に参加されていた超シニアのお爺さんの言葉に「目標は日本一を更新すること」とあった。
あたしはただただ感心するばかり。「すごいなぁ」の一言。
何歳になっても目標を持つことは、生きる糧となるようにも思う。

美代さんに目標についてを訊いてみた。

「何もね」(何もない)

この年になって今更目標を立てたところでどうなるわけでもないと。
なら、体重を落とすことは目標とはならないのかを問うと、

「それ、目標って言うのが?」

美代さんは、とにかくしっかりと歩きたいと言う。
「えっちゃら、おっちゃら(美代さん語:ヨロヨロ)で、転ばないように気合で歩いているが、膝も腰も痛い」


DSC_0699


       体組成計ヘルスメーターです

この痛みからも解放されたいための体重減量計画を立てた。
大好きな白米などの炭水化物を少なめにし、タンパク質を多めに摂る食事を心掛けること。少しづつ進めているが、あたしが気付かないところでお菓子も食べている様子が窺える。
ご飯の量を少なくしても、お菓子を食べては本末転倒なのだが、それを言うと、「最近痩せたようだ。お腹の肉を掴むことができる」の言葉になる。
「最近?」始めてまだ1週間だよ。いつの最近よ?突っ込みたくなる。
「米を食べなければ痩せられる」「お菓子なら大丈夫」
思考は子どもと一緒のように思うが、それも仕方がないのかもしれない。

人生の最も後半期に来て、まさかのダイエット。
これからの、「自分の足で歩く」ための目標。

楽をしたい、ズルい娘の目標でもあります。


スポンサーリンク

喪中はがきに想う、親の年齢と心の準備

皆様は年賀状はもう出されましたか?

平成最後の年賀状になりますね。あたしはまだですが、今週中には投函の予定です。(予定は未定で決定ではないとも言います笑)


DSC_0698

毎年印刷済みのはがきを購入し、下の空欄に近況などを書いています。


先月終わりころ、「喪中につき年末年始の~」はがきが届いた。
一人は高校時代の同級生、Mさんのお母様。もう一人は、次女が小・中学校で同級生だったママ友のTさんの義父様がお亡くなりになられたの訃報。

Mさんとは付き合いが長い。と、言っても年賀状での付き合い。
高校卒業からなので、40年になる。
彼女は確か末っ子。一番上のご兄弟とは10歳以上離れていると記憶している。
あたしは母美代さんが27歳のときの子だが、当時の女性にしては遅い出産になる。
Mさんからはお母様の年齢を聴いた記憶はない・・・いや、聞いたかもしれないが忘れているのかもしれない。
美代さんの出産年齢を考えてみて、おおよその年齢として80代後半から
90代になるか・・・。

Tさんの義父様の年齢に関しても同じような感じで記憶にはないが、夫様がやはり末っ子と聞いているので90歳前後のように思う。

スポンサーリンク



先日、女優の赤城春恵さんが94歳でお亡くなりになられた。
ご家族様の哀しみは察して余りあるが、世間一般的には大往生と言えるように思う。

以前にも記したことがあるが、ひとは何歳まで生きたら長生きと言えるのだろうか。
そして、何歳まで生きるのがベストなのか・・・。
あたしの知り合いに9歳上の方がいる。
10年ほど前であったが、当時の彼女は今のあたしくらい。「よぼよぼになるまで生きたくない。70歳くらいで逝きたいわ」このように言っていたが、そろそろ、その70歳に近づいてきている。
今はどのように思っているのだろう。
亡き夫が言っていた「やり残したことはない。人生に悔いはない」と言えるひとは、どれくらいいるのだろう。

そろそろ還暦のあたしにとって、友人から届く「喪中」の知らせは他人事ではない。
親の年齢を考えると心の準備も必要になる。
ただ、事美代さんに関しては今のところ当てはまらないようにも思う。

昨夜の寒さに、美代さんも寝られなかったと言っていたので、今夜から電気敷毛布の使用。

さて、明朝は何時に起きてくるのかな・・・。


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 親のためだけに、生きているわけではない。
  • 漬け物解禁?脳梗塞の再発は怖くないの?
  • ストレス・・・イライラ。見ない・聞かないができない性格。
  • 日傘をさしてのウォーキングは有りでしょうか?
  • 田口淳之介さん・小嶺麗奈さん。人は学習できるのでは?
  • 夫婦の価値観とは?その子どもの価値観は・・・。
  • 夫婦の価値観とは?その子どもの価値観は・・・。
  • 親の長生きを願う、子どもの気持ち。
  • 高血圧予防のジョギング。問題は脈拍にあり。