にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん16歳、青(せい)くん13歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。86歳、方言と訛り×軽度認知症」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

認知症・・・夕寝をすると時空間が移動する?

昨日、母美代さんがデイケア帰ってきたのは、夕方4時前。

部屋着に着替えて居間の高座椅子に「どっこいしょ」
連絡バッグの中に、先月分の請求書が入っていたのでテーブルの上に置いていたのですが、それを観て、
「ふんふん、~~~円が」

その後、10分ほどして、
ねぷて、寝る・・・」(眠い)

「そう」

起きてきたのは夜7時前。
普通にトイレに入り、居間の高座椅子へ。
キッチンで晩ごはんの支度をしているあたしを観て出た一言。
「おめ・・・朝ご飯のしたぐが?」

「あたし、朝ご飯の支度をしたことあったっけ?」

「ね・・・ど、思う・・・」

カーテンを開いて外を見せ、
「外は薄暗いよ。朝の7時はもう明るいよね!?今は夜だよ」

そして請求書を観て、もう一言、
「これ、昨日もらって来たのだな?」

「それ、今日デイケアから渡されたものでしょ!」

噛み合わない会話が続くも、
晩ご飯の用意ができたのでテーブルへ着かせると、
「なんだが、よその家さいるみだいた・・・」

スポンサーリンク

このシチュエーション、以前にもありました。
http://aya1205k.xyz/archives/17359687.html

夕寝の後は、時間の感覚が特におかしくなるようです。
そして、自分がどこに居るのかの判断もつかなくなる。
こういうことが度々続くのは、やはり進行していると考えるべきなのでしょうね。


午前中、頑張ってナスとピーマンのクタクタ煮を作った美代さん。
                 
DSC_0070


クタクタ煮➡ 
短冊切りにし、形が崩れるまで煮込む。
入歯の美代さんにとっては、軟らかくて口の中で溶けるような食べ物が、
ご馳走なのです。

食べ終わったのは12時半頃。
「オレ・・・朝ご飯食べだっけが?」

調理に時間がかかっていたね、
食べる前に朝食兼昼食だって教えたよね・・・。
「薬、飲んだの?」

「あ、忘れでだ。今食べだのが朝の分どして、この薬飲めばいいのだな!」

処方されている薬は、朝晩の一日2回。
本当は注意をすることも、いけないことなのです。
ただ単に、促すだけ。
「薬飲んでね」これだけで言えばよいことなのです・・・。
わかってはいるのですが・・・。

PS
まだらボケの母美代さん。
美代さんの頭の中は、どのようになっているのでしょう。
くノ一(女忍者)さんが目くらましの術でもしているのかしら?
良い日・悪い日、良い時間・悪い時間とその日によって違います。
特に、夕寝の後は悪い時間となるようです。

覗けるものなら覗いてみたいものですね。


スポンサーリンク

ねこは、きれい好き・毛玉は吐きます。

にゃにゃん、桐だよヾ(=^▽^=)ノ

今朝のあたち、みてみて~

DSC_0055

母、写真とるの~?

DSC_0059

じゃ、毛づくろいしちゃお

DSC_0056

なでなで、美人さんにな~れ!

DSC_0057


そろそろ、いっかな・・・?

DSC_0058


チョットつかれた~

でも、毛づくろいはだいじだよ!
青くんはあまりしないけど、性格なんだって・・・
あたちは女の子だし~、身だしなみはだいじよね~

鼻コビコビと涙は~、あたちのなでなでじゃとれないから~
母~、きれいにしてちょうだい

あたちも青くんも毛玉吐くけど、仕方ないよね?
だって飲み込んでしまうんだもの・・・。

わかってるよ。
ねこは吐く生き物。

人間と同じ。
ねこにも性格があります。

爪とぎ・毛づくろい・甘え方・鳴き方・食べ物の好み
ぜ~んぶ、合点承知の助・・・よ!(笑)

御年16歳の桐ちゃんです。
食欲は、母美代さんと同じで衰退することもなく、元気です。

桐と青
にゃんズは今日も元気です。


スポンサーリンク

ロックンロールウィドウ「あたしあんたのママじゃない」

自分が持っている服を把握できていない。

今日と明日は気温が低めとの天気予報が出ています。
昨夜、今日のデイケアに来ていく服の事で、母美代さんから問われました。
持ってきた服は通常であれば今頃に着られる七分袖のカットソー。
その、カットソーの上に何を着ていいのかが判らないと言うので、明日は涼しいのだからと、長袖丸首カットソーと夏用のカーディガンを着るように勧めました。

今朝、その勧めた服装に着替えてきたのですが、またまた変なことを言い出しました。
「オレはベスト持ってねのが?これだば首のあだりさむじゃ
(辺りが寒い)

DSC_0061


首の三角部分が布一枚になるので寒いと言う。
「ベストって袖がないのよ、カーディガンの方がいいんじゃないの?」

わがってら、このふぐは穴あいでるども、長袖だがらこれでもいいども」(わかっている)

「なら、それでいいじゃない」

「そうでね・・・おめの言うごどどオレの言うごど違う」

う~ん。
要するに、首元が寒いのでVネックではなく、丸首の服を着たい。ということのようで、少し厚手の上着を出してあげたのですが、何でそれがベストという言葉になったのか?

スポンサーリンク


「お前の言うことと自分の言うことが違う」

自分が言いたいことが言葉にならない。
頭の中では「こうだ」と解っていても、それを伝えることができない。
そして、意味のないちぐはぐなことを言ってしまう。

美代さんとの意思の疎通は難しいです。
ベストに袖がないことは判っていながらも言葉に出る。

出してあげた服を観て、
「あ~そだそだ、このふぐ持ってらった。これだばあったげ
(これならあたたかい)

極めつけの二の句
「おめがいねど、いぎでいげね」(おまえが居ないと生きていけない)

あぁ~、その言葉聞きたくない!父が生きてた頃はじっちゃんじっちゃん。亡くなったら今度はあたしかい?ソノコ(あたしの妹)と一緒!
ソノコも二言目には「パパパパ・パパに訊いてみる・パパがいないから」
いいわよね~、何でもしてくれた(る)旦那様で!
亡くなった夫もあたしに対して「お前が居ないと生きていけない」と言ってたけど、も~、どいつもこいつもいい加減にして!
「あたしあんたのママじゃーないー」(山口百恵さんの歌)

認知症で不安なのは判らなくもない。
気温・季節に則した服装ができないことも、KYなことも、気遣いができないことも、今に始まったわけではないけれど、全てが認知症で片されてしまうあたしの身にもなってよ!

迎えに来てくれたデイケアスタッフさん、
「今日は少し寒いようなので、その服で良かったですね」

ニコニコ笑顔で出かけた美代さんです。



スポンサーリンク
プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 男性はお若い女性がお好き?横断歩道の前ではご注意を。
  • 睡眠時間を増やせと言うけれど、言うほど簡単ではない。
  • 相手の都合は考えない、認知症になると電話魔になる・・・?
  • 相手の都合は考えない、認知症になると電話魔になる・・・?
  • 今季のドラマ。ベストワン・オンリーワンは、どれ?
  • 今季のドラマ。ベストワン・オンリーワンは、どれ?
  • トイレにスリッパが・・・ない! 抵抗ありますか?
  • 人生の岐路。択ばなかった道はどんなだった?
  • ポジティブとネガティブの狭間で、揺れる心はどこへ。