にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん16歳、青(せい)くん13歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。85歳、方言と訛り×軽度認知症」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

一時的な物忘れの症状?妄想?その場しのぎのいい繕い?



昨夜の晩ご飯時での出来事

あれっ?おめはご飯食べねのが?
「ん~、とね、あたしは晩ご飯は米じゃなくてビール飲んでるよね?」
そうだったが?なんで米食べねんだ?」
「ビール飲んでご飯食べるとカロリーが高くなるから、米は食べないのよ」
「そだのが」
「あたしは米の無い国でも生きていけるよ」
「ビールがあればだじゃな」
「そうだね」

この会話でドキッとした点がある。
あたしはもう何年も前から晩ご飯時にはほぼ米を食べていない。(カレーライスやピラフは別)
そのことは美代さんも知っていることだ。
これは一時的な物忘れなのか?それとも今後やって来るであろう本格的な認知症の表れなのか?

最近、トイレの水の流し忘れが頻繁にある。
曜日感覚もズレてきている。

【 例 】
  • 水の流し忘れを指摘する「水、流れていなかったよ気をつけてね」以前は「そうが、忘れでしまったな」の言葉が出ていたが、この頃は自分が入ったときにはに水も流れていないし、蓋も空いていた。という表現をする。
  • 今日が木曜日として、さっきまで木曜日と認識して会話していたのに、いきなり「あれっ?今日は水曜日が?いや、木曜だな。や違う、あれ~どっちだ?」となる。
トイレに関しては、その場しのぎのいい繕い、若しくは妄想。今後は指摘しないようにしようと思う。
曜日感覚については、カレンダーを確認させて納得してもらうようにしているが、これもいつまで保てるものなのか・・・。

わたしだけではなく、自宅介護をされている方の中には、毎日こういう事が繰り返されているのだと思う。  
美代さんはまだ軽度だが、中、重度介護をされていられる方のご苦労は察して余りある。
でも、重荷に感じたら自分も潰れてしまうだろうから、なるべく気持ちを切り替えるようにしたい。

ベランダのプランラー農園を毎日楽しみにしている美代さん。(畑で野菜作りの代わり)
今日は、二十日大根の収穫andピッコロニンジンの種蒔き。(ウインナーほどの大きさ)
プランターも増えて、現在5コ。
(土いじりを忘れたり嫌いにならないことを祈る)

収穫出来たら、美味しくいただきましょう。

DSC_0244


スポンサーリンク

じぶんを輝かせるお洒落&ポジティブシンキング


自分の身長、体重、スリーサイズ、服のサイズ。
全てを把握できている人は、どのくらいの確率でいるのか。

アラフォー長女。アラサー次女の娘を持つ、アラ還暦のあたしが感じる、お洒落や生き方についてを記しています。

★お洒落の基本は
     先ずは自分を知ることから★

 
先ずは、サイズ。
身長、体重、スリーサイズ。そして、既成のサイズ、S・M・L・LLなど。

特に身長は服選びには重要です。
例えば身長155センチのAさん
     160センチの Bさん
この5センチの差が、着衣した際のバランスの違いに出ると思うのです。
たとえ、ヒールの高い靴を選んだとしても、元々の身長差での影響はあると思います。
パンツ派、スカート派それぞれが言えることだと思います。
機会がある方は、測り直してみることをオススメします。

次に、自分に似合う色を探すことです。
似合う色は髪の色や化粧を施した顔で変わることもありますので、基本色の把握は必要かと思います。

ここ5年間での、あたしの選んできた基本色は《オレンジ》です。
特に好きな色という訳ではなかったのですが、試着してみると「何となくシックリする」というような感じです。
この、「しっくりする感じ」が「似合う色」に繋がっているように思います。

DSC_0494

膨張色に思われますが、ボトムス(パンツ・スカート等)に選ぶ色で印象が変わります。

DSC_0496


DSC_0495


あたしは、ファッション誌はほとんど買いません。
ファッション誌を否定しいる訳ではなく、美容室での待ち時間やむすめ達の購入してしているファッション誌は、たまにチラ見で参考にさせてもらっています。

でも、庶民のあたしが一番に参考にしているのは、商業施設などでの買い物時に見かける同世代と思われる女性や、ワイドショー、ニュースなどで街頭インタビューされている女性たちです。
素人目線のあたしからでも「上下バランスはどうなの?」とか「このおかあさんの色使い素敵」など。
実際に動いている姿を観ることが、とても参考になります。

自分の体形を気にして、いつも同じようなデザインになっていたり、好きだからと言って同じ色調のものばかりを選んだりしていませんか?
アラフォー長女の言葉を借りると
「好きな色イコール似合う色には限らず」「自分の年齢マイナス5~10」
この様に思いながらの服選びが丁度良い、なのだそうです。

スポンサーリンク



若い頃は存在だけで輝きを放てられたと思いますが、年齢を重ねるとともに自力発光は厳しくなりつつあります。
自分が思う以上の明るめの色を身に着けることで、華やかさも加えられると思われます。

★何かにトラしてみる★
  • 今まで避けていた色やデザインの服を着てみる。
  • 行ったことのない場所へ行ってみる。
  • 食べたことのない料理を注文する。
  • 興味のある事を習得する。etc.
何かにトライしてみることで、思いがけない自分を発見できるかもしれません。
(仮に失敗だと思ったら元に戻ればいいだけのこと。やらない後悔よりやっての後悔のほうがお得だと思います。だって、やってみなければわからないのですから)

「ポジティブシンキング」の言葉がありますが、あたしもこの言葉に触発された一人です。
(悲しく苦しくやりきれなくて、泣いて笑って後悔しても、人には必ず訪れるものがある)
鏡に映し出された自分の姿、疲れ切った顔。このままでいいの?
いやいや違う。じゃ、何をしたいの?これからの人生をどうやって生きたいの?を考えたとき、
「そう言えば久しくお洒落していないな~」「これまでしなかったこと、できなかったこと、いろいろやってみたいな」そう思うようになったのです。

「ポジティブシンキング」「今日より若い日はない」
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+; ☆;+;。・゚・。;+;☆;+

そう、今日より若い日はないのです!
前向きの姿勢で、力いっぱい進みましょう。

(小学生時代の恩師の言葉より)

お読み頂きありがとうございました。


スポンサーリンク

芸能界はショートヘアーブーム?


ショートカット、憧れます。

芸能界でショートカットと言えば、あたしの中では断然「樋口可南子」さん!
もう何年も同じスタイルですね。
大河ドラマ「篤姫」で宮崎あおいさん演じる篤姫の生母役を好演されていた樋口さんですが、時代劇ではショートヘアーでのかつらの装着は、素人目には技術を要するのだろうな?と思うのですが、違和感なくとても自然に見えました。

個人的な想いですが、ショートの似合う女性は基本美人。 


最近では、中谷美紀さん
     長澤まさみさん
     木村佳乃さん
     木村文乃さん 等々。
一気にショートにされましたね。とてもお似合いだと思っています。

~48、~46(他は浮かばない・・・年かな?)お若い方はみな同じような髪形で個性に欠ける?ように思うのですが、その中で篠田麻里子さんは卒業した現在でもショートを貫いているようですね。


流行に捕らわれず何年もロングにされている女優さんもいらっしゃいますね。
梶芽衣子
萬田久子さん
浅野ゆう子さん
仲間由紀恵さん 等々。

ずっとロングにされているのには、各々の拘りがあるように思います。
かく言うあたしも、20年ほど前からずっとショートボブにしていたのですが、昨年の3月頃から伸ばし始め7月からは軽いウエーブパーマにしています。

伸ばし始めた理由は・・・まぁ、簡単に言えば飽きた。
ショートにしなかったのは切った瞬間に後悔する!と思ったことです。

DSC_0240-2


後ろ姿は若いお姉さん(言い過ぎです、笑)
前から見たらアラ還オバサン・・・気持ちはもう少し若いのです。
まぁ、似合う似合わないは置いといて、飽きたら前の髪型に戻すかもしれません。


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • トイレにペーパーがなかったら、あなたならどうする・・・?
  • 猫の毛が付きにくいタイツ、Ⅱ
  • お金がなくなった!いつの間に・・・?
  • 腹が減ったらお菓子を食べる?間食は敵だよ!
  • 健康のバロメーター・・・休肝日は必要かしら?
  • 生きるための目標・・・何もね。ダイエットへの道
  • 喪中はがきに想う、親の年齢と心の準備
  • 寝坊した・・・冬眠中のクマと同じ・・・?栄養は十分ヨ
  • 軽度認知症の母に対する、ズルい娘の思惑