にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん16歳、青(せい)くん13歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。86歳、方言と訛り×軽度認知症」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

親子・姉妹・上司と部下?20歳差の親子はどの様に観える?

今朝TVで、お笑いタレント?の平野ノラさんと女優の広瀬すずさんの、たぶん清涼飲料水?のCMを観た。
年齢が、40歳と20歳と記されていた。
・・・20歳の違いは、ああいう風に観えるんだな~・・・

あたしは20歳で長女を出産している。
出産後、見舞いに来てくれた叔母たちは、
「こどもがこどもを産んだ。良くこどもの作り方を知っていたもんだ!」

本心だとは思うが、開口一番は「おめでとう」の言葉ではないのか・・・。
今でもハッキリと憶えている。

そういう叔母とて、18~19歳で出産しているではないか!
仮に今言われたらその場で言い返すのだが、当時のあたしにはそんなことを言えるほどの余裕はなかった。

スポンサーリンク


長女ユカが中学1年のとき、授業参観後に廊下で娘を待っていたあたしを、教室の戸を開け数名の女生徒に「家政婦はみた」状態で覗かれているのがわかった。
「若~い、ユカちゃんのお母さんだって」

声が聞こえてきた。
・・・そりゃあ若いわよ、33歳だもの・・・
少しだけ優越感に浸っていた(笑)

工場勤めをしたいた頃、40歳前半だったか・・・。
当時あたしの5歳上の同僚の娘さんがおめでたとなり、
「生まれた孫と一緒に歩き、『こども?孫?どっちなの?』と言われるのがあたしの夢なのよ」

こんなことを語っていた。
これは、暗に自分が若いと言ってるのだと思ったあたしは、
「そうだね、楽しみだね・・・」

こういう応えとなってしまった。


ユカが成人してからは、一緒に歩くと、振り向かれることが多くなった。
どの様に映っていたのかは定かではないが・・・。

ファミレスなどで、会計時には必ずと言ってよいほど訊かれていたのが、
「お会計は別々ですか?」

あ、いえ一緒です

店を出てから娘と顔を見合わせ、
「どんな風に観えていたんだろね・・・?」

「だね。たぶん・・・職場の上司と部下みたいな感じじゃない?」


58歳の母親と、38歳・33歳のむすめ達。
今は普通に親子として見られる(当たり前だが、笑)

あたしは55歳でお祖母ちゃんとなった。
世間一般では、遅いのか早いのかは判らないが、少なくとも派手なお祖母ちゃんであることは明らかだ。

たまにかけてくる次女からの電話の向こうで、
「あーちゃん?」

の、声が聞こえてくる。
3歳児の孫(怪獣くん)は、あたしを呼ぶときは「あーちゃん」。

今年のGWは10日間の休みとなるようだが、次女の歯科医院は中2日は診療日となるとのこと。
怪獣くんの子守りの依頼がきている。
たまに会う、派手なお祖母ちゃんは怪獣くんの世話ができるのか?
戦々恐々としている(笑)

DSC_0282-2

   昨年のGW中の写真です

お洒落は誰のためでもない、自分のため。
「自分が生きていくうえで、欠かせないもの」そう、位置付けている。

「そういえば・・・おれの祖母ちゃんて派手な人だったよな~」
こんな記憶が孫の中に残ってくれたら最高だ!

人生は一度きり。
介護は永遠ではない。いつか終わりの日が来る。

自分をしっかり持っていたいと思う。


スポンサーリンク

お風呂ですることは何?記憶が曖昧になるまだらボケの母

入浴時の順序を忘れる。

「次は何?」と何度も訊いて来るようになりました。

昨夜は、下着シャツを着たまま入ろうとし、気づくのを待っていましたが、自分で気づいてくれたのでよかったぁとは思うも、今後はこのようなことが増えるのでしょうね・・・。

スポンサーリンク


母が入浴中、あたしは母の後ろに控えています。

できるところまでは自分で洗わせ、手が届かない背中やお尻、シャンプーはあたしの仕事。
掛け湯も、桶を持つ手が胸より上に上げることができないので、あたしの仕事。
全てを洗い、上がり湯として浴槽に浸かり終了なのですが、上がり湯の前のことが飛んでいるようで、浴槽から出てからの一言が、
「次、何するのだ?」

「美代さん身体洗ったよね?自分では洗っていないと思ってるの?身体を拭くんだよ」

「洗ったけが・・・?」

このようなことが、毎回起きています。

皆さんも同じだと思うのですが、入浴中の順番はだいたいが同じで、今日はこのやり方・明日はこのやり方。などと変わるものではないと思うのです。

でも、認知症となると、そのいつもしていることができなくなるのです。
その都度、次は何するんだ?の連続です

「ホントに憶えていないの?」

「おべでね・・・年取ればおめもこうなるんだ・・・」

年を取ればあたしも母のようになる・・・。
う~ん・・・できればなりたくない!

身体が温まり気持ちいい~、となると、記憶もホンワカしてしまうのでしょうかねぇ。


c4b429899104946ae463f24e999365ae_s

今朝の迎えの時間は9時10分頃との連絡。
いつものように、しっかりと母に伝えました。

9時を少し回った頃にチャイム音。
母美代さん、
「お、予定通りの時間だな!」

10分の差は大きいと思うのですが、母には予定通りの感覚・・・。
いいえ、聞いた時間が9時と置き換えられたか、聞いたことさえ忘れたか。

迎えのスタッフさん、
「少し早く着いてしまいましたが、大丈夫ですか?」

聞いているのかいないのか、
「おはようございます、行ってきます」

そう言えば、いつも出る言葉「おっかね」が、出ませんでした。
今日の体調は良好のようです。



ズボラなあたしは、ロングヘアー派

8ヶ月ぶりにカットしてきました。加えてパーマも掛けました。


DSC_0890

DSC_0893


あまり変わらないように観えますが、傷んでいた毛先5~6センチほどのカットです。

母美代さんと暮らす前から、セミロングでしたが、一緒に暮らすようになり更に伸ばすようになりました。

ショートも楽でしたが、寝ぐせ直しのセットに時間を掛けるのが面倒でしたので、徐々に伸ばすようになり、セミロングに。そして気が付けばロングになっていました。

若い頃、と言っても20~30代の前半の頃ですが、ソバージュが流行っていました。あたしもその流行に乗り、ムースやワックスでお洒落を楽しんでいた時期もありました。

今、髪型をロングにしているのはお洒落の為ではなく、単に楽だからなのです。
ショートのときも楽でしたが、ドライヤーをかけずに寝ると、翌日の寝ぐせ直しがまぁ大変でしたので、今のロングの方が気楽なのです。邪魔だと思えば結えばよいのですから。
まぁ、あくまでも個人の意見ですが。

TVに映るロングヘアーの女性を観ると「わぁ~、長い~」と思っていましたが、こうして写真にすると、あたしもまぁまぁの長さでしたね(笑)

冬の時期は乾燥で静電気が起き、対策はワックスがいいよと、長女に教えられましたが、基本ズボラなあたしは、特に気にもせず結っていました(笑)

スポンサーリンク


母美代さんの進行の度合いが、ミリ単位からセンチ単位となっているように感じています。
色々なことが出始めています。

今後は、美代さんに係る時間も増えていくことでしょう。
それでも、自分にできる範囲でのお洒落はしていきたい、そう思っています。



プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • もしかしてプレ更年期障害?親と娘の狭間で、神経もつの?
  • 自己分析「人は悪くないけど、口は悪い」
  • 味覚は人それぞれ。パートⅡ。
  • いい加減・いい塩梅。味覚は人それぞれですが・・・。
  • 過活動膀胱・切迫性尿失禁。親の失禁を目の当たりにする。
  • 「たまには親孝行しろ!」あたしは冷たい娘のようで・・・。
  • 黒白猫のタンゴ( ^ω^)気まぐれも魅力のひとつ。
  • 黒白猫のタンゴ( ^ω^)気まぐれも魅力のひとつ。
  • 黒白猫のタンゴ( ^ω^)気まぐれも魅力のひとつ。