にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん16歳、青(せい)くん13歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。85歳、方言と訛り×軽度認知症」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

お墓の形や、墓参りの仕方が、変わってきている・・・?

盆にて帰省中。

【今日は迎え盆】

そこで、お墓やお参りの仕方について記してみました。

 1. 増えているデザイン墓

 2. 選ばれる理由

 3. 地域で異なるお参り

 4. おまけのスリーショットと墓じまい


昼前にお墓参りしてきました。
お墓の掃除は、先週むすめ達が済ませてくれています。

お墓は曹洞宗のお寺の敷地内。

【増えているデザイン墓】
墓石店を経営する友人がいたので、最近の流行などを訊き、
お洒落で新しもの好きな父のために、白い洋型墓(デザイン模)を建立しています。

「〇〇家」とか、「先祖代々の墓」ではなく
『感謝』の言葉を刻んでいます。

最近は我が家のような洋型墓に『永遠に』『ありがとう』
などの言葉や『花の絵』を入れる墓が増えつつあるようです。

父には感謝してもしきれないほどの想いがあり、妹夫婦を始め家族全員の許可を得てこの墓と言葉を選びました。

【選ばれる理由】
デザイン墓は、故人の好きだったスポーツや嗜好品などの形にしたり、好きな言葉を自由に入れることができるからのようです。

例えばサッカー好きなら、ボールを脇に添える。
お酒が好きなら、瓶やグラスを模ったものを添える。
そして、我が家のように「言葉」を入れる。などです。

これも時代の流れとは思いますが、お墓は永久に残るものなので、故人の想いはもちろんですが親族の方々でのしっかりとした話し合いをされることが必要かと思われます。

ところで、あたしの車ですがガソリンメーターの所に
外気温度計がついているのです。

家を出た際の温度は34℃だったのですが、
お墓の駐車場に着いた歳の温度は37℃になりました。

毎年お墓に来ると何故こんなにも暑く感じるのだろうと
思っていましたが、
お線香やろうそくの火を灯すことで3℃も上がるようなのです。

【地域で異なるお参り】
お墓参りも、地方や地域によって作法や流儀があると思います。

あたしの地域では、13日の迎え盆から16日の
送り盆までの4日間、毎日お参りします。

迎え盆の13日と、送り盆の16日は分かるのですが、中2日については、母に訊いても「昔からの慣わしだから」との理由で詳しくは知り得ませんでした。

ただ、それも生きている人が優先されることで、強制ではないようです。
現に、長女は仕事で15日のみのお参りでした。

そしてお供え物は必ず持ち帰ります。
カラスが餌とし、食べ散らかしを防ぐためです。

でも、皆さんが守るわけではないようで、中には綺麗にそのまま残
しておかれる方もいらっしゃるのです。
故人がひもじい思いをしないようにとのお気持ちは分かるのですが、
お盆行事のバラエティー番組の中で、各宗派の住職様方も、
【お墓参りでのお供え物は持ち帰る】ことを勧めているようです。

これも、環境問題の一環としてのことなのでしょう。


【おまけのスリーショットと墓じまい】
お孫ちゃまとにゃんズの、ほのぼのスリーショット写真が撮れました。
3人でお昼寝中です。
桐ちゃんは、ちゃっかり孫の足を枕にしています。


DSC_0457-2


お孫ちゃま、只今2歳7ヶ月。
あたしは、プチストーカーされています。
たまにやって来る、派手なばーちゃんが珍しいのかもしれません。
言葉の数も増え会話が成り立ち、楽しいです。

この子が成人し結婚する頃、我が家のお墓は次女により、
【墓じまい】の準備をすることになるのでしょう。

関連記事 
(守り人がいなくなることに因る墓じまいこちらからどうぞ)

これもまた、時代の流れなのだと思います。

墓石、お墓事情、土地や守り人などいろいろと考える年代となりました。

スポンサーリンク

渋滞時の走行と、長時間走行時の体調管理について

18年間、GW,お盆、お正月と年最低3回東北道を利用してきました。
(東北道下り線は、宇都宮インターから先は2車線、カーブが多いです)

8月11、12日の混雑予想は知っていましたので覚悟はしていましたが、久々に疲れました。

朝5時45分帰省のため、岩手に向けて母、にゃんズを載せての出発。

実家まで510キロ、順調に行けば、休憩3回を入れても7~8時間ですが、今回はトイレ休憩3回の40分を合わせて14時間30分。(母、美代さんのトイレ時間は老人故に長いです。昨日は最低限の水分摂取)

昔、余裕がなくて下道(一般道)を往復したことがありますが、その時でさえ12時間ちょっとでしたので、高速料金を払いおまけに長時間の長旅になった今回の帰省。
今回のお盆、金曜日に用事があったので、土曜日帰省はやむなくでしたが、余裕のある方は日程の調整をお勧めします。

スポンサーリンク



ところで、今回に限らず高速道の渋滞時における走行の仕方を御存じでしょうか。
ある情報番組で解説していた2点と、あたしの経験上の、
上り坂及び下り坂走行についてを記します。

【1】 車間距離とブレーキ

【2】 左車線走行

【上り坂走行注意点】

【下り坂走行注意点】



【1】 車間距離とブレーキ

頻繁にブレーキを踏むことが渋滞に繋がるので、前の車が発進しても、つられてすぐに発進するのではなく、ある程度車間距離を開けて発進する。
そうすることによって、近づき過ぎずブレーキを踏む回数が減ります。
車間距離を保っての追従走行が理想のようです。

【2】 左車線走行

渋滞が発生すると誰もが「早く先に行きたい」と考えるようで、多くの人が追越車線の方が早く進むだろうと思い込み、多くの車が追い越し車線に割り込んできます。
それにより、必然的に追い越し車線に流れてくる車が多くなり、左車線よりも交通量が増え、流れが悪くなっていきます。

あたしも、ついつい追越車線に入り結局後続車のほうが先に進んでいく、ということがあるのですが、覚えておきたいポイントです。

車間距離を開けることで、割り込みを気にされる方がいらっしゃるかと思いますが、状況は皆同じなのですから、渋滞時には気持ちをおおらかにすることが肝要かと思います。

渋滞時にはこの左車線走行を、一度実践されてみてはいかがでしょうか。
たぶん、『目からうろこ』ですよ。


そして、これは渋滞時には限りませんが、
【上り坂での自然減速に注意する】
スピードメーターを確認してくださいね。自然とダウンしていることが多いです(東北道は登坂車線が多いのですが、緩い上り坂のときは標識のみです)
例えば、100キロで順調に走行していたとして、緩い上り坂にきて前の車のスピードがダウンすることにより、後続車は止む無くブレーキを踏むことになる。
そして、これにより渋滞に繋がることもあります。

【下り坂走行での速度の安定】
下り坂ではなるべくブレーキを踏まず、速度を安定させる。(経験上、下り坂でブレーキを踏まれると、とても恐怖を感じます)
スピードが加速されカーブにより『G』(遠心力)もかかります。アクセルの踏み過ぎに注意が必要です。

ときどき、前が詰まってもいないのに、いきなりブレーキを踏む方がいらっしゃるのですが、何故なのでしょうか。まさか携帯を観ている。それは違反行為ですね。
ご自分だけではなく、周りの方がたにも危険が及びます。ご注意ください。



DSC_0436-2


今回購入した5万3千キロ走行の中古車です。

前回のオーナー様はお若い女性とのことで、内装は綺麗にお使い頂いたようでした。
アイドリングストップ付きの車は初めてで、けっこう緊張しての走行だったのですが、行きの渋滞により、エコ運転だったことと、ブレーキをなるべく踏まない走行を心掛けていたので、到着時には「ナビ」から褒められました。
これも初めての経験でした(笑)
整備や点検を怠らず10万キロ以上は乗りたいと考えています。

今回のロングドライブの長時間姿勢で、感じたこと。
長時間座っていることで、とにかくお尻が痛い!
おまけに車から降りて、地面に足が着いているのにフラフラと揺れ浮いているような感覚。

母には、窮屈な姿勢での、エコノミー症候群にもかなり気を遣いました。
座ったままでもできる脚や足首の上下運動、腕の上げ下ろし更には首の上下左右回しなどをさせていました。

今回の長旅で母さんから出た言葉。
「おめも運転疲れるべ・・・正月の帰省はやめるが・・・」

「そうだねぇ・・・少し考えてみようか。なんと言っても寒いしね」

85歳の母、余程の疲れを感じたようです。
そして、尿漏れに関しては水分を控えたことと、座っている時間が長かったことで左程気にならなかったようです。

皆様も、くれぐれも安全運転を心掛け下さい。

スポンサーリンク

12年間お世話になった愛車とのお別れ

今日、愛車とのお別れをしました。


DSC_0456



12年間、本当にお世話になった車です。


『ムーブラテ』、ありがとうございました。


(詳しいことは8/6付け「認知症と水分摂取」に記しています)



プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • ぬりかべ~、つつくとポロポロ剥がれる化粧・・・?
  • 認知症は、いきなり進行するのでしょうか?母の様子が変。
  • 軽度認知症、日付と曜日が分からなくなる。今日は何曜日?
  • 「老いては子に従え」100均で見つけたピルケースを購入
  • 「老いては子に従え」100均で見つけたピルケースを購入
  • 軽度認知症の母、薬の種類が増えパニックになる。
  • 炬燵は、お猫様専用スペース。
  • 炬燵は、お猫様専用スペース。
  • 炬燵は、お猫様専用スペース。