にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん15歳、青(せい)くん13歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。85歳、方言と訛り×軽度認知症」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

かかとケア、していますか?(後ろ姿にご用心)



午前中、歯科検診に行ってきました。

診察待ちの数分の出来事。

診察室から出てきた20代とお見受けする女性の足元がチラッと見えた。
ピンクのペディキュア素足に9㎝ほどの黒のピンヒールサンダル。

会計からの呼び出し
「〇〇さ~ん」
「は~い」


あたしが座っていた前が丁度会計場所で、すっと前に立った。
ロングカーディガンの下からスキニーパンツが見えて
「細ッ」
て、思ったそのあとに
「あ~(T_T)」

彼女のかかと、お手入れなしのガッサガサ。

キレイなメイク、爪のお手入れも完璧、でもね~あのかかとではどんなにお洒落をしていても

 残 念 の一言です。

後ろ姿って、案外見られてるものなのですよ!


これからの季節、あたしも含め女性は素足になる機会が増えてきますね。
ムダ毛処理も大事ですが、入浴の際にほんの少しだけ、かかとケアに費やす時間を設けてみてはいかがですか?
(ストッキングの伝線予防も兼ねてね)

「めんどくさ~い」

なんて思ったら お ん な を捨てていることですよ!

見えない部分のお洒落などと言いますが、かかとは十分見えていますからね。


いくつになっても、女性としてのお洒落心は捨てないように致しましょ。

アラ還オバサンからのメッセージです。



美代さんの勉強、本気のようです



児童向け図書、大正解

3冊借りた児童向け図書ですが、完読は1冊でした。

漢字練習しながら読んでいたようでしたが、ルビが多すぎて読みにくいと言ってました。
内容はほとんど覚えていないと言ってますが、字の練習になっただけでも良かったです。

前回を踏まえて、今回は1冊のみ借りてきました。
ルビ数は少なめです。
指を添えてゆっくり読んで漢字練習もしています。内容も面白いと言っています。


先日、美容院で週刊誌を開いていたら、瀬戸内寂聴さんの秘書の方の記事が目に留まりましたが、その中で気になったのことがひとつ。

長く字に携さわっておられる寂聴さんでも、お年のせいなのでしょうね漢字を忘れて秘書の方に聞いたりすることが増えているそうです。

恥ずかしながらあたくしも、いつも使っている字の点が付く付かないかを「?」と思う時があります。
字は書かないと忘れてしまいますね。

ブログの中では読みやすいように敢えて漢字を使わなかったりしていますが、調べ物をしているときはノートとペンは必需品です。
(あたしもがんばろ)



🌸美代さんの散歩コースの桜、
   八重桜なのでは?と思います。🌸


DSC_0258


 花びらがひらひらと舞い敷き詰められ、ピンクの絨毯のように綺麗で、踏みつぶすのが勿体ない気持ちになりました。

美代さんは、ソメイヨシノよりも八重桜のほうがお気に入りのようです。

そう言えば、桜前線は今はどの辺りまで北上しているのでしょうね?

今週末は気温も上昇するようなので、北国でも一気に開花するかもしれませんね。

スポンサーリンク

知りたいという意欲が人生を向上させる・・・


 
□■□■□■□■□美代さん、
      勉強に目覚める□■□■□■□■□



貧乏人の子だくさん。弟妹の世話で、まともに小学校に通えたのは2年生まで。
あまりにも言葉を知らなすぎるので、図書館から児童向け図書を借りてきた。(ルビ付き3冊)

DSC_0256

だが、借りてきたはいいが、スラスラ読めるわけでもなく指差ししながら一字ごとにゆっくり。
挙句、面倒くさくなったのか、途中で放り出す始末。(二日ほど置きっぱなし)
「読まないなら返却するよ!」
「いいよ」
「じゃ、明日返しに行から」

しばらくして、本を広げ始め
「やっぱり返すな!もう少し読んでみるじゃ」
「あ、そう」

その後、何を思ったのかノートに何かを書き始めて
「漢字、読めるども書げねがら漢字練習してみるじゃ」
「w(゚o゚)w オオー! じゃ、漢字練習帳買ってこようか?」

早速買ってきました。

「全部読み終えたの?」
「いや、読みながら書いでる。そのほうが覚えるべ」
「ほ~(^∀^)いいことだね」

「鉄塔て何だ?鉄橋ならわがるども」
「あぁ、三角の鉄で出来てて電線が繋がってるの見たことない?ほら、ああいうのだよ」
窓から見えるところにあったので、理解したみたい。

DSC_0255

「あまり根を詰めると疲れるし嫌になっちゃうから、程々にしてね」
「そだな」


『人生死ぬまで勉強』
(何方かのお言葉だったような・・・)

耳の聞こえも悪くなってきているので、大きな声でゆっくりと話すようにしているが、如何せん言葉も意味も知らない。
(母の人生の中では必要最小限の言葉で十分だった)

たとえ話を入れ、かみ砕いての説明。
まぁ、あたしの勉強にもなっているので善ということですね。

(※ただ、学ぶ気持ちが飽きずにいつまで続くのか?・・・です)

物忘れの症状は少しづつ進んいますが、何かを始めるのに遅いということはないと思います。

プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 性格の不一致。ケアマネさんさんからの提案。
  • 食べることが大好きなのに
  • 食べることが大好きなのに
  • 食べることが大好きなのに
  • 認知症?貧乏性?ズボラな性格?相変わらずの母
  • 男性の丸首シャツから思う(想う)こと
  • ズボン下と室内履き。身体は慣れる。
  • 100均で購入「ミニリース」
  • 100均で購入「ミニリース」