にゃんズの母

「老猫、桐ちゃん18歳、青(せい)くん16歳」「あたし、お洒落大好き還暦過ぎたおんな」「母、88歳。方言と訛り×認知症要介護3で、田んぼの観える特別養護老人ホームに入居」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして・・・なのですが、母が特養に入所しケンカ相手が居なくなり少々寂しくも感じています。 人生一度きり。前向きに生きるためのブログです。

死と向き合う 葬儀を出すということ・・・

2021.9.10(金)

今日は朝から青空が観え、気持の良い日となっています。
只今の室温は30度。
窓をから入ってくる風が、心地よく感じます。

DSC_1609

     カーテンの中で風を受けている青くん
     
今朝の情報番組で女優の大和田美帆さんが、お母様である故岡江久美子さんについてインタビューを受けていました。
岡江さんは昨年の4月に、新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなられています。
インタビューの受答えの中で気になった言葉がありました。

「どこかで生きているのではないかと想うことがありました。それは、看取りやお葬式をしなかったから。ちゃんとお別れができていないから、そう思ってしまうのかもしれない」


亡くなられた岡江さんが、遺骨となって夫である大和田獏さんの胸に納められたたシーンは、わたしも強く印象に残っていますが、訳の分からない病気に襲われ、看取りもできず火葬に立ち会うこともできず、それが妻の母親の遺骨と言われても、遺族はすぐには納得できなかったのではないでしょうか。

病室に入ることも看取りに立ち会うこともできず、お葬式を出すことも憚られるコロナ禍。
岡江さんに限らず、コロナでお亡くなりになられた方のご家族は、皆さん辛い想いをされているのだと思います。


12年前に父と夫を立て続けに亡くし、葬儀の準備や慌ただしさに加え、親類縁者のお世話までしなければならずで、悲しみに浸ることもできないままに進められていた。

・・・人が亡くなるとこんなにも煩わしいことになるんだ・・・

特に、本家の顔色を窺い何事もなく・滞りなく済むことだけを考えていた。

葬儀って何・・・
亡くなった人を惜しみ哀しむためにあるんじゃないの・・・
なぜこんなにも、親類縁者に気を遣わなければならないの・・・


コロナ禍もあるが、最近では小さなお葬式が流行っているようだ。
午前中に玄関チャイムが鳴り、出てみると互助会で小さなお葬式を薦めている者ですと。
積立もあるので、パンフレットを差し上げますと言われたが、お断りした。

「わたしの実家は岩手の片田舎ですが、地域に独占企業の葬儀社があり、そこを使うことになっているので」

間違ってはいない。
父と夫の葬儀は、その葬儀社に頼んでいた。
でも、母美代さんは今は埼玉県にある特養に居る。
看取りは行っていないので、もしもの時には近隣の病院に運び込まれることになるだろう。

美代さんが亡くなったら、実家の葬儀社に依頼することは今の所は考えていない。古河で、わたしとむすめ達だけで見送ることを考えている。
美代さんの弟妹にもそのことを伝えているし、それで良いとも言われている。

葬儀は、亡くなった者と遺された者とが最後のお別れをする場・・・。

11369449624379fbf4a20747a2c61830_s


「じっちゃ、どごで何しているんだがな・・・」

父が亡くなったことを理解していない美代さん。
観えていないけれど、案外ずっと美代さんの傍にいるのかもしれない。

岡江さんも、家族の傍で見守っているのではないか・・・そう思いたい。

ps
岡江さんの命日に、音楽葬を執り行っているようです。


お読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


ワクチン接種の予約が取れない娘を気遣う、おバカな母親

2021.9.9(木)

緊急事態宣言が今月いっぱいまで続くことになり、母美代さんの面会ができる日が来るのかを、変に気にしている鬼と悪魔と時々天使?のわたしです。

DSC_1604

岩手に住む長女と次女の夫・婿殿の、ワクチン接種の予約がなかなか取れないようです。
県のホームページを見ると、毎週予約日と予約時間、接種日が決まっており、娘曰く「秒で予約不可」になるのだそうです。

47都道府県で、感染者0を最後まで頑張った県ですが、今では住む街にも感染者が出ているようです。
自治体により、やり方は違うのでしょうけれど、親としてはなんとかならないものかと心配になり、県をまたいで越境接種ができないものか・・・などと、おバカな考えを持ってしまいます(苦笑)

2回の接種が完了しても感染リスクが0になる訳ではないですが、重症化は防げるようです。
だとしても、肺炎を経験しているわたしとしては、あの辛さの何倍・何十倍もの辛さ・苦しさになることを想像すると、一日でも早く接種してもらえることを願うばかりです。

DSC_1605

後遺症に関してTVで色いろと観ますが、中には頭髪の脱毛で悩んでいる若い女性もいました。
髪は女の命(古いか)などと言われた頃もありますが、哀しいことだと思います。

最近ではミュー株なる物が話題になっていますが、ウイルスは今後も変異を繰り返しながら生き続けるのでしょうか。だとしたら完全に封じ込めることはできなくなり、インフルエンザの様なワクチン接種のやり方になるのでしょうか。
コロナワクチン接種の副反応を経験している者にとっては、毎年あの辛さを経験することになるのかと想うと、気持が萎えます。

TVの情報番組で、日本製のワクチンやコロナ自体に効く薬も開発されているいるという内容も観ましたが、願わくば副反応のない(少ない)薬が開発されてほしいと想ってしまいます(苦笑)

一人ひとりが、感染しない・させないを心掛け、
自分を・大切な人を守る行動を、これからも続けていきましょう。


お読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


食べることが生きがい?長生きの秘訣は・・・

2021.9.8(水)

昨日の※出張買取は玄関先でしてもらいました。
査定してもらったものは紙幣や硬貨だったので、広い場所が必要ではないことと、知らない人間を室内に入れることに抵抗があったからです。
※何も売れませんでしたが。

DSC_1590

わが家のにゃんズ「桐と青」
御年18歳と16歳の、バリバリのババ・ジジニャンコなのですが、性格は正反対で、桐は好奇心旺盛で千客万来。TVに映る動物にも興味を示します。
対して青は身体は大きいのですがノミの心臓で、来るものは拒み去る者は「早く行って」のコ(苦笑)

昨日も桐は「いらっしゃい、あそぼ❤」で、ぐんぐん近寄っていきました。
世の中、猫好きな人ばかりではなく、もしも嫌いな人だったら迷惑になると思っていたのですが、査定してくださった女性(例えばSさんとしましょ)は、桐を見るなりに

「あら、ネコちゃんがいるんですね。わたしもネコを飼っているんですよ。何歳なんですか?」

「18歳です」

「すごい長生きですね」

そう。18歳はどこで訊かれてもかなり驚かれる年齢です。


何とかしてSさんの傍に行こうとする桐を手でガードしていたわたしに腹を立てた?桐は、いつものように捨て台詞とも思える声「ウゥ~ッ」を発し、階段をタンタンと駆け上がりました。
その姿を観たSさんは、

「元気ですね~」


桐は、今年の誕生日(12月)で19歳になります。
人間年齢に換算すると92歳で、元気なネコは珍しいとあります。
そんな桐でも、慢性腎不全に因る尿毒症で、生死の分かれ目を彷徨ったことが2~3度あり、その都度入院加療で現在に至っています。

桐は一般的なネコが食べないような物を食べます。
例えば、玉子焼き。それから甘ーいクリームやアイス。
5~6歳の頃には納豆を食べたこともありました(゚∇゚ ;)エッ!?

先天性の猫ヘルペスで、いつも風邪ひき状態で鼻水とクシャミ。
結膜と瞬膜が癒着している為常に涙目で、食べているときは、涙がぽとぽと落ちてきます。
仔猫の頃から涙も鼻水も拭かれていたので、顔を触られることに抵抗はがないので助かりますが。

10歳のときだったと思います。
腎臓病で入院した際に、長くても2~3年でしょう。と言われていましたが、あれから8年が過ぎ年寄りなりに元気でいてくれています。
あの辺りから桐に食べさせたのがお刺身。
ネットで、マグロの赤身はアンチエイジング効果があると知り、何となく食べさせてみようとブツ切りを買ってきて、小さく桐の一口サイズに切って与えていました。

お刺身に長生きの効果があるのかは判りませんが、完全室内猫で居ることがとても大きな要因だと思います。
外に出ることがないので、事故に遭うことや他の猫との接触で病気になることも少なくて済むことで、長生きに繋がっているのだと想うのです。

DSC_1603

以前、「猫に甘いものは必要ありません」
かかりつけ動物病院で医師から注意を受け、心を鬼にして食べさせずにいましたが、ダメですね~。
あのつぶらな瞳と前脚でチョンチョン。そして「ウニャ~ン」の鳴き声にはついつい負けてしまいます('A`|||)
ネコ好きさんと、ネコを飼っている人なら解ると思いますが、そう、桐はとってもお喋りな猫なのです。


今日も「ウニャ~ン」の甘えに負けていますが、最近思うことは、美代さんではないですが食べられる内は生きられるということ。
人も動物も食べられなくなったら死に近づく。

桐は食欲旺盛で、青くんが残したお刺身もきれいに食べ、それでもお代わりをします。
医師からは、ボケが始まり食べたことを忘れて催促するのでしょうと言われました。
そうかもしれませんが、食べられなくなったら終わりなので我慢はさせません。それに、これからは痩せることはあっても太ることはないでしょうとも言われているので、とにかく痩せないようにと心掛けています。

ふたり共、それぞれの場所で寝ています。
寝ている時間は、16歳の青くんの方が長くなりました。

ババ・ジジにゃんズの「桐と青」
今日も穏やかに元気です。



人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 肩こりには、孫の手よりも娘の手?
  • お墓と仏壇 必要なのは?
  • 負担限度額の変更で、年金では賄えなくなる?
  • 長寿の秘訣・・・ウーン、難しい
  • 子ども達の笑顔が、一日でも早く取り戻せることを願って
  • 骨粗鬆症の薬、いつまで必要・・・?
  • 施設に面会に行くのは家族の義務?
  • ポジティブに生きるために、底まで落ち込む
  • 孤独感・疎外感・・小心者・・・がんじがらめ