にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん16歳、青(せい)くん13歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。86歳、方言と訛り×軽度認知症」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

好物は、誰に勧められなくても食べる。当たり前・・・?

昨日は木曜日。
午後はパソコン教室です。

美代さんの朝食終了は10時頃で、食べ終わるとコックリ・コックリ。
起こそうか迷ったのですが、声掛けで例の如く驚かれるのも嫌なので、自然に起きるまでほっといたのですが、10分ほどで起き、その後薬を飲んでいつのまにか、自室へ。

朝食兼昼食を、11時半頃に食べ終わったあたしは、片付けと教室へ行く準備。
部屋から出てきた美代さん。
「寝でらった」(寝ていた)

「みたいね。あたしは出かけるよ、昼食は何食べる?」

「あるもの食べる」

「そう、美代さんのコーナーにちゃんとあるから、好きな物食べて」

冷蔵庫の一角に美代さん用にコーナーを設け、そのまま食べられる&チンして食べる物を用意しています。

スポンサーリンク


帰宅後、調理台の上にアイスコーヒーが、ポツン。
美代さんは居間で、りんごと包丁を手にしていました。
コーヒーは、作ったまではいいのですが、りんごに気を取られ忘れていたようです。
そして、果物用のナイフもあるのですが、引き出しから取ることが面倒!=包丁で良い!と。

昼食は何を食べたかと訊くと、なかなか思い出せない。
やっとのことで思い出したのは、「美味しくないおにぎり」と。
おにぎりを作っておいた覚えはないのですが、教室に行く前に、冷凍室へ入れておいた凍りきらずの冷凍ご飯を食べたようで、それが美味しくないの表現になったようです。
チンすればよかったのに・・・。

「おかずは何を食べたの?」

「・・・・・・・・」
やはり、なかなか出てきません。

そして、やっと出た言葉は、
「漬物あったがら、食べだ」

・・・食べたんだ・・・
漬物は母のコーナーには置いてはおらず、尚且小さなレジ袋に入れておいたのですが、見つけられてしまいました。

「少ししか食べでね。きゅうりは残した。カブだげ食べだ」

本人の弁ですが、何のなんの、半分以上食べたようで、久し振りの漬物は、さぞや美味しかったことでしょう。

元々漬物大好きな美代さんですが、脳梗塞発症で塩分控えめ生活を送る事、約2年。
軽い塩もみや、塩昆布を使った漬物もどきは食卓に出したことはあるのですが、本格的な漬物はなるべく避けていました。

買っておいた、あたしが悪い。
見える場所に置いておいた、あたしが悪い。

「しょっぺぐねがった」(しょっぱくなかった)

そう言う問題ではない!
解ってもらえるとは思っていませんが、ウう~、あたしが悪い。

悪気もなく食べた。
そして、食べたことをちゃんと言ってきた。
怒れませんでした。

漬物はあたしも大好き。
酒の肴・・・夜食用に買っておいたものです。

fed3b37a3b3a00879a2a713271717839_s

         イメージです

何故漬物があったかなど、疑いもせずに食べた美代さん。
昨日の昼のおかず何食べたの?・・・と、訊いたとしたら、どんな返事が返ってくるのか。
訊きませんけど。
だって、また食べたいと言われたら、困るのはあたしですから。

そうそう、昨夜のおかずは天ぷらにしました。
なす・ピーマン・シイタケ・ソーセージ・ちくわ。
そして、ベランダ栽培の青じそ(大葉)

「鼻利がねども、おいしい」

小ぶりだったので、6枚揚げたのですが、見る間に4枚完食。
好きな物は、勧められる間もなく口の中。
美代さんらしいです。


スポンサーリンク

ねこの認知症・・・わが家の桐の場合は・・・?

わが家のにゃんズ、桐と青。

御年16歳と14歳。
桐は12月の誕生日で17歳になります。

ふたり共、わが家の一員となった頃は「ザ★仔猫」でしたが、愛情?いっぱいですくすく育ち、現在の体重は桐ちゃん3.8キロ・青くん6.2キロ。

避妊・去勢をすると、ホルモンバランスの影響で肥満になると言われていましたが、青くんの場合、見事にその通り。でも、極めて健康なおデブちゃん。

14歳の青くんは中年期
16歳の桐ちゃんは高齢期

ねこの睡眠時間は一般には12~16時間と言われているようですが、にゃんズのように高齢ねこの場合は、18時間以上のこともあるようです。
桐・青も、日中の寝ている時間が長くなりました。

肥満気味の青くんは、高い場所への移動は少なく、床・ベッド下・あたしの座椅子などがテリトリー。

DSC_0217

        今日は、居間の長座布団の上

桐ちゃんはと言うと、まだまだ元気でキャットタワーで寛ぐこともあり、テリトリーは青くんよりも多いようです。

DSC_0214

   炬燵テーブルを使い、飛び移ります

DSC_0201


とは言え、最近の桐ちゃんは「認知症?」と思えるような行動が出始めています。
徘徊・・・?
と、まではいかないのですが、「ニャ~・ニャ~オン」と、大声で鳴き、何かを・誰かを探し回るような動きをします。
攻撃的な行動・・・?
※日頃の恨みではないですが、寝ている青くんに対していきなり攻撃を仕掛けるというようなことが多く、青くんも「なに?」と、思うらしく「やめて!」という表情で応戦。
※ オスねこ特有の行動のようで、去勢済みではあるのですがメスに対しての欲求が出るようで、桐ちゃんの首の根を噛む行動をとります。
かかりつけ医は、本能なのである程度は仕方ないと仰っいます。

スポンサーリンク


ねこの認知症について検索してみると、18歳以降が多いとあり、15歳過ぎでも症状が出る子もいるとあります。
ただ、今のところは排泄の失敗や多食などもなく、名前を呼ぶと傍にやってきてコロン・撫でて~のポーズで甘えてきますし、夜の無駄鳴きもありません。(夜はあたしのベッドの足元・首元で寝ます)

桐も青も家族の一員であり、大切な子供(孫?)です。
言葉を発せない分、健康管理に関しても一層の配慮が必要となっています。

年に一度のワクチン接種。
2ヶ月毎のレボリューション&爪切り&健康チェック。
欠かさず受けてきました。
食事に関しては、サイエンスダイエット・14歳以上を使用。

自己満と言われたらそれまでですが、やれることはしっかりとやっておきたい。
そう、思っています。

今日もにゃんズは元気です。


スポンサーリンク

枕って、寿命は何年?買い替え時期は?

枕の買い替え時期・・・って、何を基準にするの?

あたし、10年前に夫と死別。
それまでは、小豆やそば殻枕を使用していましたが、一人暮らしを機に長女の薦めもあり、某ニトリにて羽根枕を購入。(長女が羽根枕使用で、寝心地が良いからと)
それ以来、交換の時期が判らず1週間ごとに陰干しをしながらの10年。

DSC_0211

    少し汚れています。お見苦しくてすみません。

古い枕は、寝心地に関しては問題はなかったのですが、これまでの使用で羽根自体に寝汗や汚れが付いたのでしょう、ボリューム感が無くなっていました。

先日、新しい枕を購入。
近所に某イオンがあり、寝具類も置いてあったので羽根枕なら同じだろうと、購入。
帰宅後、頭を載せてみると沈みが深く、寝心地がイマイチ・イマニ。

DSC_0210


一晩寝てみたのですが、頭が沈み過ぎて違和感があり寝不足気味。

慣れるだろうとは思ったのですが、睡眠は大事なので納得のいく枕にしようと、ニトリへGO。
羽根枕、有りました。
迷わず購入。

DSC_0209

帰宅後、イオン製とボリューム感や寝心地を比較。
ニトリ製の方が、あたしには合っていたようです。

同じ羽根枕でも、メーカーにより違いがあるのは当たり前ですが、正直言って使ってみなければ判りません。

今回の枕、金額は同じでした。
先に買った枕は、居間でクッションと合わせて転寝用にしています(*´ェ`*)

そうそう、枕って色々な種類があるのですね。
そば殻・羽根は勿論、低反発・高反発、ホテル仕様にスポンジとポリエステル綿の両使いなど。
そして金額も、とぉ~ってもお安いものから、超高価なものまで。

スポンサーリンク


次女の夫・ハヤブサくんの父は、枕は消耗品の感覚で、毎年交換しているそうな。
30代前半の彼は、とってもお洒落。
加齢臭には程遠い?とは思うのですが、拘りは人それぞれのようです。

女性も加齢臭があるとは思いますが、自分の臭いに関しては判らないことが多く、10年使用の枕、あたしには感じませんでした。

さてさて、羽根枕の寿命。
検索してみました。
寿命は1年~3年程度。
買い替えの目安は、羽根が出てきてしまった時です。使用していくにつれ、弾力性・ボリューム感がなくなってしまいます。ボリューム感がなくなることにより、枕の高さが低くなってきてしまいます。また、羽根には骨があるため、羽根が枕の袋から突き抜けてしまうことがあるので注意が必要です。
https://pirokore.com/pillow-jumyo/

そう言えば、5~6年前から羽根が突き出ることがあり、寝ているときに「チクッ」と感じたことも。
10年は長過ぎのようです。

睡眠時間は人それぞれですので、上記を踏まえて、買い替え時期を考えましょ。
そう、あたしの判断で。


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • もしかしてプレ更年期障害?親と娘の狭間で、神経もつの?
  • 自己分析「人は悪くないけど、口は悪い」
  • 味覚は人それぞれ。パートⅡ。
  • いい加減・いい塩梅。味覚は人それぞれですが・・・。
  • 過活動膀胱・切迫性尿失禁。親の失禁を目の当たりにする。
  • 「たまには親孝行しろ!」あたしは冷たい娘のようで・・・。
  • 黒白猫のタンゴ( ^ω^)気まぐれも魅力のひとつ。
  • 黒白猫のタンゴ( ^ω^)気まぐれも魅力のひとつ。
  • 黒白猫のタンゴ( ^ω^)気まぐれも魅力のひとつ。