にゃんズの母

「老猫、桐ちゃん18歳、青(せい)くん15歳」「あたし、お洒落大好き還暦」「母、88歳。方言と訛り×認知症要介護3で、田んぼの観える特別養護老人ホームに入居」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

度々変わるジェネリック医薬品と、体質変化

2021.6.7(月)

朝一で、かかりつけ耳鼻咽喉科へ行って来ました。

持病のアレルギー性鼻炎。
発症はいつだったかしら、次女を産むまではそんなでもなかったから、出産後に体質が変わったということみたい。

花粉症は時期的なもので、クシャミや目の痒みなどの症状が現れるみたいだけれど、あたしの場合は通年性で、目の痒みはなく、温度差・寒暖差・埃に弱い。

初めの頃は、富山の置き薬の漢方薬を飲んでいたけれど、あまり効果が期待できなかったので、市販の鼻炎薬に変えた。
以後、ずっと市販薬を飲み続けてきたけれど、あるときふと思った。
病院処方の薬の方が安いんじゃない・・・?

耳鼻咽喉科に通院するようになったのは、夫が亡くなってからだから、かれこれ10年近くなるかしら。
ジェネリックを希望し、朝晩一錠ずつの処方であたしの場合は朝一錠で安定している。

半年くらい前に、中身は同じですが製薬会社が変わりましたと言われ、言われるがままに飲んでいた。
今日、また製薬会社が変わりましたと言われた。
その理由は、コロナ禍でジェネリック医薬品が品薄になっているのだと。
まぁ、薬の内容は同じなのだから特に違和感はないけれど、こうなると次に行った時には又変わっているんじゃない?なんて勘ぐってしまう(苦笑)

DSC_1368

今回の薬は、「水なしで唾液だけで飲むことができます。水で服用することもできます」とある。
たまに飲み忘れることもあり、数錠をバッグに入れ持ち歩いているので、出先で思い出した時には水なしは便利かもしれない。


出産後に体質が変わったのは、あたしだけではなく次女のサキもだ。
悪い所は似てしまうようで、サキもアレルギー性鼻炎に悩まされたいたが、サキの場合は出産後に改善され、症状が無くなったと言っていた。
あたしとは真逆の体質改善?(ウラヤマシイ)
でも、変わったのはそれだけではなく、臭いに対しても敏感になり、換気扇がフル活用になったと言っていた。これはこれで、大変ョ。

人間の身体って、不思議よね。
花粉症も、身体に在る需要量がいっぱいになった時に発症すると、聞いたことがある。
アレルギー性鼻炎だけれど、花粉症ではない。
http://アレルギー性鼻炎は、鼻の粘膜に起こるアレルギー性疾患です。花粉症の場合は、鼻の中に花粉が入ってくることでアレルギー反応が起こり、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどの症状が出現します。

あ、一番大事なこと。
にゃんズの為に、猫アレルギーのパッチ検査も受けているのよ。
勿論、アレルギーは無しでしたョヾ(=^▽^=)ノ

そう言えば、コロナ禍でマスクの需要が多くなっているようだけれど、花粉症対策のCMが以前より少なくなっているように感じているのは、あたしだけかしら。


ランキングに参加しています。
応援、宜しくお願い致します。



人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


悪魔の心を持つ娘・・・脱却できるのは、いつ?

2021.6.6(日)

昨日、郵便受けに封書が入っていました。
その表に、「至急開封」と赤く印字されていました。

・・・え!なに?・・・

裏を見ると、母美代さんが入居している特養からです。
美代さんに何か起きたのか?でも、緊急なら電話が来るはずだし・・・で、
開封してみたところ、コロナワクチン接種の、2回目用の予診票が入っていました。

返送期日は6月15日厳守 

家族が記入するのは、
接種を希望しますの箱の中にレ点チェックと、家族氏名と間柄。
返信用封筒が入っていたので、それに入れて投函するだけ。

ワクチン接種は、AグループとBグループに分かれ、日を隔てての接種。
Aグループ 1回目接種・6月 2日(水)
      2回目接種・6月24日(木)

Bグループ 1回目接種・6月16日(水)
      2回目接種・7月 7日(水)

この内容でお知らせが届いていたので、遅くとも7月7日には終わるのだと、想っていた。
予診票の返送期日が15日となっていたので、美代さんはAグループでの接種になったのだと理解した。

副反応等の、何かが起きた場合は連絡が来ることになっていたが、注射嫌いな美代さんの事、大丈夫だったのかと内心心配していた。
頼りがないのは元気な証・・・でしたっけ。
何事もなかったということのようです。

77e58a4cf4a80f64039ab586376b5da2_s

それにしても、在宅介護の頃はこんな風に美代さんを心配することはなかった。
嫌いな注射を受けている際も、大きな声を張り上げる美代さんを楽しみにさえしていた(悪魔よね)
それなのに、心配という文字が出てくるのは、半強制的に特養に入れたということへの、申し訳なさのようなものから来ているのかもしれない。

要介護4や5の親を、在宅で介護をしている家族の話を耳にすると、自分が情けない娘ではないかと落ち込んでしまう。
まだまだやれたかも・頑張れたかもしれない。
でも、入所を断ったら、次に順番が回ってくるのは何年後?
それを想うと、あの時はあの選択をするしかなかった。

穏やかな認知症と言われている美代さんは、ホームでも皆様方と仲良くやっているようだ。
在宅介護ではあたしにキツイことを言われていたので、それがないだけでもホッとしているのかもしれない。

3232071_s

副反応で出る割合は1回目より2回目の方が多いと聞く。
24日が2回目のワクチン接種。

何事もなく済みますようにと願う、悪魔から脱却したい娘の想いです。


ランキングに参加しています。
応援、宜しくお願い致します。



人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


叔母と姪だけど 友人として付き合えそう・・・?

2021.6.5(土)

昨日の昼過ぎに、叔母のヨッコさんから電話が入った。
母美代さんには、現在妹が3人・弟が1人いるが、ヨッコさんは2番目の妹で、一回り下。76歳になった~と言っていた。

008ca22c321723b375963880968edac0_s

美代さんが特養に入所するということは、事前にお知らせていたが、入居後にあたしから何も連絡が来ないので、如何したかと想い、電話を入れたと言っていた。

2回の面会を終え、1回目の面会時には美代さんに笑顔は見えなかったが、2回目には終始笑顔で、別れ際にはバイバイができたことを話した。
入所して間もない頃には帰りたいという言葉も出ていたようだが、段々にそれもなくなり、お仲間様たちと仲良く過ごしているようで、美代さんなりにホームに馴染んでいるようだとも伝えた。


4人いる弟妹だが、弟と一番下の妹が認知症になっており、ヨッコさんは5人のうち3人も同じ病気になっていることを嘆いていた。
美代さんは年齢も年齢なので致し方なしだが、妹のナッコさんはまだ70歳なのに、全てが夫任せの状態になっていることを、尚更悔しいと言っていた。

そのナッコさんが、先日夫に送られて遊びに来てくれたそうで、その時の様子を話してくれた。

「ナッコもオムツしているども、むがしの写真見ながら急に黙り込んでよ。何をしたがど思ったら、立ぢあがってその場でオシッコしてよ・・・そのあど、旦那に連れられでトイレで何やらしてもらっていだども、何だがなぁ情げなぐなってよ・・・」

美代さんは過活動膀胱・切迫性尿失禁があり、自分の意思とは別に常に漏れていたが、尿意を感じた時には、何とか頑張ってトイレまで歩いていたし、現在もホームではなるべくトイレで用を足すようにしていると聞いている。
美代さんよりも遥かに若いナッコさんだが、トイレまで行こうとする気力もなくなっているようだ。

75df724557f189ba537ce857fad524d2_s

美代さんは12年前に(あたしもだが)ヨッコさんは9年前に夫を亡くしている。
すぐ下の妹ミッコさんは86歳で、現役で農作業をしている。(夫は88歳で共に認知症とは無縁)
そして、ナッコさんには献身的に尽くしてくれる夫がいる。
ヨッコさんが言っていた。

「ナッコは何でもかんでもやってもらってるども、だがらよげいにダメなんでねぇのが。オレは一人になって全部自分でやらねばならね・・・案外その方が病気にならねのがもしれねな・・・」

あたしは思った・・・あたしも美代さんと暮らし始めてから、全てをやってあげていた。もう少しほったらかしにしていたら、進行を遅らせることができたのだろうか。

最後に、美代さんの携帯を解約したことを伝えた。
するとヨッコさんは、

「これがらは、おめど話すごどにする。じゃ、まだな」

15歳違いの叔母と姪だが、お互いに独り者同士。
年の離れた友人のような付き合いができたなら、そんな風に想っている。


ランキングに参加しています。
応援、宜しくお願い致します。



人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 在宅介護から解放されたことでの、心境の変化
  • 在宅介護から解放されたことでの、心境の変化
  • 筋骨隆々? 鎖骨は父譲り(苦笑)
  • 筋骨隆々? 鎖骨は父譲り(苦笑)
  • 学習できないオンナの独り言
  • ドラゴンアイの開眼と、玉子の話
  • ドラゴンアイの開眼と、玉子の話
  • ドラゴンアイの開眼と、玉子の話
  • ドラゴンアイの開眼と、玉子の話