にゃんズの母

「老猫、桐ちゃん18歳、青(せい)くん16歳」「あたし、お洒落大好き還暦過ぎたおんな」「母、88歳。方言と訛り×認知症要介護3で、田んぼの観える特別養護老人ホームに入居」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして・・・なのですが、母が特養に入所しケンカ相手が居なくなり少々寂しくも感じています。 人生一度きり。前向きに生きるためのブログです。

「ボリボリ」(キノコ)って、共通語だったの・・・?

2021.9.13(月)

内職の連絡が入らず、お払い箱かと沈んでいます(泣)
本来なら先週辺りに連絡が入るはずでしたが、単に仕事が入って来ないだけなのか、それともマジで見捨てられたのか・・・ハァー。


昨夜、長女からラインが。

「ボリ買ってきたんだけど、味噌汁の作り方教えて」

キャーッ!
なんて懐かしい言葉。
もう何年も使っていない言葉だけど、瞬時に解った。
文章にするよりも電話の方が早いと思い速攻で電話。

何処で買ったのかと訊くと、職場の近くにある精肉店とか。
お弁当やお惣菜もあり、顔なじみになっているらしい。

「水から煮るの?」

だよねー。
ボリを最後に食べたのは何年前?
わたしが岩手に居た頃だから、20年以上前になるわね。
当時、ユカが台所に立つことなどなかったものね。

ユカはネット検索もしたようで、有名な料理サイトでも「ボリボリ」と表現されているらしい。
それにしても、「ボリ」という言葉が普通に使われていることに驚き。
てっきり方言だと思っていたから。

1631444742459


ボリボリ。正式名称は「ナラタケ」

亡き父は山菜取りやキノコ採り・栗拾いが得意で、わたしも連れて行ってもらっていた。
特に勉強をした訳ではないらしいが、食べられるキノコについて、とてもよく知っていた。なかでもボリボリは見分けがつきやすく、わたしでも見つけることができていた。

時効になると想うのですが、今から40年以上前は、申し訳ないですが他人様の山に普通に入り、山菜やキノコ採りができた居た時代でした。


「そう言えばタラの芽採りにも行ったよね」


小学生くらいの時に、一緒に採りに言ったことを憶えていた。
あの頃は、どちら様の山林かも判らずに収穫を楽しんでいた。

「じいちゃん、松茸も採ってきていたよね。どこの山だったのか訊いておけばよかった」

「いやいや、他人の山に入るのは今はダメでしょ。それに松茸なんて早々見つかる物じゃないから」

「・・・だよね」

精肉店の店主・おばあちゃんから、汚れはないと想うが軽く洗うようにと言われたらしい。
わたしも同じことを言い、沸騰してから入れるようにと。


キノコ大好きなわたし。
送ってあげると言われ、とても懐かしく食べたいと思ったけれど、送料の方が高くつくでしょうから断念。
岩手に・実家のある街に居たら普通に食べられるボリボリ。山のない古河ではたぶん売られてもいないでしょうね。

今夜はマッシュルームとシーフードミックスのアヒージョで、我慢ですヮ。
舞茸も入れてみようかしら(笑)

※ アヒージョを作った際には、味のついたオリーブオイルが余ります。
わたしの場合は、翌日に鮭のムニエルに利用します。味がついているのでソースなしでもイケるのです。


ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


TPOを考え、マスクを外す・・・(今更ですが)

2021.9.12(日)

木・金・土と、3連チャンでジョグができました。
夕方の5時半以降です。

コロナワクチン接種2回を終えていますが、それでもマスク着用で走っていました。呼吸がキツイ・辛い。

ウォーキングコースには、ジジ・ババは勿論ですが、色いろな世代の方がいらっしゃり、ワンコの散歩をしている方や、本格的なランニングをしている方も。
わたしよりも確実に若いと思しき女性がウォーキングをしています。
時々すれ違うのですが、彼女はかなり以前からマスク無しで歩いています。

外で、三蜜でもなく喋ることもない。
この状態でなら、彼女の様にマスク無しでも大丈夫だと思い、昨日はマスク無しでのジョグ。

「フッフッ・ハッハッ」

心拍数が高いので(平均75)息づかいが聴こえてしまうような走りになってしまい、誰かとすれ違う際には一応気遣いをし息を止めます。相手に不快感を与えては申し訳ないですからね。

コロナ禍になる前は当然マスク無しで走っていましたが、この2年でマスクをするのが当たり前の暮らしとなり、マスク無しは非国民的な扱い?
ワクチン接種を終え、感染リスクが0ではないけれど、周りの状況で外しても良いのではと判断しました。

因みに、時々ブログに載せている日傘を差して車道を走っている女性ですが、最近マスク無しで走っている姿を見かけました。
彼女も、ワクチン接種を終えているのかな~と。

後期高齢者と呼ばれるジジ・ババが多いのですが、特別な疾患が無ければワクチン接種は済んでいると思うのです。それでも彼・彼女たちはマスクをしてウォーキングをしています。
歩く速度は年相応に観えるので、息切れすることもないようです。
あ、お喋りしながらゆ~っくり歩いているお姉様方もいますが、当然ながらマスクをしています。

DSC_1610

TPOという言葉があります。
TPOがなんの略かというとtime(タイム) place(プレイス) occasion(オケージョン)のイニシャルをとった略語の和製英語です。
読み方は「ティーピーオー」とそのまま読んでください。
それぞれの意味は
time=時間
place=場所
occasion=場合
なので、TPOの意味は「時と場所に合わせた振る舞い」となります。

TとPは、タイムとプレイスというのは知っていてもOがオケージョンというのは知らない方も多いのではないでしょうか。
https://meaning.jp/posts/1817


時と場所と場合を考えた行動をする。
今更ですが、わたしの場合はジョグの際はマスク無しにしました。

ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


面会不可 でも、元気でいてくれることが何より

2021.9.11(土)

母美代さんは総入れ歯。

4月に特養に入所する際に、108個入りの入れ歯洗浄剤とバラ何個かを持たせています。
無くなる前には連絡をもらえることになっていますが、わたしの記憶ではそろそろ無くなる頃と思い確認の電話を入れました。
返事はやはり、そろそろ無くなりそうですとのことだったので、ティッシュペーパーと一緒に届けて来ました。

少し雑談。
特養に行く道路には、途中に線路があります。
そろそろ線路だ・・・と、「カンカンカンカン」
これは止まるしかないですよね。
対向車が2台、わたしと同じスピードで向かって来ました。
当然止まるのかと思いきや一時停止をすることもなく・・・と言うか、更にスピードを出し通り抜け、後続車もそのまま知らんぷり?で通り抜け。
2台目の車が線路を渡り切ったところで遮断機が下りて来ました。
よほど急いでいたのか、それとも日常的にやっているのか、「コワッ」と思った出来事でした。

暫く進むと何やら黒い物体が。
うぅー、もしかしたら動物が死んでいる?
近づくとその物体はネコでした。

左車線の中央よりにあったネコの死骸。
いくら死んでいるとはいえ、更に踏みたくはないですよね。
路肩は草ぼうぼう。
ネコをまたぐか、対向車線に出るか。
わたしは草ぼうぼうの路肩に寄り通り過ぎたのですが、後ろの車は対向車線に出て避けていました。
この場合、どれが正解だったのか。

DSC_1607

本題。
受付で対応してくださったのは栄養士さん。
消耗品が無くなりそうになったら、こちらから連絡することになっていますが、お気遣いありがとうございますと仰って頂きました。

美代さんの様子を伺うと、食事もちゃんと摂り元気にしていますよと。
食欲は衰えてはいないようなので善かったです。

認知機能についてを訊いてみました。
美代さんは話好き。
同じユニットには母の様なお喋り好きはあまりいないようで、二言三言で終わってしまうそうですが、職員さん達とはさやさやとお喋りが続いているそうです。
会えないことは解っていたので、元気にしているのであればそれに越したことはないと思い、宜しくお願いしますと帰りかけた時に、思い出したように栄養士さんが、

「食事の時に向かい合って食べるお相手がお話好きな方で、その方とはお喋りしています」

話の内容を憶えていなくても、頭に浮かんだことを発することができるのは何よりなこと。お喋り好きさんが居てくれたことに感謝です。

DSC_1448

緊急事態宣言の延長で、今月もまた面会不可。
いづれ解除されたとしても館内に入ることはできずに、ガラス戸越しの電話面会になるでしょう。
美代さんの頭の中には、家族の誰が残っているのか。
次の面会の時まで、わたしを憶えていてくれるのか。

100歳まで生きられると太鼓判を押されているが、その頃には、コロナもインフルエンザ並になっているのかしら。
神のみぞ知る・・・のかもしれません。

ps
帰りも「カンカンカンカン」でした(笑)


お読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 肩こりには、孫の手よりも娘の手?
  • お墓と仏壇 必要なのは?
  • 負担限度額の変更で、年金では賄えなくなる?
  • 長寿の秘訣・・・ウーン、難しい
  • 子ども達の笑顔が、一日でも早く取り戻せることを願って
  • 骨粗鬆症の薬、いつまで必要・・・?
  • 施設に面会に行くのは家族の義務?
  • ポジティブに生きるために、底まで落ち込む
  • 孤独感・疎外感・・小心者・・・がんじがらめ