にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん17歳、青(せい)くん15歳」「あたし。お洒落大好き還暦」「母。87歳、方言と訛り×認知症要介護1」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

やったね、「金」「銀」おめでとうございます!



平昌オリンピック、男子フィギュアスケート羽生結弦選手、宇野昌磨選手、おめでとうございます。

日本中、いや世界中から賞賛の声と拍手が届いていることでしょうね。

フィギュアスケート日本人初のメダリストは、1992年アルベールビルオリンピックでの、伊藤みどり選手の銀メダルだと記憶している。
早朝の時間帯でドキドキしながらテレビの前で応援していた。あの時の感動は今でも鮮明に憶えている。
そして、今回もまたドキドキしながら祈る気持ちで応援していた。

言葉を並べ立てたら限がないので、一言。

「おめでとうございます」

母美代さん、買い物に行く

DSC_0149-2


母美代さん、この2~3日意気揚々と出かけている。
某、し〇〇らで買ったバッグを背負って近所のスーパーまでお買い物。

昨日は昼過ぎに出て小1時間。焼き芋と卵、温泉卵を買ってきた。
遅い昼食をとって3時半頃にまた出かけた。
1時間半経っても帰ってこない。少し心配になって電話をしてみた。
(8年程前から、『らくらくホン』を持たせている)

「もしもし、どこにいるの?なかなか帰ってこないから心配してるよ」

「そうが、今やっと外玄関だ」


「わかった、切るよ」

部屋に入るなりバッグの中をゴソゴソ、いかフライ3袋が出てきた。

何故いかフライ買うためだけに、こんなに遅くなったのかを訊くと、

「昭和12年生まれのお爺さんど話し込んでた」


・・・井戸端会議か・・・


自分より年下の者をお爺さんと呼ぶ。ま、同年代だからいいのか・・・。
知らない者同士でも話が合えば、気も紛れ外に出る楽しみが出来ていいのかもしれない。

散歩がてらのお買い物・・・ン?お買い物がてらの散歩?
ま、どっちでもいいか

杖使用ではあるが、自力歩行できる美代さん。しっかり歩いて運動不足にならないようにね。


スポンサーリンク

物忘れと運動



NHKの番組で「脳」の特集を観た。

物忘れを防ぐのは、「バランスよく食べること 、適度な運動をすること」

ジョギングを始めて3年くらいかな?
ウオーキングから始めて一万歩を目標にしていたけど、ある日娘に言われた。
「ダラダラ歩くよりいっそのこと走ってみれば?腹筋にも効果があるよ」
(娘は市民ランナーで、妊娠5ヶ月ころまで走っていた。)
「腹筋ほしい

初めは100mもやっとだったけど、少しずつ距離を延ばして今は5㎞を目標にしてる。調子のいいときは6~7㎞まで走れるようになった。
自己流マイペースな走り方だけど、けっこうハマっている。


DSC_0169-2DSC_0166-3



体調と相談して週3日くらい。腹筋は~、御想像にお任せします


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • リハパンと尿とりパッド購入を、恥ずかしく思っていた
  • 穏やかに流れる時間と、しかめっ面からの解放
  • 穏やかに流れる時間と、しかめっ面からの解放
  • 穏やかに流れる時間と、しかめっ面からの解放
  • 優しい介護をするためには、必要な時間・・・?
  • ショートステイを、修学旅行気分で出かけた母
  • 睡眠薬と、アルツの記憶
  • できないことを認める、頑張らない介護・・・?
  • ショートステイ先が決まったけれど、分不相応?