にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん17歳、青(せい)くん14歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。86歳、方言と訛り×認知症要介護1」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

ボ~ッとすることが増え、些細な音にもビクビクする

昨日のブログに、母美代さんが登場しています。
水曜日なので、本来ならば通所デイケア日。

朝、体調が悪い・咳が出た・鼻水も出ると、言い出したので、
それなら休めば?と。

休めば?と、言われてもいつもなら、美味しいご飯が食べられる、
お風呂にも入れる。
そう言い、多少具合が悪くてもベッドで横にもなれるからと、これまでは
休むこともなかったのですが、昨日は何故か気が進まなかったようで、
結局二度寝。
起きてきたのは10時過ぎ辺り、行かなかったことを後悔するような一言。

「オレ、なしていがながったんだべ・・・」

あたしは知らんふりを決めていましたが、ボ~ッと突っ立たままで外を
眺めていました。
最近、このボ~ッとしていることが多くなっています。

枝切りが始まると、
食べることが大好きな美代さんですが、お茶碗を持ったまま
またもやジ~ッ&ボ~ッ。
そんなに珍しかったんでしょうか。
いやいや、実家住まいの頃は、亡き父も枝切りなどはしょっちゅうして
いましたので、珍しいはずはないのですけれどね。

スポンサーリンク


昨夜の古河には雷雨注意報が出されており、
丁度、晩ご飯時に、ゴロゴロゴロ!!

「おっかね・・・」

「大丈夫だよ。この街で家に落ちたというこは聞いたことがないから」

「こっちのゴロゴロ、あっちど違うよんた。おどがおっきいよんた」

岩手の雷の音よりも、古河の音の方が大きいと感じたそうです。
その後の雨粒が屋根に当たる音にも、異常に敏感になっていました。

室内でも「カタッ」と音がすると、なんだ?誰が来たのが?
と、ビクビクします。
母の怖がりは今に始まったことではなく、岩手に居た頃から物音には敏感
でしたが、認知症となり更に増してきているように感じています。

DSC_0623

木曜日の今日はデイサービス日。
迎えの車に、いつもご一緒のNさんのお姿が観えません。
Nさんは穏やかなお顔で、
「おはようございます」と、車の中から挨拶してくれる方です。

「今日はNさんはお休みですよ」

スタッフさんの声掛けに、美代さんは「うん」とも「すん」とも言わずに
車に乗り込み、いつもとは違う座席に。
毎週、木・土曜日はいつも行き帰りが一緒のNさん。
美代さんはNさんのことを、どれくらい気にかけているのか。
たぶん、Nさんの名前も憶えていないのでしょうね。
ん~、せめて顔くらいは憶えているのかしら・・・

PS
あたしのお岩さん顔ですが、皮膚科医が仰ったように、
今朝鏡を観ると、何とな~くいつもの顔に戻っているような・・・
でも、まだ安心はできないのでメイクはもう少し我慢です(苦笑)

健康第一、お化粧品にも気を付けて・・・ネ (*´∇`*)


夏マスクの購入を考えていらっしゃいますか。
あたしは、思案中です。

手洗い・うがい・マスク着用。
お隣との距離を保ちましょう。


スポンサーリンク

借家、金木犀の枝切り

先々週にお約束頂いていた、金木犀の枝切り。
今日、してくださいました。

午前11頃から始まり、片付けも含め終わったのは午後2時過ぎ。
「お手伝いします」と申し出たのですが「いいへ大丈夫です」との
ご返答でしたので、あたしがすることは何もありませんでした。

昨夕からの雨も上がり、ジリジリとした日差しもなく丁度良い天候の中での
作業になっていました。

スポンサーリンク

電動ノコギリを使っての作業だったので、確かにあたしの出る幕はない。
室内から作業の様子を観ているのみ。

ウィーン、ガリガリー、ドサッ!の繰り返しの作業で、
けっこうスカスカに。

DSC_0527


DSC_0624

以前の写真と比べて観ると一目瞭然です。

あたしがやらなければならないはずの、枯れ葉掃除までしてくださり、
お陰様でスッキリなのですが、ここで美代さんが一言です。

「なして全部切らねのだ?まだ、のごってらじゃ」

枝切り作業に入る前に、ちゃんと説明しているのですよ。
あまりにも広がり過ぎて、お隣やお向かいの庭にも侵入しているので
切ることにしたと。
そして、全部を切り落とす訳ではなく、日差し避けのもなるので、
邪魔な部分のみを切るのだと。
あたしの説明は美代さんの頭には入らなかったようです。

とてもスッキリしたのは善いのですが、一つだけ難点が。
角度的なこともあるのですが、お隣から丸見えなのです。
遮光カーテンを吊るしてはいるのですが、やはり気になります。

年寄りふたりとにゃんズだけの生活スペースです。
観られて困る室内ではありませんが、中の様子を伺われるのは、
あまり好きではないのです。
これって、自意識過剰でしょうかね。

あ、でも、家ついてっていいですか?に、来られても平気ですよ。
こざっぱりと、片付いていますので。

男手のない、年寄り女ふたりだけの暮らしで、
大家さんには、とても親切にして頂いています。

帰り際に「何かあったら、いつでも言ってくださいね」と、
仰ってくださいました。

感謝いたします、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。


緊急事態全国解除がなされた後。
北九州市では、新たな感染者が出ているようです。
第2波の入り口に来ているのではないか、とのニュースでした。

油断は禁物ですね。
身を守るため、うがい・手洗い・マスク着用。
心掛けたいです。

外での距離も十分に保ちたいですね。


スポンサーリンク

免疫力の低下による肌のダメージ・・・恐ろしや

昨日安倍総理の会見で、都道府県全てが緊急事態宣言の解除になりました。
収束という言葉も出ていたようですが、今後の暮らしがどの様に変わるのか
新しい暮らしにどれだけ対応できるのか、模索しながらの日々になるのかも
しれませんね。

24日のブログに、オールインワンジェルのことを載せています。
使うことを楽しみにしていたのですが、事情ができ1週間ほど使うことが
できなくなりました。

スポンサーリンク


日曜日は特別に出かけることがない限りは、ノーメイクで居ることが多いの
ですが、日焼け止めだけは塗るようにしています。
この日も、いつもと同じジェルクリームの日焼け止めを塗りました。
ここで止めておけば善いものを、あたしはその上から更にスプレータイプの
日焼け止めも塗ってしまったのです。

塗って1時間ほどした辺りに、瞼が腫れぼったい感じを覚えました。
寝不足かなと思い、ベッドで2時間ほどお昼寝。
起きてみると顔が痒く瞼が更に重い。
慌てて鏡を観ると、

「キャー!!!!」

鏡に映っているのは誰??
両の瞼はお岩さん状態・・・更には下瞼?頬骨の辺りも腫れ上り、
まるで別人?と思えるような顔。
(あまりにも強烈な顔なので、写真アップはご容赦を)
顔だけではなく首・手首にもスプレーしていたので、同じ様に痒みと湿疹。
すぐに病院に行きたくても日曜日なので休診。
仕方がないと諦め、昨日かかりつけ皮膚科を受診。

昨年買い求め普通に使えていた日焼け止め。
なぜ、今回はこのようになったのか不思議でならず医師に訊くと、

「製品は一般的に市販されているもので、特に問題はないようですし、
昨年のものとはいえまだ使えます。あなたの皮膚の調子が悪かったのでしょう。そうですね免疫力が落ちていたのかもしれません」


「はぁ・・・」

「ここまで酷いと塗り薬だけでは治らないでしょうから、内服薬もお出ししますね」

酷い?・・・酷いんだ・・・
確かに、だれかれに見せられるような状態ではない。
病院へ行く際はマスクにサングラス姿の少し怪しい人?で出かけ、
受付さんにも、訝られた。

完治には1週間ほどで、何とな~く元の顔に戻るのに3~4日くらい。
1週間後に、モヤモヤ感があるときには再受診するようにと。

DSC_0622

処方箋を持って薬局へ。
薬剤師さんから更に一言。

「内服薬で、免疫力が低下する可能性がありますので、今後は手洗いうがいは今以上に徹底してください」

・・・今だって低下しているのに、更に低下するの?・・・

今日は週に一度の食材の買い出し日。
毎晩晩酌しているあたしですが、薬を飲んでいるあいだは飲めません。
で~も、そこはほらノンアルビール・カクテルがあるじゃない。
そこだけは譲れないのです(笑)

昨年の肺炎、年はじめのインフルエンザ時には起き上がることも
できないほどで、アルコールなど観るのも嫌でしたが(苦笑)
今回は、一見健康体。飲みたいものは飲みたい。

免疫力アップのためには食べて飲んで寝て、ゆ~っくり過ごすこと。
と、ワイドショーでも紹介されていたので、取り敢えずノンアルで。

帰宅後の手洗い・うがいは、言われたようにこれまで以上に。
一番良いのは外に出ないこと。
自粛生活の延長だと思えば善いのだし、それは今までと同じ。

ps
あたしの顔を観た美代さんは、化粧品とは恐ろしいな・・・と。
にゃんズは、変わり果てたあたしの顔を認識しておらず、いつも通り。
ねこは視力はあまり良くないと言われているので、声と全体像で判断して
いるのかもしれません。


スポンサーリンク
プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 免疫力の低下による肌のダメージ、その後
  • 免疫力の低下による肌のダメージ、その後
  • 溢れる好奇心 そして忘れる
  • 歯周病を防ぐ歯磨き剤、高額なのね・・・
  • 歯周病を防ぐ歯磨き剤、高額なのね・・・
  • 最低の娘から介護を受ける親の悲しさ
  • 新しい生活様式・・・家飲み会のボリュームはほどほどに
  • レミニール錠の効果を再認識
  • ボ~ッとすることが増え、些細な音にもビクビクする