にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん16歳、青(せい)くん14歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。86歳、方言と訛り×認知症要介護1」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

「郷に入っては郷に従え」生活習慣が変わった

今日のことわざは、「郷に入っては郷に従え」です。
        □■□■□■□■□

一緒に暮らすようになって、母美代さんの生活は一変した。
  1. お風呂の回数が増えた。
  2. 食事時間が短くなった。
  3. 下着や靴下の洗濯が毎日になった。
お風呂・・・以前は週1~2回だった。ディに行く前の晩に入るくらい。
       億劫になるとディで入浴できるから入らなくてもいい。

食 事・・・テレビを観ながらダラダラと1~2時間ぐらい。
      
洗 濯・・・それこそディに行く日に取り替える。
       靴下に至っては汗かかない土汚れない=1週間は履ける。

4f10b41cb1193557e9b1e5ea1a699af7_s


認知症発症以前も、お風呂に関しては、農作業で土埃まみれ・真夏の大汗をかく、以外は自ら入ることはなく、促されてようやく入る。の生活。
父が亡くなってからは、拍車がかかったようにも見える。
今は、毎日入浴。上着やズボン以外は毎日洗濯。

年末に帰省した際、娘の言葉で証明された。
「婆ちゃんからいい匂いがする。アンモニア臭がしない!すご~い」

「あだりめだべ、毎日風呂さへって毎日着替えでんだぞ」

「いや~、変われば変わるものなんだね~」


84年の人生の中で毎日入浴・洗濯は無かった。
それは、貧乏人の子沢山の長女として、生きることに精一杯だった時代を過ごしてきたから。そして、その習慣を中々変えることが出来ないままに生きてきたから。
でも、時代は変わってきている。今の時代や生活に沿った生き方をしてもらいたい。

「この年になると何もしたぐねんだよ!」
こう言いながらも、お風呂上りは
「ああ、さっぱりしたー。ふろはいいなぁ」

お迎えがくるのはもうしばらく先のようだから、何か一つでも生き甲斐になること見つけてほしい。
それが病気の進行を遅らせることにもつながるはず・・・なのですが、面倒くさがりの美代さんは、
「その日を無事に過ごせればそれでよい」

性格的なこともあるようで、今までにも色々なアドバイスをしてきましたが、一度たりとも実行に移したことがなく、何を言っても右から左。

「ふんふん、わがった。やってみるじゃ」

・・・その気の無い、くちぐせ・・・

~今日のことわざ~

『郷に入っては郷に従え』

人はその土地に入ったら、その土地の風俗習慣に従うのが処世の法である。

(日東書院発刊 ことわざ辞典より~


スポンサーリンク

やったね、「金」「銀」おめでとうございます!



平昌オリンピック、男子フィギュアスケート羽生結弦選手、宇野昌磨選手、おめでとうございます。

日本中、いや世界中から賞賛の声と拍手が届いていることでしょうね。

フィギュアスケート日本人初のメダリストは、1992年アルベールビルオリンピックでの、伊藤みどり選手の銀メダルだと記憶している。
早朝の時間帯でドキドキしながらテレビの前で応援していた。あの時の感動は今でも鮮明に憶えている。
そして、今回もまたドキドキしながら祈る気持ちで応援していた。

言葉を並べ立てたら限がないので、一言。

「おめでとうございます」

母美代さん、買い物に行く

DSC_0149-2


母美代さん、この2~3日意気揚々と出かけている。
某、し〇〇らで買ったバッグを背負って近所のスーパーまでお買い物。

昨日は昼過ぎに出て小1時間。焼き芋と卵、温泉卵を買ってきた。
遅い昼食をとって3時半頃にまた出かけた。
1時間半経っても帰ってこない。少し心配になって電話をしてみた。
(8年程前から、『らくらくホン』を持たせている)

「もしもし、どこにいるの?なかなか帰ってこないから心配してるよ」
「そうか、今やっと外玄関だ」
「わかった、切るよ」

部屋に入るなりバッグの中をゴソゴソ、いかフライ3袋が出てきた。

何故いかフライ買うためだけに、こんなに遅くなったのかを訊くと、
「昭和12年生まれのお爺さんと話し込んでた」
・・・井戸端会議か・・・

自分より年下の者をお爺さんと呼ぶ。ま、同年代だからいいのか・・・。
知らない者同士でも話が合えば、気も紛れ外に出る楽しみが出来ていいのかもしれない。

散歩がてらのお買い物・・・ン?お買い物がてらの散歩?
ま、どっちでもいいか

杖使用ではあるが、自力歩行できる美代さん。しっかり歩いて運動不足にならないようにね。


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 学歴小学校2年生。認知症の母、掛け算九九で褒められる
  • 学歴小学校2年生。認知症の母、掛け算九九で褒められる
  • 令和天皇・皇后両陛下への、一国民の想い
  • 杖歩行。信じられるのは自分の足だけ・・・?
  • 猫の水虫。高齢になると完治は難しい・・・?
  • 猫の水虫。高齢になると完治は難しい・・・?
  • 麺の硬さ、スープの濃さを択べるラーメン店。母娘で外食
  • 麺の硬さ、スープの濃さを択べるラーメン店。母娘で外食
  • 認知症「これは誰だ?」若き日の自分を判断できない