にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん16歳、青(せい)くん13歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。86歳、方言と訛り×軽度認知症」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

僕とシッポと神楽坂。ペット?家族?

TV朝日、毎週金曜日。PM11:15より放映されているドラマ。

気になるドラマは、わが家では録画視聴。理由は母美代さんの「何だ?」攻撃で、集中して観ることができないから。

加賀まりこさんがゲスト出演された、飼い猫「かなめ」ちゃんを遺して旅立ってしまう話。
身につまされました。

ニャン優(あたしの造語:猫俳優を縮めて)の、かなめちゃん役の子は、黒白猫。
わが家の桐ちゃんと同じ。
黒白猫➡黒い部分が多い。
白黒猫➡白い部分が多い。


DSC_0552



動物。犬や猫の寿命は人間に比べてはるかに短い。
家族として迎え入れた限りは、その命を最後まで見守るのが人間の努めだと思います。
しかし、それが難しいとなったときには、加賀さん演じる千津さんのように新たな飼い主を探すことも、当然の義務だと思います。

あたしは58歳。にゃんズは15歳と13歳。
この先よほどのことがない限り、あたしは二人を最後まで見守ることはできますが、この世は何が起きるかわかりません。もしもあたしに何かあったっら、この子達を預けられるのは誰か。あたしのむすめ達は引き受けてくれるのか。本気で考えさせられました。

スポンサーリンク



"虹の橋” 天国の手前にあるという。わが家の家族となった子達もここであたしや、あたしの家族を待っているのでしょうか。
先に旅立った子達は、父や夫に会えたのでしょうか。


NEC_0034


実家のM・ダックスのワンコ。「さや」です。
昨年、原因不明の病気により、5歳で旅立ちました。
ペットショップで一目惚れしたのは次女とあたしです。左の耳が半分なく、
おっぱいもひとつありませんでした。それでも、ケージの中で元気に飛び跳ねていました。
次女が世話をしていましたが、結婚し子供に手が掛かるようになってからは、専ら世話をしていたのは長女。
娘たち、特に長女は引きずっていて、もっと早く気づいてあげられていたら・・・もっと早く・・・もっと・・・未だに納骨できず、サークルも片付けられないままです。

千津さんが、かなめちゃんの傍で静かに永遠の眠りについたシーン、涙があふれました。

最悪の状態となったなら、あたしが心残りに思うのは、
母でも娘たちでもなく、「桐と青」
間違った考えかもしれませんが、今のあたしの本心です。

健康、大事ですね。


ねこのツンデレ「撫でて∼」攻撃。「梃子でも動かぬ」

今日のことわざは、「梃子でも動かぬ」です。
       □■□■□■□■□

わが家のにゃんズ。「桐と青」

ねこのツンデレについては度々アップしています。
今日は、ねこ娘「桐」の撫でて~攻撃について。


DSC_0582


桐のこの姿。そうです、「あたちを撫でで~」
撫ででもらうまでは「梃子でも動かぬ」この状態で5分ほど。

とおーっても可愛いのですけど、朝の忙しい時などはかまってやれません。それでもこの状態のままジッとしてます。
仕方がないので、ちょっとだけ「なでなで」
で、また仕事へ。
しばらくは、またこの状態ですが、さすがに「アレッ」と思うらしく。


DSC_0583


首を上げてキョロキョロ。

「アラッ桐ちゃん、撫でていないことわかっちゃったねぇ」
流石に、ねことて触られていないことぐらいわかりますよね。
根負けします。

「母の負けだねぇ、ちょっとだけよ」(加藤茶さんの、セリフ?)
などと言いつつ、なでなで。

桐のこの状態の「なでなで」は、お腹です。
タプタプお腹を優しくもみほぐすように撫でます。
(タプタプのお腹は愛情の証。でも女の子には失礼ね🙇)

ねこ特有の「ゴロゴロゴロ」喉を鳴らして
「気持ちいいーー、チョー気持ちいい」(このセリフは、北島康介さん?)
5~10分ほどの「なでなで」
気持ちが収まると、スーッと移動。


DSC_0591
  
   (座布団アップが大きすぎました)

いつもの長座布団の上。
今日は少し肌寒く感じます。青くんはあたしの布団の上でスヤスヤ。

ねこは、気持ち良い場所を探すのが大得意。


~今日のことわざ~

『梃子でも動かぬ」』

どうやってみても、ぴくともしない。頑として動かない。てこを利用すれば、わずかな力で大きな物を動かせるものだが、そのてこでも動かないとすればお手上げである。


(日東書院発刊 ことわざ辞典より)

今日もにゃんズは元気です。

スポンサーリンク

サプリメントの効果を実感?する母。

母美代さん。
卵のサプリメントを飲み始めて1ヶ月以上が過ぎ、先日、面白いことを言ってました。

(詳しくは9/23http://aya1205k.xyz/archives/12210028.html


DSC_0505


変形性膝関節症の美代さん。特に左ひざが痛い。
「あったにいだがった左のいだみ、なぐなった。こんだ、右さいったみだいだ。あの、何とがっての効いでるみだいだ」(あんなに痛かった左の痛みがなくなった。今度は右に移った。あの、何とかいうのが効いているようだ)

???何かがおかしい!
左ひざの痛みがなくなって、痛みが右ひざに移った。なのに、サプリが効いていると?
元々痛みは左が強く、右はそれほどでもない。痛い左が楽になったら、気にならなかった右に痛みを感じるようになった。何とも紛らわしいこと。

スポンサーリンク


「美代さん、10月からデイケアに行ってるよね。リハビリの効果だとは思わないの?」

「思わねぇ。自転車こぐみだいなのやれば、よげいに疲れる。あれで、効ぎめあるてが?」

美代さんの思い込みはいつものことなので、またか・・・なのですが、何ともやり切れません。

販売先に確認していますが、このサプリメントはではなく健康食品で、最低でも3ヶ月間飲み続けないと効果は出ずらい。が、中には1ヶ月ほどで効果が出る人もいると。ならば、母はその中に含まれたのか。この説明をすると、

「そうが、オレには早ぐ効いだんだな」
おめでたい。の一言。
でもまぁ、信じる者は救われる。とか、森の中で何でもない木に触っても、それが「漆の木」だと思い込めばかぶれる。のこともあるようなので、でなければ気の持ちようでしょうか。

このサプリメントについては、妹ヨッコさん以外にも飲んで効果が表れている話を聞いています。それは、甥っ子のお嫁さん。彼女は60代半ば。
農作業で、ひざを悪くし、一時は手術を勧められたらしいのですが、作業の人手が足りなくなることを理由に手術を受けずにサプリメントと、富山の薬で改善されつつあるというのです。

母、85歳。ヨッコさん、73歳。甥嫁さん、60代半ば。
それぞれが何年物の痛みなのか、母以外の二人に関しては分かりませんが、仮に改善されるとしても、現在の年齢も影響されているように思います。
リハビリの効果についてを期待しておりますので、富山の薬はお預けです。


年を重ねると、「あっちゃこっちゃ」に痛みが出るようで。
あたしも1年ほど前には50肩で苦労しました。シップや鎮痛剤が手放せませんでしたが、気付いたらいつの間にか痛みがなくなっていました。
お陰様で美代さんのように腰痛やひざ痛は今のところはありません。

ウォーキング、励みましょ。


スポンサーリンク
プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 親のためだけに、生きているわけではない。
  • 漬け物解禁?脳梗塞の再発は怖くないの?
  • ストレス・・・イライラ。見ない・聞かないができない性格。
  • 日傘をさしてのウォーキングは有りでしょうか?
  • 田口淳之介さん・小嶺麗奈さん。人は学習できるのでは?
  • 夫婦の価値観とは?その子どもの価値観は・・・。
  • 夫婦の価値観とは?その子どもの価値観は・・・。
  • 親の長生きを願う、子どもの気持ち。
  • 高血圧予防のジョギング。問題は脈拍にあり。