にゃんズの母

「老猫、桐ちゃん18歳、青(せい)くん15歳」「あたし、お洒落大好き還暦」「母、88歳。方言と訛り×認知症要介護3で、田んぼの観える特別養護老人ホームに入居」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

在宅介護から解放されたことでの、心境の変化

2021.6.16(水)

4月下旬に、母美代さんは特別養護老人ホームに入所しました。
入所が、100%美代さんの本意だった・・・な、訳はありません。

美代さんのこれまでの人生で、家族から離れて暮らしたことなど、一度もないのです。
幼い頃から大家族に囲まれ、嫁いでからも姑や兄姑の居る家での暮らしで、常に周りには家族(一応)と呼べる人達が居た。
二人だけの新婚生活の経験も、なかったようです。

その後、あたしと妹が生まれ、転職した父と、母・妹の4人で暮らし始めたのが、町立病院の四畳半の用務員室。
貧乏で、箸とお茶碗一つずつから揃え、七厘で二匹のめざしを焼き分けあって食べていたと聴いている。
その用務員室に住んでいたのは、あたしが小学校の2年生くらいまでで、両親が建てた風呂無しの家に移り住み、増改築を重ねた家であたしも結婚し、ふたりの娘に恵まれた。
(引っ越してからも、父は当直があったので、お風呂は病院の職員用のお風呂を使わせてもらっていた)

あたしが結婚し長女を産んだことに因り、家族は6人となり、その後妹が短大・就職で家を出た。
長女が生まれた5年後に次女が生まれ、家族は再び6人となった。

夫45歳・あたし40歳の時に、夫の仕事の関係で岩手を離れ茨城に。
その際、専門学校を卒業した長女は家に残ることを選択し、茨城には次女だけを連れて来たが、その次女も専門学校の卒業と同時に岩手に戻った。

美代さんは、常に家族の誰かしらと暮らしを共にしてきた。
人生の最も後半で、家族が誰一人居ない暮らしになるなど、努々想っていなかったと想う。

fdb7e0ba98c0998ba21af3e011041e19_s

次女からのSOSで、もう一人で留守番をさせては置けないと言われ、17年の9月からここ古河での同居が始まった。
あたしと暮らし始めた際に、いよいよ以て手に負えなくなった時には、施設に入ることを了解していたし、それが、お互の為だとも言っていたが、その記憶は時と共になくなっていた。

美代さんは今、誰一人として知り合いの居ないホームで暮らしている。
面会時には話し相手もできたと言っていたが、会話の内容も話した相手が誰なのかも忘れているはず。それでも、お喋り好きな美代さんにとっては、話す相手が居る環境は有難いはず。

そう、たとえ家族と一緒に居たとしても、心が・・・気持ちが通じて居なければ、それは孤独と一緒ではないのか。
あたしから愚痴を言われ、お喋りもできずにボーっとしているよりも、もしかしたらホームでの暮らしの方が合っているのかもしれない。
でもね、これはあたしが勝手に想像していることで、本人から聞いたことではないから、真意は判らない。

女親らしいことをしてもらっいなかったあたしは、母親としての美代さんが好きではない。
それでも、産んでもらったことには感謝しているし、これまで苦しい時などは援助もしてもらっているので、それにはとても感謝している。

DSC_0505

「好きではないけれど情はある」と、
【鬼娘の介護日記】にコメントを寄せていらっしゃっている方が居た。

今のあたしは、その方と同じかもしれない。
この世に残された、たった一人の親の存在を愛おしく思うのは、在宅介護から解放され離れたことに因って生じていることかも。

64歳以下の、コロナワクチンの接種券の送付が始まるようだが、古河市のホームページには、いつからの発送になるかは載っていない。

一日でも早く接種を終え、美代さんの部屋で日がな一日を過ごしてみたい。
こんな風に言えるのも、在宅介護から解放されたからだと想っている。


長文、お読みくださりありがとうございました。
ランキングに参加しています。
応援、宜しくお願い致します。



人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


筋骨隆々? 鎖骨は父譲り(苦笑)

2021.6.15(火)

関東は梅雨入りしたそうですね。
ジメジメの季節がやって来ましたね。


先月から内職を始め、筋肉痛や肩・首こりが絶えない状態で、モチベーションは【薬に頼らないこと】だったのですが、とうとう負けてしまいました(泣)

昨夜、お風呂上りに使ってしまったのです。
そう、湿布薬の出番です(苦笑)

DSC_1377

わざわざ買ったのではなくて、以前足首を痛めた際に処方してもらっていたものが、何枚か残っていたので、それを貼りました。

このタイプって、貼る際に手間取ってしまうとクチャってなるので、細心の注意を払いゆ~っくりシールを剥がし、患部を確認して貼りましたよ。
お陰様で、今朝の肩の状態は絶好調!(笑)

あたしは鎖骨が少々自慢。
くぼみには水をためることもできます(だから何?だけれどね)

DSC_1387


そう言えば、母美代さんには鎖骨が無かった・・・いいへ、見えなかった。
あたしの鎖骨は、亡き父譲り。
美代さんの入浴介助をしていた際に、鎖骨の話をしたことがある。

「おめの鎖骨はじっちゃん似だ。じっちゃんも痩せで鎖骨がしっかりど見えでらった」

体型や骨格は父譲りのようで、併せて太れないのも父譲り。
美代さんは、たぶん小太りで、太いことを自慢していた。
太いから体力があり、農作業もこなせていたの考え。

でも、想うのよね。
父は確かに痩せていたけれど、そんなに非力ではなかった。
あたしもけっこう力持ち。でも、ぎっくり腰の常習者なので、重い物を持つ際は中腰からではなくて、ちゃんと体系を整えてからにしている。

美代さんが歩けなくなったのは、変形性膝関節症だけが理由ではなくて、上半身を支える下半身の筋力が備わっていなかったからのような気がする。
お尻は大きく、太もももそれなりだったけれど、膝下からがそれに見合わず細かった。

腕の力こぶ💪も、美代さんは出なかったけどあたしは出る。これも父譲り。
女の割には凄いね。と言われたあことがあるから、これは自慢にはならないかもね。

女は、華奢な方が綺麗なのかな?好かれるのかな?
筋骨隆々のあたしは、着やせして観られる事が多々ある(苦笑)

でも、腹筋は…(内緒)(笑)


ランキングに参加しています。
応援、宜しくお願い致します。



人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


学習できないオンナの独り言

2021.6.14(月)

今日も、お疲れ様でした。
ハイ、お疲れ様した。
誰も言ってくれないので、自分に挨拶(泣)

先週の金曜日に、内職元でラインの交換をしてもらい、今後はラインから連絡が入るようになった。
で、今朝早速ラインが。

「セットにならないので、そのまま続けてください。終わった人は今の品物を追加で取に来て下さい」

金曜日に渡された際に、セット品が月曜日に入るので取に来るようにと言われてたので、頑張ってやっていたけれど、物がないのであれば致し方なし。
午後、追加の分を取に行って来た。

思い出したこと。
金曜日に今回の仕事を貰う際に、他の内職さんがひとり。
その女性は掛け持ちで内職をしているらしく、納期のことで何やら注意を受けていた。
あたしはその時思った。

・・・そうだよね、納期は守らなきゃね・・・

今回の仕事が入るまで半月くらい空くと言われ、その間が勿体なく思い別の内職を掛け持ちしようと考えたけれど、そうよね仮に納期がダブったら大変なことになるわよね。
それこそ、寝る時間もない状態になっていたかもしれないのよね。

今回の仕事は、倉庫に山積みされていたので、簡単に終わることはないと想うけれど、数をこなさなければお金に結び付かない訳で、やっぱり頑張るしかないのよね。
セット品は、早ければ木曜日の入荷らしいので、連絡が入るのを待つのみ。

DSC_1376

作業内容は単純だけれど、ずっと同じ姿勢でいるので、肩こり首こりおまけに指こりまで。
ペースを下げないと、マジで湿布薬のお世話になるヮ。

にゃんズも、構ってほしくてねぇねぇ攻撃がハンパない(苦笑)
自分のため・にゃんズのためにも、疲れて寝込まないようにしなくちゃね。

それにしても疲れた~(はぁ~)


ランキングに参加しています。
応援、宜しくお願い致します。



人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 在宅介護から解放されたことでの、心境の変化
  • 在宅介護から解放されたことでの、心境の変化
  • 筋骨隆々? 鎖骨は父譲り(苦笑)
  • 筋骨隆々? 鎖骨は父譲り(苦笑)
  • 学習できないオンナの独り言
  • ドラゴンアイの開眼と、玉子の話
  • ドラゴンアイの開眼と、玉子の話
  • ドラゴンアイの開眼と、玉子の話
  • ドラゴンアイの開眼と、玉子の話