にゃんズの母

「老猫、桐ちゃん18歳、青(せい)くん16歳」「あたし、お洒落大好き還暦過ぎたおんな」「母、88歳。方言と訛り×認知症要介護3で、田んぼの観える特別養護老人ホームに入居」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして・・・なのですが、母が特養に入所しケンカ相手が居なくなり少々寂しくも感じています。 人生一度きり。前向きに生きるためのブログです。

「寂しい」老人の呟きは、何れはわたしの呟きになる

2021.12.4(土)

独居老人は、日々何を想い生きているのだろう。

母美代さんは、これまでの88年の人生の中で、独り暮らしの経験は一度もない。
大家族の中で育ち、嫁ぎ先でも舅・姑・小姑と、常に家族の誰かが居た。

父が亡くなってからも、わたしの娘たちとの3人暮らし。
娘たちの帰りが遅い時は、何故かわたし宛てに電話をかけてきた。

「ユカもサキも帰って来ねども、おめ、なにが聞いでるが?」

「は?、あの子たちは、もう大人だよ。そのうち帰ってくるよ。第一、遠く離れて暮らすわたしに、いちいち言ってくるはずないでしょ」

こんな会話をしたことが、何度かある。
そのついでと言っては何だが、おまけ的なことも言われた。

「何だが寂しくてよ・・・おめは、一人でいで寂しぐねのが?・・・あ、ネゴだぢいるがら、寂しぐはねが(寂しくはないか)

夜に、ポツンと一人になることが寂しくてしょうがないのだと言っていた。

DSC_1701


人は、どんな時に寂しさを感じるのだろう。
孤独とは、どの様な状態でのことを言うのだろう。

わたしは、夫が亡くなった際に実家に戻り、半年ほど母や娘たちと暮らしていたが、その生活に疑問符を抱き始めていた。

自分らしくいられない・・・。
親や子どもに囲まれていても、楽しくない。
古河に戻り、元の職で頑張ってみよう。
幸いなことに、復職については工場長から快諾を頂けた。

いざ一人暮らしが始まると、強気で居た自分が恥ずかしくなるくらい、毎日泣いていた。
それは、母や娘たちと離れたからではなくて、夫がいないことの寂しさからだった。
仕事中は職場の仲間たちがいたことで、気を紛らすことができていたが、家路の車の中ではもちろんだが、帰宅後も寂しくて胸が押しつぶされる感覚に陥っていた。
それでも母や娘たちには、自分で一人暮らしを選んだ手前、泣き言は言わなかった。

DSC_1702


独居老人。
わたしは、たぶんまだ老人ではない。
でも、すこぶる近い位置にあると思う。
母美代さんではないが、寂しいと呟いていることがある。


お一人様で生きようと決心した訳ではない。
ただ、独りのほうが気楽なのは間違いはない。

この先の10年・20年を、どこで誰と生きるのか。
最近は、そのことばかりを考えている。


「寂しくてよ・・・」

こう言っていた美代さんは、今は特別養護老人ホームで、お仲間さんやスタッフさんに囲まれて暮らしている。
寂しいと思ったり、呟いたりすることがあるのだろうか。


ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


冬本番はもう少し先 でも、寒いのは苦手なので・・・

2021.12.3(金)

炬燵布団を1枚多くしました。
昨日の朝までは下掛けだけで我慢していたけれど、12月に入ったしそろそろ足してもいいかなって。
1枚で我慢する理由・・・?それはズバリ掃除よね。

にゃんズ(猫です)の、特に青くんは体質?毛質?とにかく毛が抜ける。
桐ちゃんの毛は、俗に言う猫っ毛だけれど、青くんの毛はちょっと触っただけでドサッと抜ける。それも軟らかい毛ではなくて、けっこう硬く突き刺さるような毛。

コロコロをかけると一目瞭然で、圧倒的に青くんの毛が多い。
それはブラッシングした時の、抜けたてんこ盛りの量でもわかる。

そんなことで、なるべくコロコロをかける回数を増やしたくないがための我慢だったけれど、寒さには勝てないということが判った(苦笑)

DSC_1696

上に掛けているのは、汚れよけの上掛け。

DSC_1697

右下が出入り口。
布団を立てるようにし、ここから出入りするように仕向けました。
場所はしっかりと憶えてくれましたヮヾ(=^▽^=)ノ

いやぁ、やはり違いますね~。あったかいですよ。
ん?この場合は、「あったかいんだからぁ♪」の方が良いのかな?(笑)
(炬燵の電気は入れていません。にゃんズ用のあんか2コで賄っています)

にゃんズはもちろん喜んでいると思うけれど、美代さんが居たらにゃんズ以上に喜んだはず。美代さんも寒いのは苦手。
炬燵猫ならぬ、炬燵美代?な~んてね。

DSC_1053

昨年の美代さん。デイケアから頂いたハンドウォーマーで、手もホカホカ。


炬燵布団を増やしたことで、腰から下はぬくぬくに。
室温16℃だけれど、上着の重ね着で何とか頑張れる。

頑張る理由?
冬本番は、まだもう少し先でしょ。
灯油代・電気代と、これからは光熱費も嵩むし、頑張れるうちは頑張らないとね。

それにしてもョ。
いつものガソリンスタンドで灯油を買ってきたけれど、2千円で19ℓにしかならない。20ℓのポリ管が満タンにならなかった(泣)

冬って、何かにつけて物入りだけど、節約も風邪を引いたら本末転倒。
寝込んでも、誰も看病してくれないワケで、炬燵布団のコロコロの回数が増えるくらい、「問題ないサー」(大西ライオンさん?)だね(⌒-⌒)


ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


TRF・サムさん考案のダンス・・・認知症は改善される?

2021.12.2(木)

昨日は月に一度の認知症の家族の会。

一通りのあいさつの後、車椅子でも受診できる眼科がないかという話が出、どこどこにはスロープがあるとか、医師がふたりなので回転率が良いとか、わたしの知らない情報が盛りだくさん。

母美代さんは、18年に左右の白内障の手術を受けていますが、その際は2泊3日の入院でした。
その当時は認知症要介護1で、手術の怖さを訴えていましたが、術後に観えた風景は靄が取れてスッキリした状態になったようで、手術を受けて良かったと言っていました。

白内障は、必ずしも手術をしなければならないものではなく、目薬で進行を抑えることできると参加者のお一人が。
還暦を過ぎたと言うその方は、自分がその状態であるという話をされ、白内障と診断されたのにほったらかしにしているという他の参加者に、早めの受診を促していました。

   *・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

いつもは座談会形式で終わるのですが、昨日は主催のIさんが認知症の特集をした番組を録画されたということで、その番組の視聴会に。

気になったことを二つ載せてみます。
一つは、ある老人ホームで試みたこと。
認知症患者は、二つのことがスムーズにできないことが多く、モデルになった男性入居者さんの改善される姿が。

両手を広げ「1・2・3」のように、数を数えながら指を折っていく作業ができない状態。
数を数えることはできるのですが、指を動かすことはできず、同時に何かをやるということは難しそうでした。
それが、太鼓を打つ取り組みを続けたところ、指導者が言うことを理解され、リズムに合わせた打ち方ができるようになり、表情も明るくなってきていました。
それは他の入居者さんも同様で、「楽しい」という言葉も出、明らかに改善されていることが判った内容でした。
また、普段は車椅子に乗ったままで運動不足にもなっていたらしいのですが、参加した皆さんの体重が減っていたこともわかったそうで、肥満傾向も改善されたようです。
食事内容の見直しもしなければと、施設職員がおっしゃっていました。

f2218bd6101b142d657baac430efe581_s


もう一つは、TRFのメンバーのサムさんが考案した、リバイバルダンス
認知症の改善に役立つダンスとのこと。
TRFのサバイバルダンスをもじっているそうです。

65歳以上の軽度認知症害(MCI)の方数名が、毎日このダンスを一定時間することで、認知機能が明らかに改善されているということ。
研究では、ダンス・ウォーキング・何もしないのグループに分け、結果としてダンスグループの改善が顕著だったようです。

ビデオに合わせわたしも踊ってみたのですが、正直簡単ではなく一度では覚えきれませんでした(苦笑)
普段は使わないような動きもあり、頭の運動にもなりそうでした。
と、IさんがDVDをダビングしてくださるということで、数名が手を上げました。勿論わたしもその中に含まれています。
参加者のある方は、そのダンスを基本にした動きにいくつか手を加え、発表会のようなことができないかと模索なされていました。

そうそう、MCIであるかは、普段の行動でも解るようです。
漢字が出なくなったりとか、やる気が失せてきたとか。
わたしにも覚えがあるので、そろそろ専門医に受診をする時期なのかもしれません。

DSC_1691


認知症は、アミロイドβの蓄積が原因であることは間違いないようですが、そのアミロイドβを退治してくれる薬の開発が進んでいることも確かなようで、将来的には不治の病ではなくなる日が来るかもしれない。
そんな、希望を持てる内容も含まれていましたが、果たしてそれがいつになるのかは、神のみぞ知る・・・でしょうか。

ウォーキングが認知症予防になることは知っており、普段からウォーキングをしているわたしですが、ダンスが善いことは知りませんでした。
サムさんが作ったダンスも、併せてやっていきたいと思っています。

長文をお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 「寂しい」老人の呟きは、何れはわたしの呟きになる
  • 「寂しい」老人の呟きは、何れはわたしの呟きになる
  • 冬本番はもう少し先 でも、寒いのは苦手なので・・・
  • 冬本番はもう少し先 でも、寒いのは苦手なので・・・
  • 冬本番はもう少し先 でも、寒いのは苦手なので・・・
  • TRF・サムさん考案のダンス・・・認知症は改善される?
  • TRF・サムさん考案のダンス・・・認知症は改善される?
  • 若さは財産? 年齢を重ねたから解かること
  • 自分の欠点を自覚する・・・そして認めることで先に進める