にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん16歳、青(せい)くん13歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。85歳、方言と訛り×軽度認知症」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

認知症患者は、規則を守れるの・・・?

デイケアから、「あめ玉」についての返答がありました。
「飲食物の持ち込みは禁止です。・・・がぁ、色いろな方がいらっしゃるので、自分だけがなめる。誰かにあげないことを条件として良しとします」

昨日の迎えは園ケアマネさんでした。

「美代さん、聞こえた?持ってっちゃダメなのよ」

「持ってね。ポケットにもくぢのながにも入ってね。おめは意地悪だな」

「・・・園に着いたら、もう一度話してみますので」

あたしを意地悪と言う美代さん。
認知症患者は、決まりごとをどこまで判断できるの?

持って行ってはいけないと注意をしたことが、意地悪をされたと思われる。
厄介よね・・・。


園から帰ってきたのが4時少し前。
脳梗塞の定期検診の時間までは少しあるので、あめ玉のことを聞いてみた。
「今日も、あの90過ぎのおばさ、あめ玉持ってきてだ。みんなして持って来る。オレだげでね」

90歳を過ぎたおばあさんが、いつもあめ玉を持ってきているようです。
自分だけではない。どうして自分だけ守らなければならないのか!というようなことを言っていました。

世に中、規則破りをする方も、まあまあいるのではないかと思いますが、こと認知症患者には「言い聞かせ」は難しいように思います。


スポンサーリンク

過活動膀胱・切迫性尿失禁。母の辛さは娘には解からない。

※ わたし、にゃんズの母のブログは、会話文、特に母美代さんの言葉については濁音や、訛り・昔言葉が多いです。読み辛いかとは思いますが、宜しくお願い致します。

尿とりパッド交換の頻度が増えた。

あたし・・・?いえいえ!母美代さんです。
(あたしは今の所、尿漏れは皆無です)

過活動膀胱・切迫性尿失禁のある美代さん。
一昨年、一緒に暮らし始めた際には170ccでしたが、昨年末から220ccに。
ここの所、使用済みパッドの量が多くなっています。
これに関しては母自身も感じているようで、昨日の買い物で吸収量を1ランク上げ、270ccに。

詳しい症状についてはこちらに記しております。
宜しかったら、お入りください。
http://aya1205k.xyz/archives/11701819.html


スポンサーリンク


認知症よりも尿漏れとの付き合いが長い美代さん。
「おめにはこの病気の辛さは、わがらねべ?!」

はい!わかりません。

ただ、自分の意思とは関係なく漏れるというのは、かなりの辛さであるとは想像できます。
美代さんは過活動膀胱の薬「ベタニス」を服用しています。

パッドの交換回数が増えたということは、締まりが緩くなったということだと思われるわけで、そうなった原因はどこにあるのか・・・?
もしかしたら、骨折で歩くことが少なくなったり、動くことが少なくなったから?
特に水分摂取が増えた訳でもないのに、漏れる量が増えているのは、薬の効果が無いのでは・・・?
いっそ、止めてしまっても差し障りもないのでは・・・?
でも、薬を飲んでいることで少しは症状が抑えられている・・・?

薬の効果に関してを美代さんに訊いてみても、いまいち分からないと言うし・・・。
ネット検索してみても、当然のごとく個人差があるようだし・・・。

DSC_0473

ベタニス。後ろのピンクは物忘れの薬で、レミニール。

効果を感じるためにも、一度止めてみてはと思うことはいけないこと?
今日は丁度、脳梗塞の定期検診日なので、担当医の院長先生に相談しようかと・・・。

でも、先生は脳神経外科医。
泌尿器科は担当外よね?
患者の意見を尊重します。なんて言われたら・・・決断はあたしか~。

母の辛さはあたしには解からないけれど、あたしが色々なことを決断していることも母には解からない。

昨日また一つ進行?と思われることが。
朝食後、少しして、
「なぁ、オレ・・・朝ご飯食べだっけが?」

あああああ~
「朝ご飯のおかず、何食べたっけ?よ~く思い出してみて!」

「・・・んとな~・・・」(え~と)

食材の名前が、ますます出辛くなっている美代さん。
一気に進んだように感じています。


スポンサーリンク

足の指の突き指。これも老化現象の一つでしょうか・・・?

昨夜、むしゃくしゃすることがあって、就寝が1時過ぎ。

居間の灯りを消し真っ暗な廊下へ出たとたんに、何かに足をぶつけた。
・・・痛ったぁ・・・

そのときは、大事(おおごと)には思わなかったが、夜中痛くて眠れず起きて足を観てみようかと思うも、めんどくさい・・・で、うつらうつら。

朝、陽の光の中で確認。
・・・あらぁ~、腫れてるね・・・


DSC_0874-2

    アラ還オバサンのお見苦しい足でスミマセン

DSC_0875

        取り敢えず、湿布してみた


どんな状態で何にぶつけたのかの記憶もないが、腫れているのは確か。
そして、歩きにくい。
床に指を付くと痛むので、内股歩きでぎこちない。

年を重ねる毎に、知らない間にあざができていることが多くなってきている。
・・・いつぶつけたっけ・・・?・・・

みたいなことが、けっこうな頻度である。
そして、できたあざは中々消えず、挙句はシミになる。
嫌ね~(笑)

打撲?突き指?
薄ピンクに腫れあがってるから打撲ではなく突き指?
どっちなのか判らないけど、暫くは湿布とお友達・・・。

母美代さんの悪口ブログで、天罰が下った?
ま、それならそれでいいんだけど。


恥ずかしながら、何もない道で躓くこともあるあたしです。

皆様も、お気をつけくださいませ。


スポンサーリンク
プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 過活動膀胱・切迫性尿失禁。母の辛さは娘には解からない。
  • 足の指の突き指。これも老化現象の一つでしょうか・・・?
  • 足の指の突き指。これも老化現象の一つでしょうか・・・?
  • 言い間違い?記憶の書き換えが著しいのは進行しているから?
  • デイケアへは、飲食物の持ち込みは禁止です。「なんでだ?」
  • リハビリパンツの卒業?
  • 徘徊の症状が出た・・・?
  • 認知症の婆様は、一人で新幹線移動は可能?問い合わせてみた。
  • お喋り好きな人は、相手の話に耳を貸さない?