にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん16歳、青(せい)くん13歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。85歳、方言と訛り×軽度認知症」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

トイレにペーパーがなかったら、あなたならどうする・・・?

今日は少し悲しいできごとです。

認知症患者にはあることなのでしょうか・・・?
あたしには初めての経験。

a9



母美代さん、デイケア日以外はいつも通りの遅い起床。
今朝も、二度寝後の起床で10時過ぎ。

「トイレにおぎだども、あだま痛くてまだねだ」

手にはズボンとタオル。

「そのズボン昨日の朝に脱いだズボンだね。もう、洗濯終わったよ。昨日のうちに出してくれたらよかったのに」

と、訊いてもいないのに、

「このタオルで、トイレのあどの手拭いだ。トイレさ紙無くて、おしっこ、手で拭いだ」

「エッ!」

この瞬間の驚き、経験がおありの方には解かって頂けると思いますが、ショック以外何物でもありません。

トイレットペーパーが無くて、仕方なく手で拭いたと。
・・・そうだ、空になりそのままにしてた、あたしが悪いんだ・・・
100%あたしのミスです。謝りました。

拭いた手はちゃんと洗い、その濡れた手のまま自室に行き持っていたタオルで拭いた。このように言っていました。
トイレには手拭きタオルを掛けてありますが、気が付かなかったようです。

スポンサーリンク



母は、過活動膀胱切迫性尿失禁。尿意を感じた時には既に漏れていることが多い。そのために尿とりパッドは欠かせません。日中は尿とりパッド用のパンツですが、夜間はリハビリパンツです。そして、リハパン時でもそれは欠かせません。

それにしても、ペーパーが無くて手で拭きますか?そもそも拭けるのでしょうか?そして、手で拭くという考えや行為になるのでしょうか?
高校生くらいのお嬢さんが、ハンカチを持っておらず洗った手の水分を髪に拭いている(髪の毛に吸い込ませる)光景を時々目にすることはありますが、母の行為は全く別物。

パッドしていたんだから、そのままズボンと一緒に上げれば済むことでしょ!とのあたしの言葉に、
「そうは思ったども、手で拭いだ」の返事。

そうは思った・・・。
これはいい繕いです。あたしに言われてのちに出る言葉です。
「こうすれば、ああすればよかったでしょ」に対して
「そうは思ったども」
これまでにも何度もこの会話がありますが、今回はそれ以前の愕然さ。

昔、母がまだ若い時分、野良仕事でトイレも紙もないときは、藪の中に入り大きめの葉っぱで拭いたものだという話を聞いたことがあります。
うわー!と思いながらも、何もなかった頃の生活の知恵で仕方がなかったのだと聞いていましたが、今回の件はそれとは違うと思うのです。

もう一つ気になったこと。
手で拭いたことを隠さずに話す。話しても差し障りなしと判断できてのこと?これは、認知症患者の行動なの?改善されたという母の認知機能はどんな状態・・・。

母の行為は認知症に起因しているいるものなのか、はたまた普通・一般的行為なのか、それとも全く別の、あたしには理解できないが母なりの考えがあっての行為なのか。
判断できかねています。

ケアマネさんに相談してみます。

同じ経験がおありの方のコメント、お待ちしております。


スポンサーリンク

猫の毛が付きにくいタイツ、Ⅱ


わが家のにゃんズ「桐と青」由緒正しいMIXです。 まぁ、簡単に雑種。
雑種の方が長生きできる?とか・・・。
おかげさまで、桐ちゃん16歳。青くん13歳。

最近のあたし、スカートに目覚めた(笑)
この時期、生足を通しているのは中・高校生で、オバサンのあたしは当然タイツを履く。

にゃんズの毛が、付きにくいタイツを探していた。
先日のブログにユニクロの「ヒートテックタイツ」のことを載せたが、日本製と中国製との違いがあり、よそを探してみると記した。


DSC_0671


あれから何件か探し回ってみたが、どれも違う。「これ」というものに出会えないでいる。
なので、諦めた。
そう、ユニクロのヒートテックタイツで十分ということがわかったから。
何度か履いてみたが、以前に買った日本製タイツと遜色なしの履き心地。
もちろん毛は付くが、これまでに買ったタイツとはまるで違う。「毛が刺さらない」という表現でお分かり頂けるか?
ワンコ・ニャンコとお住まいの方であれば、この表現の感じを察して頂けると思う。

素材によっては、毛先が生地の中に刺さりこみ、コロコロを掛けても取れないことがある。
タイツも同じで、なかなか取れない。でも、ヒートテックタイツには「刺さりにくい」感じがある。
全く刺さらない、というのではなく、あくまでも刺さりにくい感じです。
(個人の感想です)

肝心なこと。
ヒートテックと謳っているのだから、もちろん寒さに対応できているかですよね?
あたしが思うに、この寒さという感じ方は人それぞれで、
たとえば室温20℃を寒いと感じるか暑いと感じるかは人それぞれ。あたしは対応できていると感じました。

スポンサーリンク



店回りをしてみて思ったことですが、色々なタイプのタイツがあるということ。
一番驚いたのは、厚み。
極端な言い方をすれば、触った感じで2~3ミリくらいあるんじゃない?と思わせるような、スポンジを黒タイツで覆っているような弾力と感触。
あそこまで厚みがあると完全防寒になるのでしょうね。

機能性・実用性・ファッション性、よーく考えて選びたいものです。


お金がなくなった!いつの間に・・・?

昨日夕方、デイケアから帰ってきた母美代さん。

11月使用分の請求書が、連絡バッグの中に入っていた。
請求金額を伝え、今月中に支払えばよいのだと説明。

暫くすると、また同じことを訊く。

「おがね、いぐらだっけ?いづまでに払うんだ?」

同じことの繰り返しの説明。
このあと、暫く部屋から出てこない。


スポンサーリンク



今朝の起床は10時。
8時頃に一旦起きたようで、洗濯機の前に脱いだパジャマと下着シャツが置かれてあったが、そのあと得意の二度寝。

履いていたズボンが気になった。明らかに夏物。

「ねぇ、なんで冬物履かないの?それ、夏物だよ」

タンスの引き出しに何が入っているかが分からなくなってきている。とりあえず開けたら入っていたし、裏が柔らかいから履いたと。
冬用は裏起毛を用意している。これがそうだよと裏を見せて確認してしてもらい履き替えさせた。
パジャマの上だけが出ていた訳を自分から言ってきた。
昨夜、寒くて電気毛布のスイッチを切らずに寝たようで、汗をびっしょりかき着替えたと。

そして、突然。

「おがね、なぐなった・・・。いづの間に使ったのがほでね・・・」
(ほでね=わからない・記憶がない)

あたし、慌てて美代さんの部屋へ。
確認した。ちゃんとあった。

「何を見て無いと言ったの?ちゃんとここにあるよ」

金額を数え、母にも確認してもらい大丈夫だよと、落ち着かせた。

母は、自分のことを「カネ意地が汚い」と言う。欲しいものも買わずに我慢してきた。だから、家も建てられたのだと。
解っています。お金に関しては両親を尊敬しています。

そのお金大好きな母が、お金の管理ができなくなってきている。
通帳を見て、入金額・支払額に記載されている金額の桁の読み取りや、どこからの入金で、どこの引き落としなのかの確認もあやふやな状態。


DSC_0611-2



母は、ウォーキングを兼ねて買い物に行く。その際のお財布の中の金額については、あたしは感知していない。買ってきたものと、レシートを照らし合わせているようだが、解っているのかも定かではない。
こういう状況で、万が一誰かに騙されてお金を盗られたのか?と思ったが、そうではなく単なる確認ミス。というより、やはり認知機能の低下で見えている範囲が狭くなり、尚且つ記憶についてもあやふやになってきている。

買い物に行き、金勘定をすることは予防にもなるので、これをやめさせようとは思わない。ならば、いちいちあたしがお財布の中を確認すれば事は済むのか。母はそれを善とするのか。
相談が必要になる。

お金を数えるのが大好きな母。そのお金の管理をいつまで任せておくべきか。
あたしが管理すると言ったら、「盗られた」の騒ぎになる?
今はまだ軽度の「薄らボケ」なので自分でしっかり確認をさせることで納得しているが、いつまでこの状態を維持できるのか。

「さっぱりわがらなぐなった・・・」

自分の記憶力が衰えてきていることを嘆く母。
それでもお金に対しては、意地があるようだ。

この先、お金に無頓着になったら・・・そのときが来ないことを祈る。


スポンサーリンク
プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • トイレにペーパーがなかったら、あなたならどうする・・・?
  • 猫の毛が付きにくいタイツ、Ⅱ
  • お金がなくなった!いつの間に・・・?
  • 腹が減ったらお菓子を食べる?間食は敵だよ!
  • 健康のバロメーター・・・休肝日は必要かしら?
  • 生きるための目標・・・何もね。ダイエットへの道
  • 喪中はがきに想う、親の年齢と心の準備
  • 寝坊した・・・冬眠中のクマと同じ・・・?栄養は十分ヨ
  • 軽度認知症の母に対する、ズルい娘の思惑