にゃんズの母

「老猫、桐ちゃん18歳、青(せい)くん16歳」「あたし、お洒落大好き還暦過ぎたおんな」「母、88歳。方言と訛り×認知症要介護3で、田んぼの観える特別養護老人ホームに入居」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして・・・なのですが、母が特養に入所しケンカ相手が居なくなり少々寂しくも感じています。 人生一度きり。前向きに生きるためのブログです。

施設からの電話 オムツでお腹が擦れた・・・?

2021.10.27(水)

皆様、今日もお疲れ様でした。
     
疲れた~と、独り言を呟きながらガンバしている内職。
今回の内容の単価が、とても気になっています(苦笑)


午後4時頃でしたか、母美代さんが暮らしている特養から電話がありました。

「〇〇(施設の名前)のHと申します」

初めて聞く名前はお若い感じの男性。
はて、何事かと話を聞いてみると。

「美代様のお腹なのですが、オムツで擦れてしまったようで赤くなっています。今度の面会日に赤ちゃんが使うようなガーゼハンカチを持ってきてもらいたいです」

お腹が擦れた・・・?
入所して半年が過ぎたけれど、太ってサイズが合わなくなったのかしら?
訊いてみると、特に太った訳ではなく原因が判らないと言う。
ワセリンを塗り施設のガーゼを借りて当てているが、替えのガーゼが必要なので持って来てほしいと言う内容。

「母は痛がっているのですか?」

痛いとは言っていないらしいが、原因が判らないのはわたしとしては腑に落ちない。
それでも、分かりましたと言い買っていくしかないヮよね。

9cc392f40d985041da98262562cc07af_s

面会日は30日。
秋冬物の衣類を持って行くことにしていたけれど、持ち込んだタンスと衣装ケースに入り切るかが心配で、余裕があるかを訊いてみた。
2~3枚なら大丈夫だと言われたが、入り切らないと想い入所の際に持ち込んだ衣類と交換する形にさせて頂くことにした。

冷暖房完備の施設でも、美代さんは人一倍寒がりなので夏でもひざ掛けを使用。
在宅介護の時も、夏の暑い時期で冷房にしていると「足元がスースーして寒いから止めてほしい」と言われ、ひざ掛けを掛けさせた。

集団生活の中では、ひとりの意見で温度調節はできないだろうから、自分が何とかするしかないのだと思う。
美代さんにはひざ掛けは必需品なので、少し厚めの物を持って行くことにしている。

それにしても、どうしてお腹が擦れたんだろう。
きつく止められたのかな・・・?
寒いのも苦手だけれど、痛みに対しては異常なほど弱い美代さん。
痛くないと言っているのは、気遣い?

要介護3でも、気遣いはできる。
気遣いと言うか、意思表示があまり上手ではなく口下手の美代さん。
痛い時は「痛い」と言っていいのだけれど、それも難しいのかもしれないね。


ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


根性と精神力で仕事をする?

2021.10.26(火)

小室さんと眞子様。

好きな人と必ず一緒になるという想いと覚悟。

末永くお幸せに。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

今回の内職の納期は今月いっぱい。
土日があるので、金曜日が締め切りとなる。

う~。絶対間に合わない。
根性論を叩きこまれた世代ですが、昨日の納品で泣きを入れました。
夫人は「最終納品は月曜日でもいいから、とにかく頑張って」
ホッとしました。

残りの日数を数えて、1日に仕上げる個数の確認。
少しだけど、作業時間が短縮できそう。

そうそう、昨日新人さんと少しだけお喋り。
その人は見た目年齢は60代後半のオジサマ。

「余るということってあるんですか?」

「ものによっては、ありますよ」

「初めてなので、ドキドキしながらやっていたんですけどね。余ってしまって」

「あぁ、気持ちは解りますよ。わたしもそうでしたから。でも、その仕事は余りは出ないですよ」

オジサマが納品したものは昨日が納期だったので、結局事務所で数合わせの仕事をすることになっていた。

どんな仕事でも、初めて与えられたものはドキドキだと思う。
わたしは6ヶ月経ったけど、数の間違いがないかを何度も確認しながらやっている。

DSC_1618

以前、時給100円くらいと記したけれど、いやいや~もっと少ないかも。
今回の内容はかなり手間がかかるけど、果たして単価はいくらになるのか。

あのオジサマは、頂いたお給料を観たらどんな気持ちになるんだろ・・・。
あ、小さな親切大きなお世話だね。

今日の分は仕上げたので、今夜は続きはしない。
録りためておいたドラマ三昧をしましょ。

明日も、目標数をクリアするように、ガンバだね。

※ 座り通しなので、扁平尻が痛いです(苦笑)
  

ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


特養での面会を心待ちにしているのは、娘のほう?

2021.10.25(月)

ずっと引きこもっていると、時々日付や曜日の感覚がなくなる。

今日は、何日の何曜日だっけ・・・?
でも、カレンダーを見たりTV番組を観ると判る。


認知症の美代さんは、日付も曜日も全く判らなくなっていた。
それは、カレンダーもTVも通用せず「何日の何曜日だよ」と教えていた。そして、教えてもすぐに忘れてしまった。


在宅介護の頃、早く死にたい。じっちゃの傍に行きたいと言っていた。
(おじいちゃん=美代さんの夫)

「死にたければ勝手に死ねば。ご飯を食べなければ死ねるよ」

「でもよ、腹空いで、どうしても食べたぐなってしまう」

「じゃあ、外に出て車に当たれば?」

「歩げねがら、そどさ出れね」

死ぬ気など毛頭ないのに、構って欲しくて言うのでしょうね。

「じっちゃが迎えに来るまでは、この世で生きて行くしかないんだよ」

「そだよな・・・」

じっちゃの傍に行きたいと言っていたのに、いつの頃からか亡くなったことを忘れてしまい、仏壇の写真を観てもじっちゃであることが判らず、ただただ帰って来ないと心配していた。

a5a0407feab94b2ee2151b81cefdea8c_s

幼いころからずっと働きづめで、人生の終盤になり認知症を発症。
自分の名前は言えるが、生年月日・年齢は言えない。
家族とも離れ、実家からはほど遠い埼玉県にある特別養護老人ホームで暮らしている。

美代さんは穏やかな認知症と呼ばれ、施設の中では朗らかに過ごしているようで、たぶんじっちゃのことも忘れているはず。

30日の面会では、話題を何にしようか。
じっちゃのことを話してみようかな。

在宅介護を放棄し、特養に入れたのはわたし。
面会をすることは罪滅ぼしのように想います。


ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 施設からの電話 オムツでお腹が擦れた・・・?
  • 根性と精神力で仕事をする?
  • 特養での面会を心待ちにしているのは、娘のほう?
  • 親が亡くなっても、仕事を優先・・・?
  • 介護の関り 祖母と孫娘 母親と娘  
  • ハロウィン用のカボチャ・・・でも、切ってみたら
  • 度重なる地震で想うこと・・・親を担ぐことはない
  • インフルエンザ予防接種・・・受ける?受けない?
  • 収納の達人から学ぶ・・・物は増やさないこと(自分流)