にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん17歳、青(せい)くん14歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。86歳、方言と訛り×認知症要介護1」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

免疫力の低下による肌のダメージ、その後

今日も、古河は暑いです。
アイスコーヒーが止まりません(笑)

あたしのお岩さん顔ですが、先生が仰ったように4日ほどで腫れが引け、
何とな~く元に近い状態に戻ったのが、先週の木曜日。
メイク大好きなあたしが、ずっと我慢の子(オバサン)でスッピンを
貫き通していました(笑)
月曜日午前中に歯科受診があったので、バッチリメイクでレッツ・ゴー。
(歯科受診のことは、火曜日のブログに載せています)

スポンサーリンク


顔の腫れは引け元通りにはなったのですが、
首のただれが一向に改善されず、月曜日に再診(午後)
サングラスなしで受付へ。

「あらっ、元に戻りましたね!」

受付さんとは顔馴染みですが、首を見せると「あら~・・・」と。
診察室での医師からの説明は、

「塗り薬が弱かったようですね。今後は腕に塗っていたものを塗ってください。それから、首に熱を持たせないようにです。入浴後にはクールダウンさせてから塗ってください。あと、髪の毛もかからないようにしてくださいね」

先週の受診から、飲み薬服用のためアルコール断ちをしていたあたし。
今回は飲み薬はどうなるんだろう・・・と。

「飲み薬はこれまで通りですが、昼の分はなしで2週間分お出しします」

・・・あぁ、まだ飲めないのか、それも2週間も・・・

でも少しだけ突っ込んでみました。

「あのう・・・2週間待たずに治ったら飲み薬は止めてもいいのですか?」

「そうですね、いいですよ」

やった~。

02a8282c1f76fd8a47dac7b8b9bf90f0_s

きょうは水曜日。
首のただれは引けてきていますが、痒みはまだあり赤身も残っています。
少しずつ赤身が取れ、茶色っぽくなり治っていくのだとの、説明でした。

冷蔵庫の中にはノンアルビール4本とジンジャーエール。
飲み切った頃には治っているかな・・・

ノンアルビール、最初は不味いと思ってましたが、飲み続けていくうちに、
美味しいと感じるように。
アルコール分ゼロなので、運転も可能。

・・・あたし、このままノンアルでもいいのかな?・・・

いやいや~
そんなことはない!ないな~い!(笑)
あたしはアルコールが好き・大好き(言うほど強くはないですけれど)

今週もおとなしくノンアルで。
そう言えば、ペットボトルのワインがグラスに2~3杯ほど残ってる。
もう、10日にもなるけど、気が抜けていないかな・・・

飲めないときはシチューに入れましょか。
ん?この暑さでシチューは厳しいわね。
と、言うことで、勿体ないから飲んでしまいましょ(笑)
(結局飲みたいだけ)

DSC_0135

免疫力が低下での今回の肌トラブルですが、自分の免疫力が低下していることなど、知る由もありませんでした。
皆様も、十分にお気をつけくださいませ。

うがい・手洗い・マスク着用を。
外出時は2mの距離を保ちましょう。
通勤は難しいですね。
東京アラートが発動されました。
くれぐれも、お気をつけください。


スポンサーリンク

溢れる好奇心 そして忘れる

まぁ、次から次へと出てくる。

自分が言ったことを数秒で忘れるくせに、
あたしが言ったことに対しては、ようもそんなに言えるわ!
と、いうことがポンポン出てくる。
で、言い訳が始まる。

【一を聞いて十を知る】
いやいや、あたしでも無理。
マシて美代さんなどは到底無理。

美代さんの場合は、
【一を聞いて十を言ってくる】イッツア美代ワールド。
そう、あれやこれや関係ないことまで話が発展し、
いつの間にか別の話題に。
挙句、何を話したかも忘れる。

スポンサーリンク


金曜日から体調が優れない美代さんです。
夜中12時辺りに、いつもの「ゲーゲー嘔吐」が始まり。
翌土曜日にはデイサービスでも嘔吐。(前日夜中に吐いたことは連絡済み)
美代さんの場合、嘔吐は持病的なものなので特に気にしなくても良いのですが、初めて見た方は驚かれます。まぁ、当然ですが。

土曜日の夜中、トイレに起きた美代さん。
眠気眼をこすりながら、

「なぁ、ハサミ知らねが?さっきまで布切ってらったどもねぐした」

盛んにハサミが無いと大騒ぎです。
ベッドの中にあったら怪我をしてしまうから、探してほしいと。
ハサミ・・・和バサミのことです。
和ばさみなどは、この家にはありません。
完全に夢の世界の話なんですが、本人は本気モード。

「わかった、後で探すから。今は寝て」

月曜日。
起こしに行くと、天井を大きな虫が這っていたと。
あしが沢山ある虫・・・
ムカデ?と訊くとそうではなく、人差し指ほどの虫。
ちょろちょろ歩き回り、天井の隙間に入って行ったと。
で、中々寝られなかったので頭が痛い。
はい、デイケアはお休み。

今日は火曜日。
虫のことを訊いてみました。
あれから見ていないそうで、もしかしたら夢ではなかったの?
夢だはないと、絶対見たと言い張ります。

布とハサミ。は、たぶん夢。
大きな虫。は、夢?幻覚?妄想?
判りません。

3232071_s

「こごは何て言う部落だ?」

最近何度も訊いてきます。その都度ちゃんと教えますが、
数分後にはまた同じ質問が繰り返され、あたしは「キィー(゚皿゚メ)」な状態。

「車で、どのくらいで家さつぐのだ?」

高速を使って7~8時間ぐらいと答えると、驚きます。
茨城にいる感覚がなくなっているので、精々20~30分で実家に帰れると
思っているようなのです。
部落・・・実家の街にある昔ながらの言い方の部落名を何度も言います。
この街の名前を教えても、頭の中は岩手・実家の街。

そして郷愁。
「あっちで寝るベッドほしい」
心は岩手。

お盆帰省を楽しみにしている美代さん。
6月19日からは、県をまたいでの移動が可能にるようですね。

散々お喋りをして、いきなり静かに。
振り向くと、スースー寝息を立てて寝ています。

・・・幼児と同じだ・・・

うがい・手洗い・マスク着用を。
外では距離を保ちましょう。

スポンサーリンク

歯周病を防ぐ歯磨き剤、高額なのね・・・

1年ぶりくらいで、歯科検診を受けました。

かかりつけ歯科医院から、検診お知らせのハガキは届いていましたけど、
色んな事が重なり、受診の機会を逃していたんです。

先月中頃、奥歯の被せ物がポロッと取れ、慌ててTEL。
3日後に予約が取れ受診。
その際に、検診の予約も取りました。

2ヶ所、歯周病の進行があったんです。
以前から気になっていたところ。
やっぱり・・・。

軽度・中等度・重度、で言えば中等度と。
これ以上進行させないために、歯茎磨きの指導を受けました。

スポンサーリンク


普段使っている歯磨き剤。
まぁまぁお高い【薬用、システマ・ハグキプラス】
8つの機能 全部ひとつに と、謳い文句の歯磨き剤。
歯ぐき活性化で歯周病を防ぐ。
とあり、歯も白くもしてくれるらしい。

毎日ブラックコーヒーを4~5杯。
夜はワイン。
色素沈着を起こし始めていたので、かなり以前から、
「歯を白くする」タイプを使っていましたが、それは歯周病を防ぐタイプではなく、真矢みきさのCMを観て「これだ」で決定したのが、上記の歯磨き剤。
でも、衛生士さん曰く。

「沢山のものに対応するのと、何か一つに特化するものでは大きな違いがあります。できれば朝昼はこれ。夜はこれ。のように使い分けをした方がベストですよ」

で、紹介されたものがこれです。

DSC_0625

DSC_0626

お値段・・・驚いてください。
なんと、1,650円。
高~い!
あたしにとっては、高級歯磨き剤。(市販はされていないそうです)

でも、研磨剤は入っていないので、歯のざらつきや汚れ取りには向かないそうです。あくまでも歯ぐきを丈夫にするためのもの。
歯ブラシにつけてブラッシングでも善いそうですが、指につけて直に歯ぐきをマッサージする方が効果があると薦められました。

ながら磨きが良いそうです。
入浴中や、テレビを観ながら力を入れずに優しくマッサージ。
今夜から使い始めます。

歯の大切さは、母美代さんの義歯騒動で十分解っています。
一生自分の歯で。
とは言うものの、あたしも前歯(上下)合わせて7本が差し歯。
土台となる歯根は残っているのでまだ可能ですが、
歯周病が悪化すると抜歯することに。

リンゴを丸かじりはできませんが、これ以上の進行を防ぐために、
せっせと歯ぐき磨きに精を出すことといたしましょ。


うがい・手洗い・マスク着用を。
外では距離を保ちましょう。

スポンサーリンク
プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 免疫力の低下による肌のダメージ、その後
  • 免疫力の低下による肌のダメージ、その後
  • 溢れる好奇心 そして忘れる
  • 歯周病を防ぐ歯磨き剤、高額なのね・・・
  • 歯周病を防ぐ歯磨き剤、高額なのね・・・
  • 最低の娘から介護を受ける親の悲しさ
  • 新しい生活様式・・・家飲み会のボリュームはほどほどに
  • レミニール錠の効果を再認識
  • ボ~ッとすることが増え、些細な音にもビクビクする